中国からの汚染物質

中国から汚染物質が流れてきているのがよく分かるマップ

中国から大量の汚染物質が流れている

先日上海の大気汚染についての記事を書きました。今回はそれに関連した内容です。このサイトのマップはすごく分かりやすく大気汚染の具合が分かるようになっています。

中国の大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ

http://aqicn.org/map/jp/

色が濃いほど汚染が酷く、色が薄くなっていくにつれて良いということです。ちょうどこの記事を書いている時間(2015年2月15日の正午)の汚染具合がこれ。

中国からの汚染物質

中国からの汚染物質

ニュースでもたびたび取り上げられる最悪の大気汚染が発生している北京から風に乗って汚染物質が韓国を経由して日本まで流れ込んできているのがよくわかりますよね。ちなみに北京の汚染度はAQI:527で重汚染となっています。重汚染というのは”屋外活動を中止”というほどのレベルですよ。韓国のソウルはAQI:158(軽度汚染)で”長時間又は激しい屋外活動を減少”、日本の名古屋はAQI:151で同じく軽度汚染になっています。

日本も中国の大気汚染は人ごとではないのです。こういう情報を見て外出時には健康を損ねないようにできるかぎり注意しましょう。