紫ランジェリー

3. はじめてのおでかけ

投稿日:2014年5月10日 更新日:

スポンサー

ぼくにとっては日常、彼女にとっては特別?

なんでこんな事になってしまったのか。昔の話なのでよく覚えていません。ただこのお出かけがきっかけで彼女がぼくに急接近してきたのです。

ある日の夕方ぼくは夕食に何を食べようか悩んでいたちょうどその時彼女はやってきました。なぜか彼女はぼくの好物であるローチャー(カンボジア版焼きうどん)を食べに行こうと誘ってくれたんですね。ぼくは好物のローチャーにつられてリバーサイド近くのお店まで行ってしまったのです。このローチャーについてはここに書いてますのでご覧ください。

プノンペンで発見!玄人向けローチャー(焼きうどん)

ぼくの中では単なる夕食のつもりだったのでそのまま自宅に直帰のはずが、なぜか河の方に歩いていってるじゃないですか。ついには夕暮れ時のごった返している道路を横断して河が見下ろせる場所まで来てしまいました。 そして持ってたカメラで河の写真を撮影。彼女も興味津々らしい。最後に虫屋台の写真を撮って帰宅。ぼくにとっては単なる夕食と散歩だったんですけど、彼女にとってはきっと別の意味をもっていたのかなと後から気づくのでした。

夕暮れ時のリバーサイド

夕暮れ時のリバーサイド

※ちなみにぼくはこういうことに関しては鈍感なのでなにも気づきません。今も昔もこれからもきっと。

-紫ランジェリー

執筆者:

「紫ランジェリー」のオススメ

紫ランジェリー

紫ランジェリー9: タイムマシーンに乗って

今はどの時代なの こんな出来事もありました。 ぼく:体調悪いんで話しかけないでもらえませんか? 紫:Dear. 私も眠れないの。ベトナムで薬をもらっているの。一緒にベトナムに行ってたでしょ? ぼく:は …

紫ランジェリー

1. 紫ランジェリー

はじめに カンボジアに住んで2年8ヶ月。いろいろな人とも会っていろいろな経験もしてきました。そんな中、ぼくのすぐそばにいるあるカンボジア人の女性がとても興味深いので紹介していきたいと思います。 いちお …

紫ランジェリー

2. “てつお”の後釜

突然の告白 いつも親しげに話しかけてくる女性。はじめは色々と話しかけてくれるのでいい人だなって思ってたんですよね。しかし突然こんな出来事が。 I LOVE YOU ぼくの頭がまっしろになったのは言うま …

紫ランジェリー

紫ランジェリー7: ぼくは王族

いつの間にか王族になっていたぼく いつものごとく紫ランジェリーは勝手に部屋にやってきてはくだらない話をして帰っていきます。厳密にはぼくが部屋から追い出すのですが。そんな紫ランジェリーが今回は意味不明な …

紫ランジェリー

紫ランジェリー13: 部屋に呼ばれた。そこで見たものは…

突然部屋に呼ばれた 紫ランジェリーさんのお話しを久しぶりに書きたいと思います。ぼくは彼女にまったく興味がないということを伝え続けているんですけどまだ諦めてくれないようなのです。 ちょっと前のことです。 …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote