紫ランジェリー

紫ランジェリー7: ぼくは王族

投稿日:2014年5月31日 更新日:

紫ランジェリー
スポンサー

いつの間にか王族になっていたぼく

いつものごとく紫ランジェリーは勝手に部屋にやってきてはくだらない話をして帰っていきます。厳密にはぼくが部屋から追い出すのですが。そんな紫ランジェリーが今回は意味不明な事を言ってぼくを困らせます。

紫ランジェリー:あなたはKing Fatherを覚えている?

ぼく:はっ?

紫ランジェリー:シハヌーク。あなたとわたしのお父さんよ。一緒にシンガポールに行ったでしょ?

ぼく:。。。

紫ランジェリー:あなたは忘れてしまったのね。

すぐにお帰りいただいたのは言うまでもありません。ちなみにぼくは紫ランジェリーの兄弟でも、カンボジアの王族でもありません。一応念のため。

-紫ランジェリー

執筆者:

「紫ランジェリー」のオススメ

紫ランジェリー

2. “てつお”の後釜

突然の告白 いつも親しげに話しかけてくる女性。はじめは色々と話しかけてくれるのでいい人だなって思ってたんですよね。しかし突然こんな出来事が。 I LOVE YOU ぼくの頭がまっしろになったのは言うま …

紫ランジェリー

3. はじめてのおでかけ

ぼくにとっては日常、彼女にとっては特別? なんでこんな事になってしまったのか。昔の話なのでよく覚えていません。ただこのお出かけがきっかけで彼女がぼくに急接近してきたのです。 ある日の夕方ぼくは夕食に何 …

紫ランジェリー

紫ランジェリー15: なんと親戚に内戦時代からプノンペンに住んでいる日本人がいた!

たまたま親戚の家に行ったら日本人がいた この前、以前住んでいたアパートの大家さんの娘である紫ランジェリーの家に遊びに行ったんです。そしたら初めて顔を見る人たちがいたんで誰なんだろうって聞いたんですよ。 …

紫ランジェリー

紫ランジェリー14: 家族ごっこ

AEONに3人で遊びに行ったら 久しぶりに会った紫ランジェリー。どこかに連れていけってうるさいからAEONモールに行くことに。でも二人きりで行くのは嫌なのでたまたま居合わせた彼女の甥に一緒に行く?って …

紫ランジェリー

紫ランジェリー8: あなたはこの人と同じなの?

思い込みが凄いですね いつもの事ですが紫ランジェリーは毎日家にやってきます。そしてぼくの耳元で気持ち悪い言葉をささやき続けるんですが今回はこのようなことを仰いました。 紫ランジェリー:この人私と同じ( …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote