ネット環境の悪いカンボジアでMacをOS X Mavericksにアップデータしてみた

ネット回線が遅いカンボジアでアップデートに挑戦

今回はあんまりカンボジアには関係ない話です。

僕は現在Macを使っています。ちょうど2年ほど前に友人がMacを使っているのを見て、良いなと思いWindowsからMacに乗り換えました。はじめのうちは操作やソフトが違うというので、Virtual BoxをインストールしてWindowsも使えるようにしていましたが、今ではほとんどWindowsは起動しないでMacばかり使っています。

僕が買ったMacに入っていたのがOS X Lionで、ずっとこれを使ってきました。今回OS X Mavericksが出ると言うことで前々からアップデートしたいとは思っていたのです。というのも、このOS X Mavericksはデュアルディスプレイで使う時に、サブ画面の方にもメニューバーが表示されるのでいちいちメインディスプレイの方にカーソルを持って行く必要がないのです。それがこのOSを使いたい一番の理由だった訳です。

そして僕にアップグレードを決心させた決め手は、なんと言っても無料でアップグレードできてしまうということ。Windowsでは2万円近く出さないといけないものが、なんと無料!さらにiWorkとiLifeも実質無料です。そういうわけでどうしてもこの新しいOSを入れたいという思いに駆られ、このネット環境の悪いカンボジアでアップグレードをする決心をしたのです。

このOS X MavericksはApp Storeからダウンロードが可能で、Snow Leopard、Lion、Mountain LionいずれかのOSが搭載されているMacに入れることができます。まず驚くべきはファイルサイズ。なんと5.29GBもあるではないですか!日本など高速インターネットのある場所では問題ありませんが、ここカンボジアはネット回線は非常に遅く、我が家は2MbpsのADSLです。この回線でいったいどれくらいダウンロードに時間がかかるのか測ってみました(正確な時間は計っていません。だいたいの時間です)。その結果は約12時間でした。正直もっとかかると思っていたので予想外に早かったというのが正直なところです。

OS X Mavericksはなんと5.29GBもあります。

OS X Mavericksはなんと5.29GBもあります。

ダウンロードが終了すると、画面にインストールをするよう促すメッセージが出るのでその通りにやっていくとインストールが始まります。これにかかった時間がおよそ2時間ほど。インストールはもう少し早く終わると思っていたのですが意外に時間がかかりました。インストールをはじめた時には残り時間が1時間もなかったのですが、どんどん残り時間が増えていって結局2時間もかかってしまいました。

OS X Mavericksのインストールには約2時間かかりました。

OS X Mavericksのインストールには約2時間かかりました。

まだ使い始めて間もないので、なんとも言えないのですがマルチディスプレイの機能は良いです。これまではデスクトップの切り替えもメインとサブが連動して切り替えられていたのが、メインとサブで別々にデスクトップを切り替えられるようになったので使い勝手が向上しました。そして各画面にメニューバーがあるのも便利ですね。

無事にインストールできました。

無事にインストールできました。

今のところは、この新しいOSは使い勝手が良く気に入っています。これから色々と使ってみたいと思います。