デジタルライフ

Twitterが1万字に。140字だからこそメッセージが凝縮される

投稿日:2016年1月8日 更新日:

スポンサー

Twitterは現代の俳句だ

20160107_Twitter

Twitterが140字の文字数制限を大幅に緩和して1万字まで投稿できるようにするらしいというニュースが飛び交っています。

 

ぼくはこのニュースに関しては残念な気持ちなんですよね。Twitterは140字という少ない文字制限の中で自分を表現するメディア。文字数に制限がないブログやFacebookなどとは一線を画しています。

少ない文字の中にいかに自分の思いを込めることができるのか。ぼくには俳句に通じるものを感じるんですよ。Twitterを見ていると、本当にうまく短い文章の中に自分を表現しているなって思うツイートが目に入ります。短いツイートから、それを書いた人の強い思いや様々な情景が浮かんできたりするのを体験することがあるんですよね。

こんなツイート、いいですね〜

そういう人の強い思いなどを感じる度に、Twitterって単なる単文投稿サイトではないと思うんです。ちょっと大げさかもしれないですけどTwitterの中には文学が存在しているんですよね。他のサイトには見られない凝縮された表現っていうんですかね。投稿者の考え抜いた言葉が並ぶ、これこそがTwitterの最大の特色じゃないかな。

Twitterに投稿する時ってブログやFacebookに投稿する時とはまた違った感覚になります。ただ単に自分が思っていることをつらつらと書き連ねたら良いっていうもんじゃないんですよ。140文字という文字に収まる形で自分を表現しなければいけない。文章というものについてもっとも考えるのがTwitterなんじゃないでしょうか。

Twitterはぼくたちに凝縮された密度の濃い文章を考える機会を与えてくれているのです。

1万字で散漫な文章が溢れかえる

140文字の制限が1万字に拡大されるとします。これまでは140字の制限があったために人々は少ない文字に様々な思いを込める努力をしてきました。でも1万字になったらどうですか?

わざわざ頭をひねって濃密な文章を絞り出す必要がなくなるんです。それは確かに声を発するのが楽になるでしょう。でもそれは同時に、俳句に通じるような素晴らしい文学がTwitterから消えてしまうのではないかって思うんです。それがぼくはなんだか残念っていうか寂しい気がするんですよ。

140字のTwitterが好き

今回はTwitterについて思うところを書いてみたんですが、やっぱりぼくは140字という短い文字数制限のあるTwitterが好きだなってこと。 凝縮されたメッセージを書けるように日々鍛錬していきますよ。たとえTwitterが1万字になってもね。

-デジタルライフ
-

執筆者:

「デジタルライフ」のオススメ

クメール語のキーボード配列

クメール語キーボードで難解なクメール語入力を簡単に

クメール語入力にはキー配列を覚える必要がある カンボジアの人がクメール語を入力する時に使っているキーボードって英数字しか印字されていないどこにでもあるようなキーボードです。だから初めてクメール語を入力 …

docomoにメールが送れない

ガラケーの人との連絡先交換。メールアドレスだけじゃなくて電話番号も絶対に確認すべし

フリーメールアドレスからのメールがdocomoに拒否された 先日連絡先を交換した人がいるんですが、その人からメールが来たので普通に返信したんです。そしたら見事に送信失敗しました。 原因はきっとdoco …

データ使用量

スマホですぐに通信速度制限される人は動画自動再生をチェックせよ

SNSの動画自動再生で知らない間に通信量が増えている 最近特にスマホを使い倒しているわけでもないのに速度がめちゃくちゃ遅いなって感じることがあるんですよね。それでデータ使用量をチェックしてみたんです。 …

MacでWindowsのDeleteキーと同じことをする方法

shift + delete Windowsを使っている人はカーソルより前の文字を消す時にはBackspace、カーソルより後ろの文字を消すときにはDeleteキーを使いますよね。Macの場合には文字 …

あの日何してたっけ?Googleマップのタイムラインには移動履歴が残っているから見てみよう

自分の行動がGoogleマップに全部記録されている Googleが面白い機能をさりげなく追加していました。それはタイムラインと呼ばれるもので自分の移動した履歴が一目瞭然になるというものです。いつどこに …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote