人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

3. はじめてのおでかけ

      2015/09/24

  • ぼくにとっては日常、彼女にとっては特別?

    なんでこんな事になってしまったのか。昔の話なのでよく覚えていません。ただこのお出かけがきっかけで彼女がぼくに急接近してきたのです。

    ある日の夕方ぼくは夕食に何を食べようか悩んでいたちょうどその時彼女はやってきました。なぜか彼女はぼくの好物であるローチャー(カンボジア版焼きうどん)を食べに行こうと誘ってくれたんですね。ぼくは好物のローチャーにつられてリバーサイド近くのお店まで行ってしまったのです。このローチャーについてはここに書いてますのでご覧ください。

    プノンペンで発見!玄人向けローチャー(焼きうどん)

    ぼくの中では単なる夕食のつもりだったのでそのまま自宅に直帰のはずが、なぜか河の方に歩いていってるじゃないですか。ついには夕暮れ時のごった返している道路を横断して河が見下ろせる場所まで来てしまいました。 そして持ってたカメラで河の写真を撮影。彼女も興味津々らしい。最後に虫屋台の写真を撮って帰宅。ぼくにとっては単なる夕食と散歩だったんですけど、彼女にとってはきっと別の意味をもっていたのかなと後から気づくのでした。

    夕暮れ時のリバーサイド

    夕暮れ時のリバーサイド

    ※ちなみにぼくはこういうことに関しては鈍感なのでなにも気づきません。今も昔もこれからもきっと。

    • 0
    • 0
    • 0

     - 紫ランジェリー

  •   関連記事

    紫ランジェリー
    紫ランジェリー9: タイムマシーンに乗って

    今はどの時代なの こんな出来事もありました。 ぼく:体調悪いんで話しかけないでも …

    紫ランジェリー
    紫ランジェリー12: サンドウィッチ

    素直に嬉しかったサンドウィッチ これはぼくが壊れる直前の話。ぼくはずっと調子が悪 …

    紫ランジェリー
    紫ランジェリー6: 八つ橋祭りに呼んでみた

    あ〜思った通りになったよ… 先日お友達から生八つ橋をいただいたので一 …

    紫ランジェリー
    紫ランジェリー10: ヒアリングしてみた。撃沈編

    紫ランジェリーが最近よくする話はベトナムです。ここで簡単に彼女の言っていることを …

    紫ランジェリー
    2. “てつお”の後釜

    突然の告白 いつも親しげに話しかけてくる女性。はじめは色々と話しかけてくれるので …

    紫ランジェリー
    紫ランジェリー15: なんと親戚に内戦時代からプノンペンに住んでいる日本人がいた!

    たまたま親戚の家に行ったら日本人がいた この前、以前住んでいたアパートの大家さん …

    紫ランジェリー
    4. てつおとご飯を食べに行くよと言ってみた

    忘れられない”てつお” ぼくは”てつお&#8 …

    紫ランジェリー
    紫ランジェリー11: 彼女と同じ

    夜中に殺されそうになった ぼくはメンタルに問題があって行動がおかしいらしいのです …

    紫ランジェリー
    紫ランジェリー15: チュロイチョンバーへ遠出

    橋の向こうへ 紫ランジェリーとちょっと遠くまで遊びに行きました。ちょうどこのブロ …

    紫ランジェリー
    1. 紫ランジェリー

    はじめに カンボジアに住んで2年8ヶ月。いろいろな人とも会っていろいろな経験もし …