生八ツ橋「夕子・チョコレート」はトースターで焼け!とろ〜りチョコが絶品

こんにちは、八ツ橋が大好きなmoriです。

ぼくは八ツ橋が本当に好きで2017年8月の時点で、45種類の生八ツ橋を食べています。

普通、生八ツ橋はそのまま食べるんですが、ちょっと変わった食べ方がしたくなったんです。
ということで生八ツ橋を焼いてみました

今回は焼き生八ツ橋の魅力について紹介しますね。

焼くのは「夕子・チョコレート」(井筒八ツ橋本舗)

生八ツ橋を焼くと言っても、なんでもかんでも焼けば良いというものじゃありません。
焼いておいしくなる生八ツ橋じゃないとお話しになりませんよね。

今回ぼくが目をつけたのは夕子・チョコレートです。

夕子・チョコレート

チョコレート味の生八ツ橋は夕子以外にもあります。
西尾も聖護院八ツ橋総本店にもチョコレート味の生八ツ橋はあるのですが、夕子でなければダメなんです。

なぜ夕子にこだわるのか?

それは夕子の餡と、その他の生八ツ橋の餡が別物だからなんですね。
分かりやすく表にしてみました。

商品名餡の主な材料
夕子(井筒八ツ橋本舗)チョコレート
あんなま(西尾)チョコレート、餡
聖(聖護院八ツ橋総本店)チョコレート、餡

分かっていただけましたか?
夕子以外には「あんこ」が入っているんです。

あんこが入っていたら、温めてもとろ〜り溶けないんですよ。
とろ〜り溶かすためにはチョコレートだけでないといけないのです。

そういう理由から、夕子・チョコレートを焼くことにしました。

これが夕子・チョコレートです。

夕子・チョコレートの中身

焼き夕子(チョコレート)の作り方

さっそく「焼き夕子」を作っていきましょう。

まずトースターにアルミホイルを敷いて、その上に「夕子・チョコレート」をのせます。

夕子・チョコレートをトースターに入れる

アルミホイルを敷いたのは、加熱して生八ツ橋がトースターの下の網にくっつくのを防ぐため。

トースターで1分加熱します。
中の生八ツ橋をよく観察して、焦げないように注意してくださいね。

トースターで1分ほど焼く

これが1分焼いた「夕子・チョコレート」。
うっすらと焦げ目がついてます。

1分程焼いた「夕子・チョコレート」

チョコレートの生八ツ橋はコーヒーや紅茶などがよく合います。

焼いた夕子・チョコレートはコーヒーに合う

1分程度焼くだけで、中のチョコレートがしっかりと溶けてますね。

生八ツ橋の中から溶けたチョコレートが溢れ出す

香ばしくて温かい生八ツ橋はまるで作りたて

焼かない「夕子・チョコレート」はもちろんおいしいですが、焼いたものもまたおいしいんです。
おいしさの決め手はこの2つ。

  • 温かい生八ツ橋
  • とろけるチョコレート

温かくて、少し焦げ目のついた生八ツ橋はまるで焼きたてのよう。
少し香ばしい香りも食欲をそそります。

そして中から溢れ出てくる溶けたチョコレート。
その食感がまたたまりません。

正直、ここまでおいしくなるとは思っていなかったんですよね。
なんとなく試してみたかったっていう程度の動機でした。

なんか偶然とても良いものを見つけてしまった気分です。
「夕子・チョコレート」を食べる機会があれば、是非とも焼いてみてください。