なつおたべ

わらび餅風味の生八つ橋「なつおたべ」はどんな生八ツ橋?八ツ橋マニアが徹底紹介

こんにちは、100種類以上の八ツ橋を食べた八ツ橋マニアのレイです。

このページでは、おたべシリーズで有名な美十が手がける夏限定のおたべ「なつおたべ」を詳しく紹介します。

なつおたべ

「なつおたべ」はわらびを使った夏の生八つ橋

一般的な生八つ橋は米粉を使っていて、冷蔵庫では冷やさず常温で食べるのが鉄則。

冷蔵庫に入れてしまうと固くなってしまって、せっかくの柔らかな食感が楽しめなくなってしまうんです。

一方、このなつおたべは冷蔵庫で冷やして食べる、生八つ橋の常識を覆した商品なんですよ。

なつおたべの説明書き

最大の特徴は「わらび餅仕立て」。

わらび餅をようなつるんとした食感の生八つ橋は、一般的な生八つ橋とはまったく違う斬新な食感が楽しめるんですよ。

なつおたべには2つのラインナップが用意されています。

なつおたべの2つのラインナップ

2種類の生八つ橋がセットになったものは10個入りで594円(税込)。

この2種類の生八つ橋がそれぞれ5個ずつ入ってます。

  • わらびこしあん
  • 抹茶こしあん

もう一つは4種類20個の生八つ橋がセットになったもので1,188円(税込)です。

4種類の生八つ橋のセット。

なつおたべ4種類のセット

盛りだくさんで思う存分おいしい生八つ橋が堪能できますね。

  • わらびこしあん
  • わらびつぶあん
  • 抹茶こしあん
  • 宇治玉露あん

4種類それぞれ食べたので詳しく紹介していきます。

「なつおたべ」を食べた感想

4種類のわらび餅仕立ての生八つ橋。

わらび餅仕立て

なんと素晴らしい響き。

暑い夏にぷるんと冷たい生八つ橋。最高です。

なつおたべ4種類のセット

4つのわらび餅仕立ての生八つ橋はどんな生八つ橋なのか?

詳しく見ていきましょう。

食べる前には冷蔵庫に最低30分は入れて冷やしておいてくださいね。

わらびこしあん

わらびこしあんのパッケージ

冷蔵庫から冷たくしたわらび餅仕立ての生八つ橋を取り出します。

袋を開けて手に取るとつるんとした触感が。

冷たくてつるんとした肌触りの生八つ橋はまさに夏の生八つ橋ですね。

とっても涼しげで食欲をそそります!

厚みのある生八つ橋のまわりにはたっぷりのきなこが。

わらびこしあんの中身

この厚みこそおたべの特徴。厚めの生八つ橋は実に食欲をそそるんです。早く食べたくて仕方ありません!

生八つ橋の中に入ってるこしあんはとても薄い色をしていて上品さを感じます。

わらびこしあんの断面

まずは生八つ橋の皮を一口。

一瞬でわらび餅だとわかりましたよ。

弾力のあるわらび餅が持つ独特の食感、そしてわらび餅の風味が口の中に広がります。

生八つ橋の皮を噛み切ろうとすると、歯に抵抗を感じるところがわらび餅らしいですね。

こしあんはそれほど甘くなくて上品な味わい。

冷たくてぷるぷるとした生八つ橋との相性がとても良くて美味しいです。

わらびつぶあん

わらびつぶあんのパッケージ

わらびこしあんの中身が「こしあん」から「つぶあん」に替わったものです。

ひんやりつるっとした生八つ橋は、手にとっても触り心地が良くて気持ちがいいですね。

このまま顔にくっつけたい

半透明の生八つ橋の皮がとっても美しくて涼しげ。ものすごくさわやかで見てるだけでも嬉しくなってきます。

皮は厚め。

わらびつぶあんの中身

一口食べるとぷるんというしっかりとした弾力を感じる生八つ橋です。

なんでこんなにも美味しいでしょうね。

つぶあんはしっかりと小豆の味がして最高

つるんとした生八つ橋の皮と小豆の甘さがとてもよく合います。

わらびつぶあんの断面

食べた後も口の中に小豆のいい香りが余韻として残ってすごく美味しい!

