日常の生活

大人でスケートが滑れなくてもアイスホッケーはできるんですよ。要はやる気。

投稿日:2015年2月17日 更新日:

アイスホッケー
スポンサー

スケートも滑れないのにアイスホッケーを始めた

ぼくは趣味でアイスホッケーをやってます。そう言うと、凄いねって反応が返って来ることが結構あります。でもぼくは全然凄くないんですよね。

今までの人生でまともなスポーツもしたことがない、さらにスケートが滑れなかったんです。あり得ないでしょ?スケートも滑れないのにアイスホッケーを始めるなんて頭おかしいですよね。

でも断言します。アイスホッケーは大人になってから、スケートが滑れなくてもできます!

興味のある人は思い切ってやっちゃいましょうよ。

運動音痴

ぼくはアイスホッケーを始めるまでにまともにスポーツしたことなかったんです。とにかく運動音痴。もちろんスケートなんてやったことなかったんです。

当然のことながら初めてスケートリンクに行った時もちろん全然滑れませんでしたよ。滑れないどころかフェンスを持たないと立てない有り様。

そんなへなちょこがホッケーシューズを履いてスケートリンクで四苦八苦してるのなんて想像してみてください。そりゃあもう情けなかったです。

そんなぼくでも何とか3回目(普通は1、2回でできるようになるみたいです)のスケートリンクでやっとフェンスを持たずに立てるようになったんです。めちゃめちゃ嬉しかったのを覚えてますよ。

それからはスケートが楽しくて一気に上達しました。色んな滑り方ができるようになると楽しいんです。

ホッケーも楽しくなる

スケートが滑れるようになるとホッケーも断然楽しくなります。思ったようにプレーできるって楽しくないですか?

正直スケートも滑れなかった運動音痴の自分がここまで出来るようになるとは思ってなかったです。

なんでホッケーを続けるのか

ぼくがホッケーを続ける理由はいくつかあります。

身体を動かすのが気持ちいい

アイスホッケーは時にはキツい事もありますけど、身体を動かした後の爽快感がたまんないです。

氷の上だけど汗だくになるんですよ。そういう激しい運動の後にやってくる爽快感、たまりませんね。

知り合いが増える

アイスホッケーは集団でやるスポーツ。当然色んな人がやってきます。結構個性の強い人が多いのがアイスホッケーやってる人の特徴かな。そんな人たちに会えるのも魅力ですね。

長く続けられる

アイスホッケーって歳をとってもになってもできるって知ってました?ぼくの参加しているチームには普通に50、60歳とかの人も参加してます。リンクの上で還暦祝いとかやるんですよ。そんな長く続けられるスポーツって良いでしょ?

やりたくなった?

やりたくなったら近くのチームをネットで検索したら良いですよ。意外にチーム多いんです。大阪近郊だったらぼくに連絡くれたら知ってるチームを紹介できます。

-日常の生活
-

執筆者:

「日常の生活」のオススメ

七面鳥

本場の人たちもクリスマスには絶対に七面鳥を食べるわけじゃないんですよ

アメリカ人だってクリスマスにチキンを食べる 七面鳥 ちょっと前にアメリカ人などクリスマスを本格的に祝う人たちが日本人のクリスマスについて疑問を投げかけていたっていう話を聞いたんです。その中でも興味を持 …

EMS(国際スピード郵便)

EMS(国際スピード郵便)で海外に荷物を送る方法まとめ

EMS(国際スピード郵便)とはなにか? 日本から海外に荷物を送る時にぼくがよく使うサービス・EMS(国際スピード郵便)について紹介します。 画像:EMS(国際スピード郵便) – 日本郵便よ …

メロンパンの皮焼いちゃいました。

【販売終了】全部皮!メロンパンの好きにはたまらない一品が登場!

子どもの頃の夢がついにかなう こどもの頃にメロンパンって皮だけ食べられたら嬉しいだろうなって思ったことないですか? ぼくはメロンパンの皮が大好きでよく皮だけ食べて親に怒られていました。そんなメロンパン …

市場で売られている100ドル札。

日本じゃ完全に違法でしょ?カンボジアの偽100ドル札が精巧すぎる

市場で100ドル札が束になって売ってます さすがカンボジアです。これを見てください。 市場で売られている100ドル札。 なんと100ドル札が束になって市場で売ってますよ。実はこれはイベントや式典などで …

高級車

うっかりしてスピードを出しすぎてしまいました。車の運転で心がけたい2つのこと

初めて捕まってしまいました 運転免許を取ってから15年くらいになるんですが初めてスピード違反で捕まってしまいました。完全にぼくの不注意だったので言い訳もなにもできません。 良い機会なので車を運転する時 …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote