あんなま(みかん)

爽やかな酸味がおいしい生八ツ橋「あんなま(みかん)」

こんにちは、これまで100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアのレイです。

今回は、1689年創業の八ツ橋の老舗・本家西尾八ッ橋が手がける冬の生八ツ橋「あんなま(みかん)」を紹介しますよ。

冬の時期にしか販売されない期間限定商品です。

あんなま(みかん)

こたつで食べるみかんを思い起こす生八ツ橋「あんなま(みかん)」

あんなま(みかん)はとても鮮やかなオレンジ色の生八ツ橋。

あんなま(みかん)の中身

和のイメージが強い生八ツ橋ですけど、こんな色鮮やかな生八ツ橋もたくさんあるんですよ。

特に本家西尾八ッ橋の生八ツ橋には、こういう今風の生八ツ橋がたくさん揃ってます。

袋を開けて中身を取り出します。

きれいなオレンジ色の生八ツ橋。そのの皮をよく見ると表面にはうっすら振りかけられたきな粉。

とにかく鮮やかなオレンジ色が印象的ですね。

さてどんなお味なんでしょうか。

鮮やかなオレンジ色の生八ツ橋はフレッシュな味わい

生八ツ橋の皮は薄め。

半分に切ってみると、なんと中に入っている餡まで鮮やかなオレンジ色なんですね。

あんなま(みかん)の断面

皮も餡もオレンジ色で眩しいくらい。

まずは生八ツ橋の皮から食べてみましょう。

生八ツ橋は鮮やかな見た目とは違って、とても素朴な味わい。

みかんの香りや酸味などは全くなくて、目をつぶって食べたら普通の生八ツ橋(ニッキの入った生八ツ橋じゃなくて、シンプルな生八ツ橋)と区別がつかないです。

薄めの生八ツ橋は口の中で噛みしめると、ほどよい弾力を感じます。

そして噛めばじわっと甘さが出てきますよ。

この食感は実にいいですね。

ここまではまったくみかんではなかったんですが、餡を食べると一変。

オレンジ色の餡はとびきり爽やかなんです。

一口食べた瞬間に口の中にみかんのさわやかな酸味と甘みが広がります。

もっちりした生八ツ橋の皮に、さわやかなみかんが融合。

昔こたつに入って食べてたみかんを思い出しました。

見た目通り、爽やかでおいしいですよ。

あんなま(みかん)の詳細情報

あんなま(みかん)は5個入りパックのみの販売です。

小さなパック入りで食べきりサイズ。

ちょっとしたお土産や自分用のおやつにちょうどいいですね。

価格5個入り:250円(税込)
原材料砂糖、米粉、いんげん豆、還元水飴、きな粉、うんしゅうみかん、寒天、砂糖・ぶどう糖果糖液糖、酵素、酸味料、香料、クチナシ黄色素、パプリカ色素
賞味期限1週間
カロリー271kcal(100gあたり)

※2019年2月21日現在

あんなま(みかん)の食品表示