個人的にはつぶあんの方が好きです。

わらび宇治玉露あん

わらび宇治玉露あん

冷蔵庫から出したばっかりの生八つ橋はとても冷たく、ぷるんとした皮の食感はまるでわらび餅のよう。

中には緑色の玉露のこしあんが入ってます。

淡い黄色の生八つ橋の皮、そして緑の宇治玉露あんがとても良い組み合わせだと思います。

生八つ橋の表面にはたっぷりのきなこ。

わらび宇治玉露あんの中身

きな粉の香ばしい香りが食欲をそそりますね。

生八つ橋の皮にはわらび粉が使われているので、一口食べた瞬間にわらび餅のような独特の食感と風味が楽しめるのが素晴らしい!

冷たくした少し分厚めの生八つ橋はとても美味しくて僕は大好きだなぁ。

中に入ってる宇治玉露あんはねっとりとしていて、口の中に入れると舌の上にべたっとへばりつくように広がっていきます。

わらび宇治玉露あんの断面

お茶の風味はあまり感じなくて、かすかにお茶の風味がする程度。

食べたあとには、微かにお茶の香りが余韻として残りますね。

上品といえばそうなのかもしれませんが、個人的にはもう少しお茶の香りが強くても良かったかも。

わらび抹茶こしあん

わらび抹茶こしあんのパッケージ

抹茶を使った緑の生八つ橋の皮にこしあんが入ってます。

表面にはたっぷりのきなこがふりかけられていて、香ばしい香りが食欲をそそりますね。

生八つ橋にはわらび粉が使われてるので、ぷるんとした皮の食感なんですよ。

とても涼しげで美味しそう。

わらび抹茶こしあんの中身

暑い時はこういうぷるんとした食感のお菓子が最高ですよね。

生八つ橋からはほんのりと抹茶の苦味のような香りが。ただ、そんなに強い苦味ではないので苦いのが苦手な人でもおいしく食べられると思いますよ。

生八つ橋の皮を一口。

思ったより強い抹茶の苦味がガツンときますね。

ぷるんとした食感もおいしいし、少し冷やしてあるので冷たい食感もまたおいしい。

中に入ってるこしあんの色は薄めです。黒というよりかはグレーに近いかな。

わらび抹茶こしあんの断面

こしあんはとてもさっぱりとした味で、口の中に入れるとすっと溶けてしまいます。

そんな上品なこしあんなんです。

生八つ橋の皮だけを食べるとそれなりに抹茶の苦みを感じたんですけど、こしあんと一緒に食べたらそれほど苦味は感じなくてむしろ甘い

ぷるんとした食感となめらかなこしあんがおいしいですよ。

「なつおたべ」の詳細情報

「なつおたべ」はおたべのお店で購入できます。

ぼくは京都駅で買いましたよ。

地下にある京名菓では試食もさせてくれるので、気にいったものを買えるのでおすすめ。

原材料等は以下の通りです。

価格10個入り:594円(税込)
20個入り:1,188円(税込)
原材料

【こしあん】砂糖、小豆、餅ミックス粉(粉あめ、餅粉、寒天)、わらび餅ミックス粉(でん粉、わらび粉、寒天)、きな粉(大豆を含む)、寒天、トレハロース、加工でん粉、乳化剤、増粘多糖類

【抹茶こしあん】砂糖、小豆、餅ミックス粉(粉あめ、餅粉、寒天)、抹茶、わらび餅ミックス粉(でん粉、わらび粉、寒天)、きな粉(大豆を含む)、寒天、トレハロース、加工でん粉、乳化剤、増粘多糖類

【つぶあん】砂糖、小豆、餅ミックス粉(粉あめ、餅粉、寒天)、わらび餅ミックス粉(でん粉、わらび粉、寒天)、きな粉(大豆を含む)、加工でん粉、トレハロース、乳化剤、増粘多糖類

【宇治宇治玉露あん】砂糖、白生あん、餅ミックス粉(粉あめ、餅粉、寒天)、玉露、わらび餅ミックス粉(でん粉、わらび粉、寒天)、きな粉(大豆を含む)、寒天、加工でん粉、トレハロース、乳化剤、増粘多糖類

賞味期限出荷日を含む10日間
カロリー【こしあん】:284kcal / 5個
【抹茶こしあん】:284kcal / 5個
【つぶあん】:286kcal / 5個
【宇治宇治玉露あん】:285kcal / 5個
購入できる場所おたべの各店舗
京都駅などのお土産店
オンラインショップ
購入できる時期夏(8月30日まで)

※2019年7月1日現在

なつおたべの原材料など。

なつおたべの原材料など

なつおたべのカロリー。

なつおたべのカロリー

いろいろな生八ツ橋

これまで食べてきた生八ツ橋を紹介しています。その数は100種類以上!

夏に特におすすめしたい生八つ橋も紹介しますね。