デジタルライフ

あの日何してたっけ?Googleマップのタイムラインには移動履歴が残っているから見てみよう

投稿日:2015年8月2日 更新日:

スポンサー

自分の行動がGoogleマップに全部記録されている

Googleが面白い機能をさりげなく追加していました。それはタイムラインと呼ばれるもので自分の移動した履歴が一目瞭然になるというものです。いつどこにいたのか記録されているっていう気持ち悪い気もしなくはないんですが便利なこともあるのでご紹介しますね。

このタイムラインの一番のメリットはいつ、どこに自分がいたのかっていうのが分かるってこと。つまりあの時何してたっけって分からなくなった時にこのタイムラインを見たら良いんですよ。ぼくはよく何していたか忘れてしまうのでこの機能は本当に便利ですね。

実際にどんな感じで記録されているのか見てみましょう。Googleマップを起動してタイムラインを表示します。

20150802_Timeline4

20150802_Timeline5

 

これがある日のぼくの一日の行動です。自分の移動した場所が地図上に表示されていますね。そしてさらに便利なのが何時にどこにいたのかが一覧になって表示されるってこと。

20150802_Timeline1

画面下の方にある日付が書かれた部分をタップしてみてください。移動履歴の一覧が表示されます。

20150802_Timeline2

行った店までしっかりと記録されていますよ。いやぁ素晴らしいですね。これであの時何をしていたんだったっけ?っていう事がかなりなくなるはず。

ちなみにタイムラインを表示した時には今日が初期表示されるんですが、別の日付を指定して見たい場合には画面上部にある日付の部分をタップするとカレンダーが表示されます。見たい日付をタップして見たいの日付を選んでください。

20150802_Timeline3

履歴を残したくない場合

もちろん履歴を残さないように設定することも可能です。次の手順で履歴を残さないようにできますよ。

1. Googleマップを起動

20150802_Timeline4

2. タイムラインを表示

20150802_Timeline5

3. 3つの点マークをタップして現在地設定の管理を選択

20150802_Timeline6

4. Googleの位置情報設定

20150802_Timeline7

5. ONの横のチェックボックスのチェックを外す

20150802_Timeline8

-デジタルライフ
-,

執筆者:

「デジタルライフ」のオススメ

一時帰国には必須!空港で受け取ってポストで返却できるWiFiルーター「WiFi東京」5つのメリット[PR]

日本に一時帰国する際に絶対に必要なものはインターネット接続環境。Wi-Fiルーターのレンタルなら短期間の日本滞在中もずっと快適にインターネットを使うことができます。1日500円からネットが使えるWiFi東京のレビューです。Wi-Fiルーターをレンタルするメリット、詳しい使い方を紹介。

カンボジアでも人気のLINE

相手に場所を伝えたい!LINEで場所を知らせる方法

友人達と外で待ち合わせする時など自分の場所や待ち合わせしたい場所を伝えたい。でも言葉で説明できないっていうことはありませんか?そういう時に地図って便利なんですよね。 今回はスマートフォンを使ってLIN …

カンボジアでは電話2台持ちはもはや常識。

元日にスマホ水没

とほほな正月ですよ やってしまいました… スマホを気づかずに洗濯してしまいました。洗濯しているのに気づいたのは洗濯機を回し始めてから5分ほど経ったあとだったんですけど、もう洗濯槽には水がい …

京都で無料Wi-Fiを使うならKYOTO Wi-Fi。使い方を解説します

京都では市内バス停や地下鉄をはじめとして、京都市と提携したお店などで使えるフリーWi-Fi「KYOTO Wi-Fi」というものがあります。 KYOTO Wi-FiはSNSのアカウント(Twitterや …

JR東日本フリーWi-Fi

JR東日本でフリーWi-Fiを使う方法まとめ

事前登録は不要です 今回の日本一時帰国では関西の他にも東京にも滞在しました。ここ東京でもインターネット接続環境は以前に比べて整備されていて良かったです。ぼくはJRを使う事が多かったのでお世話になったの …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote