祝菓

【正月限定生八ツ橋】祝菓はキラキラ光る美しい紅白の生八ッ橋。たっぷりのつぶあんがおいしいよ

こんにちは、これまで100種類以上の生八ッ橋を食べてきたマニアレイです。

お正月にはこの時期のわずかな時期にしか販売されない特別な生八ッ橋があるのを知っていますか?

このページでは創業が江戸時代という老舗八ッ橋メーカーの聖護院八ッ橋総本店がてがける祝菓を紹介します。

聖護院八ッ橋総本店が手がける正月限定生八ッ橋「祝菓」

祝菓は聖護院八ッ橋総本店が手がける、お正月限定の特別な生八ッ橋です。

祝菓のパッケージ

特別とはいうものの、味は定番のニッキ。

生八ッ橋の皮が紅白になっているだけなので、味は年中販売されているニッキと変わりません。

紅白の生八ッ橋「祝菓」

でも、お正月に紅白の生八ッ橋を食べるというのはいいですよね。

パッケージもシンプルながらもお正月らしい華やかさがあって好きです。

紅白と金があしらわれたおめでたい祝菓のパッケージ

祝菓のパッケージはお正月らしく紅白が基調となっています。

祝菓のパッケージ

淡いピンクの背景に、鮮やかな赤と黄金がひときわ目をひきますね。

鮮やかな赤と黄金が目をひく祝菓のパッケージ

華やかで新春にふさわしいパッケージです。

祝菓は紅白が美しい生八ッ橋

やさしくて華やかな祝菓の包み紙を開けると、中からは真っ白な箱が現れました。

祝菓のパッケージと箱

箱には「聖護院八ッ橋」とエンボス加工されていて、高級感が漂います。

さすが老舗です!

箱のふたを開けると中には紅白の生八ッ橋が。

祝菓の箱を開けた写真

なんと美しいんでしょう!

紅白のコントラストが最高ですね。

めちゃくちゃおめでたい感じがしてテンションあがります。

美しい紅白の生八ッ橋をアップでどうぞ。

祝菓の中身

紅色はしっかりとした色合いで美しいです。

そして白も最高です。ほんとうに真っ白!

聖護院八ッ橋の生八ッ橋はどれもとても上品なので大好きなんですが、祝菓もこのうえなく上品でいいですね。

ニッキの香りとつぶあんが絶妙!

それでは紅白の生八ッ橋を食べてみましょう。

まずは紅から。

祝菓(紅)

生八ッ橋の皮はとても美しい淡い紅色。

表面にはうっすらと餅取り粉のような粉がふりかかっています。

まずはじっくりと香りを楽しむんです!

生八ッ橋を目の前まで持ってきて鼻から深く息を吸い込みます。

するとニッキのやさしくて爽やかな香りが身体の中まで吹き込んできました。

レイ
あああ…最高

聖護院八ッ橋のニッキは決してニッキの香りが強いわけではないんですが、実に心地良い香りがするんです。

レイ
ほんとうに爽やかなニッキの香り!

存分に香りを楽しんだら皮だけを口の中へ。

もっちりとしていてやわらかな生八ッ橋の皮は、一口目こそは若干の粉っぽさはあるもののすぐにほどよい甘さとニッキの香りで口の中が満たされます。

王道のおいしさですよ。

生八ッ橋の中にはたっぷりのつぶあんが入っています。

祝菓(紅)の断面

小豆がゴロゴロとしていてとてもおいしそうですね。

今度は生八ッ橋とあんこを一緒に食べます。

柔らかな生八ッ橋とシャリッとした小豆の皮がおいしいつぶあんが口の中で混ざり合います。

ほどよい甘さのつぶあんは量が多いわりにはペロっと食べらるんです。

たっぷりあんこで満足感もあっていいですね。

続いて白も食べますよ。

祝菓(白)

白は手に持った瞬間にハッという驚きが。

それは表面にまぶされている粉。

太陽の光を反射してキラキラと光り輝いたんです。

レイ
なんと美しいんだ!

まさかこんなサプライズがあるとは思いもよりませんでしたよ。

中に入っているのは紅と同じでつぶあん。たっぷり入っていますよ。

祝菓(白)の断面

味は紅と同じなので省略しますね。

祝菓の詳細情報

「祝菓」は聖護院八ッ橋から12/26〜1/15までの期間限定で販売されています。

お店によっては販売していないところもあるようなので、購入する時には事前に問い合わせをしておくと安心です。

ぼくはジェイアール京都伊勢丹の地下1階にある、聖護院八ッ橋総本店のお店で購入しました。

人気商品なので早々に売り切れる心配もあるので、確実に手に入れたいなら電話予約がおすすめ。

店舗案内|聖護院八ッ橋総本店

価格8個入り(紅白それぞれ4個ずつ):500円(税抜)
原材料砂糖、米粉、小豆、澱粉、酵素(大豆由来)、赤ビート色素、香料(ニッキ)
賞味期限10日ほど

お正月限定の生八ッ橋はこちらで詳しく紹介しています。