むかし生八ッ橋

むかし生八ッ橋はニッキと白ごまを使った特別な生八ツ橋だよ

いつものように百貨店の和菓子コーナーを歩いていると、ふと目にとまった生八ッ橋がありました。

それが今回紹介する「むかし生八ッ橋」です。

これまでいろんなお店の生八ッ橋(皮だけ)を食べてきましたが、この商品を見かけたのは初めてです。

2018年はまったく見かけなかったので新商品なのかも知れませんね。

ちなみに生八ッ橋というと三角で中にあんこが入ったお菓子を思い浮かべると思いますが、厳密にいうと皮の部分を生八ツ橋というんですよ。

これは生八ッ橋であんこを包んだお菓子です。井筒八ッ橋本舗の場合は「夕子」が商品名。

夕子 こしあんの中身

白ごまを使った新しい井筒の生八ッ橋

「むかし生八ッ橋」は文化二年創業の八ツ橋の老舗・井筒八ッ橋本舗が手がけるニッキと白ごまを使った生八ツ橋です。

生八ッ橋といえばニッキですよね。

清々しい香りのニッキが存分に楽しめる粉末の天然桂皮末(ニッキ)が使われています。

ここまでは井筒八ッ橋が作ってるスタンダードな生八ツ橋と一緒なんですが、ここに白ごまが加わったのが一番のポイント。

ニッキの豊かな風味に加えて、白ごまの香ばしい味わいも味わえる特別な生八ツ橋なんです。

むかし生八ッ橋は高級感たっぷりなのにたっぷり食べられる56枚入り!

スタンダードな生八ツ橋は透明なパック詰めされたものや、箱に入ったものがあります。

パックに入った生八ッ橋。

パックの生八ッ橋

箱に入った生八ッ橋。

箱に入った生八ッ橋

一方、特別な生八ツ橋でもある「むかし生八ッ橋」は高級感のある箱に入っていて、さらにその中には4つの小さな箱が納められていました。

一番外側の包み紙はこのような古風な感じ。

むかし生八ッ橋の包み紙

外箱は木目調。

むかし生八ッ橋の外箱

むかし生八ッ橋の4つの小さな箱。

むかし生八ッ橋の中に入っている小さな箱

「昔」と名がつくように一番外側のパッケージから小さな箱のパッケージまでなかなか古風なんですよね。

これがまた高級感を醸し出してるんです。

ちなみに内側に入ってる4つの箱には違った文字が書かれています。

  • 井筒の生八ッ橋
  • むかしながらの生八ッ橋
  • なつかしき肉桂香る生八ッ橋

初めてお店で見たときには、それぞれ違う生生八ツ橋が入ってるのかと思ったんですが全部同じものが入ってますよ。

1箱には14枚の生八ツ橋。

これが4箱あるので56枚も生八ツ橋が楽しめますよ!

14枚ずつパックされてるんでいつでも新鮮な生八ツ橋が楽しめるのも嬉しいですね。

あんこが入ってないので14枚なんてペロッ食べられます。

井筒八ッ橋本舗の八ツ橋についての紹介も入っていました。

井筒八ッ橋本舗の八ツ橋の説明書き

心地よいニッキの香りと最後に感じるゴマの香ばしさがおいしい

和紙のような封を開けるとふわっと立ち上るニッキの爽やかでちょっぴり刺激的な香り。

やっぱり八ツ橋はこうでなくちゃ!

中身を取り出すとしっかりと濃い茶色の生八ツ橋が現れましたよ。

むかし生八ッ橋の中身

生八ツ橋の表面にはきな粉が振りかけられていています。

むかし生八ッ橋の中身

白ごまが使われているとのことなんで、白ごまはどこにあるんだろうって探してみたんですが発見できず。

たっぷりきな粉もふりかけられているので、白ごまの姿を目で確認できなかったです。

香りで確認しようともしたんですが、しっかりとした力強いニッキの香りの前に白ごまは発見できませんでした。

それでは実際に食べてみることに。

「むかし生八ッ橋」を手に取ります。

もっちりとしてほどよい厚みのある生八ッ橋です。

手に取るとさらにニッキのいい香りがするのでたまりませんね。

興奮気味に口の中へ。

手に取った時には柔らかい触覚だったんですが、口の中ではほどよい弾力があって想像以上にしっかりしています。

口に入れた瞬間にふわっと広がるニッキの刺激がめちゃくちゃ快感!なんとおいしいんでしょう。

噛めばじゅわ~っと溢れる甘味もたまりません。

でも肝心の白ごまはまだ感じられません。いったいどうしたことでしょう。

このまま白ごまを感じることなく終わってしまうのか?

そう思っていたんですが、最後の最後に現れてくれました。

生八ッ橋のほとんどを胃の中に流し込んだあとのことです。

ふわっとゴマのかすかな香ばしさが一瞬口の中を通り過ぎていくのを感じたんですよ。

レイ
なんと儚いごまの風味!

でも、全神経を集中してごまの風味を感じる。これはこれでなかなかいいもんです。

スタンダードな生八ッ橋とは違う、繊細なごまの香ばしさを楽しめる生八ツ橋でした。

むかし生八ッ橋の詳細情報

「むかし生八ッ橋」は井筒八ッ橋本舗のお店で購入できますが、駅などにあるお土産物店では置いてないこともあります。

スタンダードな生八ッ橋と比べると取り扱ってる店は少ないですね。

ぼくは京都駅にあるジェイアール京都伊勢丹の地下1階、井筒八ッ橋本舗のお店で購入しましたよ。

井筒八ッ橋本舗のWEBサイトには情報は載っていますが、ここからは購入できません。

価格14枚×4箱入り:800円(税抜)
原材料米粉、砂糖、きな粉、桂皮末(ニッキ)、白胡麻、トレハロース、酵素、(一部に大豆・ごまを含む)
賞味期限10日ほど
購入日2/28、賞味期限3/9でした
カロリー1箱(14枚)あたり266kcal
購入場所ジェイアール京都伊勢丹地下1階 井筒八ッ橋本舗

※2019年2月28日現在

むかし生八ッ橋の原材料

むかし生八ッ橋の食品表示

むかし生八ッ橋のカロリー

むかし生八ッ橋のカロリー

いろんな生八ッ橋を紹介

これまで食べてきた生八ツ橋をこちらのページで紹介しています。

生八ツ橋の皮はこちらにまとめてます。