和菓子

新春限定!あん入り生八ッ橋・あんなま「梅・うぐいす」は想像を超えるおいしさだった

投稿日:

スポンサー

ぼくはこれまで数々の生八ッ橋を食べてきました。

その中でも上位に入るおいしい生八ッ橋に出会ってしまったのです。
今回はその素晴らしい生八ッ橋についてご紹介しようと思います。

新春しか食べられない貴重な生八ッ橋「梅・うぐいす」

これまで食べてきた生八ッ橋の中でも相当においしい生八ッ橋。

あんなま「梅・うぐいす」

あんなま「梅・うぐいす」

緑の背景に赤い梅とうぐいすが描かれたパッケージ。
春の到来を感じさせてくれますね。

この生八ッ橋は新春限定商品で、販売期間はお正月の1ヶ月程度とのこと。

ぼくが購入したのは1月31日。
販売が終了するまさにその日だったんです。

店員さん
この商品は今日までなんですよ。明日からは違う商品になります。

これはなんというタイミングでしょう!

このチャンスを逃すとまた1年間待たなければなりません。

生八ッ橋を完全制覇する夢を持っているので、即購入です。

ちなみに「梅」と「うぐいす」は、新春を祝いおめでたいものとして昔から和歌などに詠まれてきたんですよ。

「梅にうぐいす」という言葉もあって、ちゃんと辞書にも載っている立派な言葉なんです。

梅に鶯

取り合わせのよい二つのもののたとえ。

梅に鶯(うめにうぐいす)の意味 – goo国語辞書より

この商品には、取り合わせのいい2つの味の生八ッ橋が入っています。

なぜ今まで食べなかったのか激しく後悔!とんでもなくおいしい生八ッ橋「梅・うぐいす」

あんなま「梅」とあんなま「うぐいす」。

白い生八ッ橋から透けて見える「梅」と「うぐいす」餡が美しいですね!

生八ッ橋から透けて見える美しい餡

もちろん見た目だけではありません。

どちらも衝撃的なおいしさでした。
新春のおめでたい生八ッ橋らしく、上品な味わいで何度でも食べたくなるほど。

早く来年にならないかと待ち遠しいくらいです。

それでは2つの魅力的な生八ッ橋をそれぞれ紹介していきましょう。

まるでフルーツ!あんなま「梅」はとってもフルーティーで甘い!

あんなま「梅」

まずはあんなま「梅」から。

真っ白な生八ッ橋。

生八ッ橋といえばニッキなのですが、この生八ッ橋にはニッキは使われていません。

そして透けて見えるピンクの梅餡。

一口食べてると衝撃が走りました。
めちゃくちゃフルーティーなんです。

梅は酸っぱいイメージがありますが、この梅餡はまったく酸っぱくなくてフルーツを食べているような爽やかさと甘さ。

餡の中には梅の果肉も入っていて、これもまたおいしいんです。

酸っぱいのが嫌いだから梅は食べたくない。

ぼくも酸っぱい梅は苦手なのですが、この梅餡は予想を良い方に裏切ってくれましたね。

何度も言いますが、これは本当においしいんです!

豆の青臭さがクセになる味。あんなま「うぐいす」

あんなま「うぐいす」

もう一つのお味は「うぐいす」。

「うぐいす」といのは餡の種類のこと。うぐいす餡って言います。

一般的な黒い餡は小豆を使って作られているのですが、うぐいす餡に使われているのはエンドウ豆。

鮮やかな緑色が特徴の餡なんですよ。

あんなま「うぐいす」も、梅と同様に純白の生八ッ橋が使われています。もちろんニッキは入ってません。

うぐいす餡は口に入れると豆の青臭い香りがしっかりとしておいしいんです。
豆を食べてる!と実感できるような餡。

生八ッ橋の皮がとてもシンプルでクセのない味なので、うぐいす餡のおいしさがダイレクトに味わえますよ。

うまい!

まとめ

あんなま「梅・うぐいす」は新春限定の生八ッ橋です。

あんなま「梅・うぐいす」

販売期間も1ヶ月ほどと、他の季節限定商品と比べてもレア。

そういうこともあり、なかなか目にすることも少なくて今まで食べる機会がありませんでした。

ところが一度食べるとそのおいしさにビックリ!

今まで食べなかったのを激しく後悔しました。

なんておいしい生八ッ橋なんだっ!

生八ッ橋の皮を味わうというより、中に入っている餡を味わう。
そんな生八ッ橋です。

来年が待ち遠しくて仕方ありません。

あんなま「梅・うぐいす」の詳細情報

あんなまを販売している「本家西尾八ッ橋」は京都市内にたくさんお店があります。

本家西尾八ッ橋|八ツ橋発祥の家

京都駅や百貨店などでも購入できますよ。
今回は京都駅のお土産店で購入しました。

販売期間は新春限定。
販売終了は1月末日。

お店の方に伺ったところ12月頃にも販売されているそうです。

-和菓子
-, , , , ,

執筆者:

「和菓子」のオススメ

八ツ橋好きが感動して倒れる!鮎家の郷「ひなた餅」は八ツ橋の皮が餅になったんだぞ!

八ッ橋の皮だけを堪能できる「ひなた餅」は皮マニアには垂涎の一品 こんにちは、八ツ橋を愛するmoriです。 滋賀県にある「鮎家の郷」で大変なものを発見してしまいました。 ひなた餅(390円) これの何が …

もちもちシュワシュワ!ラムネわらび餅を知ってるかい?

ラムネわらび餅は関西でも買える! こんにちは、わらび餅大好きmoriです。 夏といえばラムネ! 大好きな京都のお菓子「八ッ橋」にもラムネ味があるのを発見してビックリしたのですが、今回はもっとビックリす …

松山のお土産はこれを買え!まるでできたての味!パリッパリの最中が美味しい「六萬寿」

こんにちは、和菓子大好きmoriです。 めっちゃおいしい最中を見つけてしまったので、紹介したくて仕方ありません! パリッパリの皮が絶品最中「六萬寿」 ぼくはお菓子、特に和菓子がめちゃくちゃ好きでよく食 …

【秋限定生八ッ橋】珍しい「柿」を使った生八ッ橋を食べてみた

井筒八ッ橋本舗から発売されている秋限定の生八ッ橋・夕子「柿あん」の紹介です。愛宕柿を使った柿あんには柿の果肉がゴロゴロと入っています。ただ、柿の味がイマイチしなかったのが残念な点でした。

さすがセブンイレブン。安定の味「パクッとひと口あん入りわらび餅」

一口目にほんのり感じるわらび餅 こんにちは、コンビニスイーツ、特にセブンイレブンのスイーツにハマっているmoriです。 低価格帯スイーツのクオリティが抜群に高いぞ!セブンイレブン | 人生は宇宙だ! …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote