バイクの修理

バイク修理に0.5ドル。カンボジアはバイク修理は安いのだ

バイクがよく故障するのは諦めないといけない

ぼくはカンボジアではHONDAのバイクを乗っています。カンボジアではHONDAと言えばNo1ブランド。多くのカンボジア人はHONDAのバイクを好んで乗っているんですね。なんでHONDAかっていうと品質が良いからなんです。

ということでぼくもHONDAのバイクにはいつもお世話になっているんですけど、ここはカンボジア。日本と同じクオリティを求めること自体が無理があるんですね。結構壊れます。

先日もスピードメーターとウインカーがつかなくなってしまいました。スピードメーターだけだったらはっきり言って壊れたままでも乗っても大丈夫かなと思うんですけど(実際にスピードメーターが壊れたまま乗っているカンボジア人は多いです)、さすがにウインカーが壊れたまま乗るっていうのは危険なので修理に行ってきたんです。

人件費が安い

実際にバイクを修理に出すと、その修理費用の安さに目を疑ってしまうこともしばしば。今回もスピードメーターとウインカーの修理でなんと0.5ドル。激安じゃないですか?

というのも今回は特に部品の交換はなかったので人件費しかかかっていないんです。カンボジアの人件費って信じられないくらい安いのでこんな値段でできてしまうんですね。

ちなみに部品交換が必要な場合、例えばバッテリー交換とかになるとそれなりの金額を請求されます。以前バッテリーの交換をした時には15ドルくらいかかりました。それでも日本に比べたら全然安いですけどね。