紫ランジェリー

紫ランジェリー11: 彼女と同じ

投稿日:2014年10月1日 更新日:

紫ランジェリー
スポンサー

夜中に殺されそうになった

ぼくはメンタルに問題があって行動がおかしいらしいのです。というのは色んな人からのご指摘がありまして分かったんですよ。自分ではまったく普通だと思っていたのでとてもショックでした。

少し前に起きた出来事です。それは早朝に起きたんです。早朝4時頃に目が覚めるんですが身体が全く動かないんです。所謂金縛りってやつですね。そして鍵を閉めてあるはずのドアが開いて誰かが部屋に入ってきました。部屋は真っ暗なので何も見えません。でも彼はぼくのところにまっすぐに近づいてきて、ぼくの首を絞めるんです。そりゃあ苦しいのなんのって。息ができなくなってもがきます。だんだんと意識が薄れてくるころに締め付けている手の力が弱くなっていき、彼は消えていきました。

当時は本当に夜眠るのが怖くて仕方ありませんでした。また彼がやってきてぼくを殺すかもしれないからです。そういう話を紫ランジェリーにしたら、彼女も昔同じ経験を持ってました。ぼくも彼女も同じですね。これからは彼女にもう少し優しくしようと思います。

-紫ランジェリー

執筆者:

「紫ランジェリー」のオススメ

紫ランジェリー

紫ランジェリー6: 八つ橋祭りに呼んでみた

あ〜思った通りになったよ… 先日お友達から生八つ橋をいただいたので一人で楽しむのは悪いと思い、一緒に食べる方を募集したところ同じアパートに住む方が連絡をしてくれたので生八つ橋祭りをやること …

紫ランジェリー

1. 紫ランジェリー

はじめに カンボジアに住んで2年8ヶ月。いろいろな人とも会っていろいろな経験もしてきました。そんな中、ぼくのすぐそばにいるあるカンボジア人の女性がとても興味深いので紹介していきたいと思います。 いちお …

紫ランジェリー

紫ランジェリー15: なんと親戚に内戦時代からプノンペンに住んでいる日本人がいた!

たまたま親戚の家に行ったら日本人がいた この前、以前住んでいたアパートの大家さんの娘である紫ランジェリーの家に遊びに行ったんです。そしたら初めて顔を見る人たちがいたんで誰なんだろうって聞いたんですよ。 …

紫ランジェリー

紫ランジェリー7: ぼくは王族

いつの間にか王族になっていたぼく いつものごとく紫ランジェリーは勝手に部屋にやってきてはくだらない話をして帰っていきます。厳密にはぼくが部屋から追い出すのですが。そんな紫ランジェリーが今回は意味不明な …

紫ランジェリー

4. てつおとご飯を食べに行くよと言ってみた

忘れられない”てつお” ぼくは”てつお”さんとは仲が良いのでよく会ったり、ご飯を食べに行ったりします。今回もたまたま一緒にご飯を食べようということで昔か …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote