カンボジア シェムリアップ観光

シェムリアップの遺跡観光で携帯すべきものはこれだ

投稿日:2015年2月19日 更新日:

スポンサー

遺跡観光を楽しむためのグッズ

今は乾期真っ只中。シェムリアップの遺跡観光にはベストシーズンですね。遺跡観光に行く時に持って行ったら良いものをまとめました。

必須アイテム

フェイシャルペーパー、ボディペーパー

これは特にトゥクトゥクで観光する時に必要なものです。何でかっていうと遺跡へ行く道は赤土の道が多くて砂埃がすごいんです。一日観光した後の顔は赤土まみれ。そんな時にはフェイシャルペーパーやボディペーパーが必需品です。

ウェットティッシュ

ウェットティッシュは食事の時の手ふきとしても使えます。カンボジアでは基本お手ふきは出してくれないので持っておくと便利です。

カンボジアは暑い!特に午後にはかなりの気温になるんです。それに伴い体の水分もどんどん失われていくんですよね。水分補給は必須ですよ。あとはミネラルを補給できる飴も一緒になめておくと完璧。

帽子とサングラス

カンボジアの強烈な日差しから頭と目を守りましょう。カンボジアの太陽って本当にきついんですよ。ちょっと外に出ただけでクラクラするほど。目もホントに痛くなってしまうんでサングラスも持っていった方が良いですね。

あると便利なアイテム

ライト

もし夕陽を見にプノンバケンに行こうと思っていたらライトは必須ですよ。帰りの山道は明かりがないんです。ライトがないと結構危ないです。

現地で使える電話

これも特にプノンペンバケンに行った時に感じたこと。夕陽を見て山を下りたら辺りは真っ暗の上に、観光客を乗せてきたトゥクトゥクや車でごった返しになっているんです。そういう時に現地で使える電話があったらドライバーに連絡をとることができるので助かります。

小銭

アンコールワットの周辺には本当にたくさんの遺跡があって、中には物売りの子どもたちがポストカードなどの商品を売りに来る場所もあります。もしそういう所で何かを買うんだったら小さいお金(1ドル札)をたくさん持って行った方が良いですよ。100ドル札を出してもお釣りなんて持ってません。あとは水を買う時にも小銭は必要ですね。

カメラ

せっかくアンコールワットまで来たんだからいっぱい写真を撮りましょうよ。スマホのカメラでも良いですけど一眼で撮った写真はまた別格。旅の思い出を残しましょう。そうそう予備のバッテリーも持って行っておいた方が良いですよ。

-カンボジア, シェムリアップ観光
-, ,

「カンボジア」のオススメ

タマホームが作ったレストラン&バーのクオリティがすごすぎる

いつの間にかプノンペンタワー22階にタマホームがハイクオリティーな空間を作り上げていました。タマホテルD22、H22と言うらしいです。D22はレストラン、バースペースのことを指し、H22はホテルを指し …

ホールの中ではお坊さんがお経を唱えたり話をしたりします。

カンボジア好きなら一度は見ておきたい!お寺の朝の光景

ごはんが集まってくる寺院 カンボジアの多くの人は仏教徒。カンボジアの街にはたくさんの寺院があり、街を歩けば多くのお坊さんを見かけます。イベントなどには必ずと言ってもいいほどお坊さんが出席することから、 …

カンボジアの薬局で買える一般的な風邪薬

カンボジアの風邪薬は1日20円!

カンボジア人がおすすめする風邪薬 カンボジアで風邪をひいたらどうしますか? ぼくはいつも日本人の先生のいるクリニックを受診しています。でも費用のことを考えるとさすがにいつもいつも行くわけにもいかないわ …

カンボジアの伝統的な酒、スラソ。

カンボジア伝統の酒・スラソは強烈

ぶっちゃけ美味しくないです スラソとはカンボジアの米から作られる地酒的なものです。まあはっきり言ってしまいますけど美味しいとは言えないですね。 色は茶色でアルコールは強く、飲んだ時に喉がとても熱くなり …

トゥクトゥクなら大量の家具も運べます。

大きな家具を買っても大丈夫!トゥクトゥクで運べます。

万能な乗り物トゥクトゥク カンボジアの乗り物って言ったらトゥクトゥクですよね。そうです、バイクの後ろに客車を付けて走るあれです。このトゥクトゥクなんですけどただ乗るだけじゃないんですよね。現地の人たち …

moriのプロフィール

自炊の楽しさ伝えます!

自炊デリバリー

検索

カテゴリー

今日もいろいろつぶやきます

moriのほしいもの

noteもやってるよ

Instagramもよろしくね