紫ランジェリー

2. “てつお”の後釜

突然の告白

いつも親しげに話しかけてくる女性。はじめは色々と話しかけてくれるのでいい人だなって思ってたんですよね。しかし突然こんな出来事が。

I LOVE YOU

ぼくの頭がまっしろになったのは言うまでもありません。ちょっと話しただけでなんでこうなってしまうのか全く理解できないんですよね。しかしですね、ぼくの経験からいうとカンボジアにはこういうタイプの女性は多い気がします。以前も学校の生徒とも同じような事になったことがありました。たった一回しか会ったことがないのになんでそうなるのか相当悩みましたね。

“てつお”の代わりらしい

突然の告白で相当動揺したわけですが、色々な人から話を聞くと分かってきたんです。どうもこの人は坊主頭の人が好きらしいと。以前ここに住んでいた”てつお”という人は坊主で彼に対して好意を持っていたらしいということも判明しました。ぼくも坊主とまではいかないですけど髪は短いので、いなくなった彼の代わりにぼくに好意を持ったという説が有力です。それを裏付ける出来事としてよく”てつおはどこ?てつおはどこ?”って聞いてきます。

てつお

てつお

“てつお”の代わりに好きになられてしまったのですが、このあとも色々と未知な体験に振り回され続けるのであります。