読書

ぜひ読んで!左様ならば、そう”ゑ”もんが素晴らしい

投稿日:2014年11月16日 更新日:

スポンサー

島根に行った時にトルココーヒー占いをしてもらった話を先日しましたが、その時に一冊の本をいただきました。その本が本当に素晴らしかったのでご紹介したいと思います。

この本は著者の中に遙か昔からやって来た侍が取り憑き、その彼がこの平成の世で何を考えたのかっていうのを記録しているものなんですね。その彼が書き残した話がとても考えさせられる点が多いんですよ。

自分の言動を見直すきっかけにも

自分の何気ない行動が知らないうちに小さな子どもを傷つけている。それを悟った彼は何てことをしてしまったんだと後悔するがすでに時は遅し。そういう日々の彼の気づきにはぼくもとても共感できたんですね。この本はぜひ多くの人に読んでもらいたいです。

-読書
-

執筆者:

「読書」のオススメ

no image

東野圭吾のプラチナデータを読んで。鮮明にイメージされる不気味さと不思議さがたまらない

作品全体に広がるどんよりとした雰囲気が好き 久しぶりに東野圭吾の本を読みました。前回読んだのはもう2年前くらいだったかなぁ。本当に久しぶりに読んだっていう感じです。今回久しぶりに読んだのは&#8221 …

資料にぺたぺたと貼られた付箋

読書する時に試してみて!付箋をしおり代わりにする2つの理由

しおりのイライラを解消する付箋 紙の本を読む時にしおりって使いますよね?これがないとどこまで読んだのか分からない。 しおりって大事なものなんですけどこれが原因でイライラすることがあります。それは本を持 …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊の楽しさ伝えます!

自炊の楽しさをあなたのところへ伝えに行きます!

自炊デリバリー

ブログの中を検索する

読みたい記事のカテゴリーを選ぶ

今日もいろいろつぶやきます

moriのほしいもの

noteもやってるよ

Instagramもよろしくね