大大の料理

プノンペンで中華を食べるなら大大レストランなら間違いなし!オススメは辛い牛肉スープ

プノンペンで連日超満員の人気レストランは並んででも食べる価値あり

こんにちは、以前はカンボジアに住んでいたレイです。

ぼくはカンボジアに行った時、基本的にカンボジア料理を食べることにしています。

現地の人が日常的に食べているものを知るということに興味があるんですよ。とは言いつつもずっとカンボジア料理だと飽きてしまいます。

そんな時には中華!

大大の料理

中華ってあんまりハズレがない気がします。特にカンボジアには中華系の人たちはめちゃくちゃたくさん住んでいるので、本格的な中華が手頃な価格で食べられるんです。これは食べないわけにはいきませんよね。

さっきも言ったようにカンボジア、特にプノンペンには山のように中華料理屋があります。右を見ても左を見ても中華料理っていうような場所も。

そんな星の数ほどある中華料理の店の中から、ぼくがごり押ししたいお店が「大大」です。「大大」と書いて「タイタイ」と読みます。

このレストランがどれほど人気があるのかっていうと、とにかく店内の写真をどうぞ。店内っていうか歩道ですけど。

大大レストラン

レクサスやレンジローバーなどの大きな高級車が店の前の道路に駐車して道路をふさいでしまうことも多々。ここは夜になると渋滞ポイントになります。めっちゃ迷惑。

高級車が道路の前を占拠する

ちなみにこの店には歩道の席だけじゃなくて、エアコンの効いた店内の席もあります。でもこちらもいつも満席ですね。

とにかく6〜8時の夕食の時間帯には一気にお客さんがやってきます。この時間帯に行くなら待ちは覚悟です。ぼくはいつも10〜20分程待ちますね。

待つのが嫌いなぼくが待つくらいですから、この店は本当に美味しいんです。

待ってる間にちょっと店の前を見てみましょう。

この店は海鮮が売りのようで店頭には魚やカニが入った水槽がたくさん並んでます。

魚などが入れられている水槽

お兄さんが重さを量っていますね。これはきっと時価

mori
時価なんて恐ろしくて注文できんわ

そして次々とバケツに入れて厨房に運ばれていきます。見事なほどの手際の良さに関心しちゃいました。

魚などが次々と厨房へ運ばれていく

このレストランは海鮮を食べるとちょっと値段が張りますが、野菜や肉は比較的安くてお腹いっぱいに食べても安い!コストパフォーマンスは抜群です。

こちらが今回注文したお料理たち。麻婆豆腐、焼きそば、空心菜炒め、ビール

大大の料理

そしてこちらは一番のお気に入り。牛肉のスープです。

牛肉のスープ

これに白ごはんを2杯追加して、お値段は13ドル(約1,300円)。

mori
お腹いっぱいになって、この値段は安い!

この店は「大大ナイトレストラン」という名前の通り夜しか営業していないんですが、本当に深夜まで営業しているので飲んだ後にちょっと軽く食べたいなっていう要望にもしっかりと応えてくれます。飲んだ後に食べたラーメンもなかなか美味しかったですよ。

辛いけどめちゃくちゃ美味しいスープ

ぼくはイチオシしたいスープがこちら。

牛肉のスープ

名前は「スイチューニューヨー」(発音がおかしいかもしれないけど…)って言います。

覚え方は「水中ニューヨーク」

メニューを見てもどれがこのスープか分からないので、店員さんにひたすらこの単語を連呼して注文です。

mori
スイチューニューヨー!スイチューニューヨー!

はじめは「?」な感じですが3回目くらいで分かってくれます。今まで失敗したことないのでこの方法で注文したら間違いないですね。

このスープの一番素晴らしいところは牛肉の柔らかさ。カンボジア料理の牛肉ってめちゃくちゃ固いんですよ。歯の弱い人は結構大変なレベル。それに比べてこのスープに入ってる牛肉の柔らかいこと!

この柔らかな牛肉が食べたいがために、ぼくはこの店に通っていると言っても過言ではありません。それほど感動的に柔らかいんです。

そして野菜だってたっぷり入っていて良いんですよ。でも結構辛いので要注意ですが。

スイチューニューヨー

とにかく大大レストランに行ったらこれは食べないと損!