紫ランジェリー

紫ランジェリー11: 彼女と同じ

夜中に殺されそうになった

ぼくはメンタルに問題があって行動がおかしいらしいのです。というのは色んな人からのご指摘がありまして分かったんですよ。自分ではまったく普通だと思っていたのでとてもショックでした。

少し前に起きた出来事です。それは早朝に起きたんです。早朝4時頃に目が覚めるんですが身体が全く動かないんです。所謂金縛りってやつですね。そして鍵を閉めてあるはずのドアが開いて誰かが部屋に入ってきました。部屋は真っ暗なので何も見えません。でも彼はぼくのところにまっすぐに近づいてきて、ぼくの首を絞めるんです。そりゃあ苦しいのなんのって。息ができなくなってもがきます。だんだんと意識が薄れてくるころに締め付けている手の力が弱くなっていき、彼は消えていきました。

当時は本当に夜眠るのが怖くて仕方ありませんでした。また彼がやってきてぼくを殺すかもしれないからです。そういう話を紫ランジェリーにしたら、彼女も昔同じ経験を持ってました。ぼくも彼女も同じですね。これからは彼女にもう少し優しくしようと思います。