紫ランジェリー

紫ランジェリー15: なんと親戚に内戦時代からプノンペンに住んでいる日本人がいた!

たまたま親戚の家に行ったら日本人がいた

この前、以前住んでいたアパートの大家さんの娘である紫ランジェリーの家に遊びに行ったんです。そしたら初めて顔を見る人たちがいたんで誰なんだろうって聞いたんですよ。彼らは大家さんの親戚で今はアメリカに住んでいるけど、今回たまたまカンボジアに帰国しているとのこと。アメリカに住んでるって大家さん一家って結構すごいんだぁ。前々からただ者じゃないって思ってたけど。

ぼくは大家さんの孫やアメリカからやって来た子どもたちと遊んでいたんですけど、いつの間にかプノンペン市内に住んでいる別の親戚宅に行こうっていう話になったんですね。ぼくは半強制的にトゥクトゥクに乗せられて家に向かうことに。

家はリバーサイドに近い場所。たくさんの家が密集している場所の一角にありました。ゲートを開けるとかわいらしい子犬が3匹もやってくるじゃありませんか。犬好きにはたまりませんよ!どの犬も上品で高級そう。カンボジアって結構汚れている犬が多いんですけど、ここの犬はみんな綺麗に手入れされてます。めちゃくちゃ綺麗!やはりこの親戚もただ者ではなさそう。

カンボジアでは考えられないくらい手入れのされた犬たち。

カンボジアでは考えられないくらい手入れのされた犬たち。

家に入ると更に驚愕の事実が判明。出迎えてくれた人がなんと日本人だったんですよ。えっ!?って感じですよ。親戚に日本人がいたなんて。まさか日本語で話ができるなんて。衝撃的でしたね。

内戦時代を経験

この男性、この家の旦那さんなんですね。大家さんの親戚の女性と結婚したそうです。それも20年くらい前からカンボジアに関わっていてらしくて内戦も経験済みだとか。家の前で爆弾が爆発したとか、リバーサイドで銃撃戦があったとか、怖すぎます。

今でこそ日本人がカンボジアにたくさんやって来てますが、内戦を経験している日本人っていうとそんなにいないでしょう。すごい経験をされた方に会ってしまいました。

今のカンボジアを語る人は多いんですけど、昔のカンボジアってなかなか知る機会ってないじゃないですか?だから内戦時代を肌で体感してきた人の話を聞くのって本当に貴重で新鮮な体験です。それにそういった極限状態の中カンボジアで生き抜いて来られた彼を尊敬しますね。ぼくだったらすぐに逃げちゃいますから。

この方、今はプノンペンにずっと住んでいるわけではなくて、日本をメインにして時々プノンペンにやって来ているとのこと。なかなか個性的な方で話をしていて楽しかったです。