カンボジア カンボジアの国際協力(ボランティア) カンボジア社会

カンボジア人の金持ちは日本人が鼻くそに見えるほど金を持っている

投稿日:2015年4月21日 更新日:

スポンサー

毎年1,000万円の車を買い換えるカンボジア人

カンボジアって行ったら世界の中でも貧困国。でも一部のカンボジア人はとってもお金持ちなんです。普通の日本人なんかよりはるかにお金を持ってますよ。聞いた話では1台1,000万円以上する車を毎年買い換える人もいたりするんです。

カンボジア、特にプノンペンの街を歩いて見ると分かるんですけどめちゃくちゃ高級車が走っているんです。Lexus、Benz、RANGE ROVERなんかを至る所でみることができるんですよ。これが今のカンボジアなんです。

なんでこんなにお金を持っているのかって言うとですね、政府関係は置いておいて(賄賂絡みなので)、自分のビジネスをやっているんですね。カンボジアでそんな巨万の富を築けるっていうのがぼくには衝撃でした。カンボジアで一番金を持っているのは外国人じゃありません。カンボジア人です。まあこれ以上言うと嫉妬になってしまうから止めておきますね。

起業意識の高いカンボジア

いろんなカンボジア人に話を聞いたんですけど結構自分のビジネスを持ちたいっていう人が多い気がします。とりあえず資金を貯めるために企業に就職するけど、その後は独立して自分のビジネスをやりたいって言う人が多い。

具体的に何をしたいかっていうと何にも決めてないっていう人も多いんですけど、とにかく自分の力でビジネスをやりたいっていう人は多いです。

カンボジアでは自分のビジネスをはじめるのって日本に比べて敷居が低いのかな?っていうのもカンボジアでは商売やりたいなって思ったらすぐに何か始められる環境があると思うんですよね。

たとえば朝や夜だけやっている路上の屋台とかもそれぞれがやっているビジネスですよね。人気のあるところなんかはそれだけでも生活できるんじゃないっていうくらい稼いでいるんじゃないかな?

路上を歩いてサングラスや本を売っている売り子もそう。刃物研ぎ、靴磨き、バイクタクシー、フルーツ売りのおばちゃんなんかも全部自分のビジネスを持ってるって言えます。

こんな感じでカンボジアでは自分のビジネスを持つっていうことにそんなに抵抗がないのではないかと思うわけなんです。日本では起業っていうとものすごく大変なイメージがありますよね。カンボジアでは軽い感覚で自分のビジネスを持ってお金を稼いでいるんでしょうね。

もっと気軽にお金を稼ごう

いきなり1,000万とかは稼げないですけど、まずは自分のビジネスを持って少しずつでもお金を稼いでいきますよ。ぼくもカンボジア人を見習って色々と挑戦して生きていきます。

一歩を踏み出す勇気。どうなるかは分かんないですけど失敗してもいいやっていう気持ちで肩肘張らずにやっていきます。

-カンボジア, カンボジアの国際協力(ボランティア), カンボジア社会
-,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

VATTANAC CAPITAL

VATTANAC CAPITALについてるビジョン。誰が見るの?

なんであんなところにビジョンがついてるの? 最近プノンペンにオープンしたVATTANAC CAPITAL。たぶん今プノンペンで一番高いビルです。このビルの上の方に大きなビジョンがあるのご存知ですか? …

【プノンペン】転落注意!高層ビルの屋上にある吹きさらしバー・Eclipse Sky Bayは最高に気持ち良い!

屋根もない吹きさらしバーは開放感いっぱい こんにちは、高いところが大好きなmoriです。 カンボジアの首都・プノンペンには最近まで高層ビルというようなものはほとんどありませんでした。 そんななか201 …

ソーラートゥクトゥク

一気に最先端の乗り物になるのか? 突然ですが、トゥクトゥクっていう乗り物をご存知ですか?バイクの後ろに客車を付けて走る乗り物で、カンボジアをはじめタイなどでも見ることができます。車が増えてきたプノンペ …

カンボジアの噂話。工場労働者は政府役人に毎月1ドルずつ抜かれている

莫大なお金が 友人に聞いたカンボジアの工場で働く労働者についての噂。 それは工場労働者の給与から毎月1ドルづつ政府の役人へのお金が抜かれているというもの。 現在カンボジアの労働者に支払うべき最低賃金は …

なんてこった!アンコールワットはベトナムのもの?

入場料はなんとベトナムに流れている 先日カンボジア人と話をした時にした話。衝撃的だったのはアンコールワット遺跡群への入場料がベトナムに流れているというのです。アンコールワットってカンボジアにあるんです …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote