紫ランジェリー

紫ランジェリー最終回: さようなら

エスカレートしていく妄想

紫ランジェリーとは2013年8月に会ってから1年半ほど色々とよくしてもらいました。これまでの出来事はこれまでの記事を読んでもらったら分かると思います。

妄想癖があって色々と変なことを言うのでぼくも結構困ったりしていたんです。それでもぼくに好意をもってくれているってことでそんなに悪い気はしなかったっていうのも事実なんですよ。普通に友人として好きでした。

カンボジアに行った時には彼女の家に行って大家さん一家に会うのも楽しみの一つだったんですね。でも結果的にそれが彼女をより狂わせてしまっていたようなんです。

もう会わない

ぼくのことを知らない人前で夫と呼んだり、ぼくとの間にこどもがいるって言ったり。ぼくの知らないところでこんなことを言ってたんです。ぼくが彼女と会うことでますます状況を酷くしてしまった。知らなかったとは言え家族には申し訳ないことをしてしまいました。

もうこれから彼女に会うことはありません。このシリーズもこれでおしまいです。読んでくれたみなさん、ありがとうございました。