マニラで個室に1泊3,000円で泊まれるGO HOTELSのメリットとデメリットを紹介

こんにちは、いろんな場所に行くのが大好きなレイです。

このページでは、フィリピンでチェーン展開しているホテル・GO HOTELS(ゴーホテルズ)を紹介します。

実際に宿泊してみて感じたメリットとデメリットを書いていますよ。

清潔感があって快適だけど細かな規則にやや難あり

GO HOTELはマニラにも数軒あるので、すべてのGO HOTELSが今回泊まったホテルと同じであるかは分かりません。

今回泊まったホテルに関してはこうだったという感じで読んでいただけると嬉しいです。

ぼくが泊まったのはGO HOTELS Mandaluyong(ゴーホテルズ マンダルヨン)です。

空港からはタクシーに乗って20分ほど(渋滞してなければ)の場所にあります。

空港からのタクシー運賃は約200ペソ。

ぼくはぼったくられたんでこれの数倍もお金がかかってしまいましたが…

まあそれは良いとして、GO HOTELSマンダルヨンはMRT3という高架を走る電車の駅のすぐ近くにあります。

近くにはショップモールがあって食事やちょっとした買い物には事欠きません。

MRT3の沿線には新興都市のマカティ、アジアでも最大級のショッピングモールMOAもあってアクセスもいいのが嬉しいですね。

ちょっと頑張れば古い街並みの残るマニラ市街へも行けます。

そんな便利な場所にこのホテルはあるんです。

メリット1.シンプルだけど最低限のものがあるので快適

GO HOTELは黄色と緑が基調となった明るいイメージのホテルです。

GO HOTELSのレセプション

なんかポップな感じがいいですね。

エレベーターはこんな感じ

GO HOTELSのエレベーター

エレベーターホテル内は結構さっぱりとしていて、必要なもの以外はあまり置かれていないような印象を受けました。

GO HOTELSのロビー

逆にこのさっぱりとした感じがいいですよ。

とてもすっきりとした館内です。

部屋もシンプルでさっぱりとしていますが、必要最低限のものは揃っているので滞在中にあまり困ることはなかったですね。

GO HOTELSの部屋

エレベーターこちらがトイレとシャワールーム

GO HOTELSのトイレ

ちゃんとトイレとシャワーは別れているので、シャワーした後にトイレがびちゃびちゃになってしまうこともありません。

シャワーだってちゃんと温水が出るし、手に持つシャワーヘッドの他に備え付けの大きなシャワーもあります。

二つのシャワーが完備

結構頭を洗うときに便利なんですよ、これ。

小さなテーブルはありますが、本当に小さいのでパソコン作業には不向き。

パソコンはベッドの上で座って使いました。

部屋にはミネラルウォーターも置かれていましたよ。

ミネラルウォーターもありました

テレビもありますよ。ほとんど見なかったんで日本の番組が映るかは分かりません。

テレビもあります

コンセントはこんな形です。

コンセント

マルチタイプのようで日本から持っていった充電器なんかはそのまま挿せました。

GO HOTELSはこんな感じの、シンプルにまとまった感じ。

全体的に若干不便を感じるかも知れませんが、全然快適に過ごせましたよ。

こちらは部屋からの眺め

GO HOTELSの客室からの眺め

メリット2. 他のホテルと比べると価格が低め

マニラのホテルで重視したのは価格です。

あまり予算がなかったんでできるだけ安いところに泊まりたかったんです。

ホテルの価格を比較できるサイトを見ていろいろと調べてみました。

ビックリするくらい安いところもあるんですが、そういうところはドミトリーがほとんど。

ドミトリーは大きな部屋にベッドが置いてあって一つの部屋を数人(4~6人くらいが多いかな)でシェアする部屋のこと。

今回はあまり人に干渉されたくなかったので、個室がいいということでGO HOTELを選びました。

現地の友達の薦めということもありましたが、比較的安くて清潔感のあるホテルだったので実際に泊まってみて良かったですよ。

ぼくが泊まった部屋は2ベットの部屋。

3泊したんですが、1泊あたり約3、000円でしたよ。

デメリット1. 部屋では飲食禁止

値段が休めなので良いところばかりではありませんでした。

もちろんデメリットだってありましたよ。

一番不便だと感じたのは、部屋の中で飲食ができないこと。

部屋の中にミネラルウォーターが置かれていたので水くらいは飲んでも良いんでしょうが、お酒を飲んだり食べ物を食べるのはNG。

お昼や夜は外で食べたので、そんなにめちゃくちゃ不便だったわけじゃないですが朝は少し面倒でしたね。

ただホテルの中でも客室内での飲食がダメなだけで、共用スペースではお酒を飲んでもご飯を食べてもOK。

各階にある共用スペース

GO HOTELSのロビー

ぼくは隣のコンビニで買ってきた朝ごはんを、ホテルのロビーやエレベーターを降りたところにある共用スペースで食べました。

共用スペースには自販機があってコーヒーなんかも買えるし、新聞も置いてあるのでまあまあ快適です。

共用スペースには新聞なども置かれていました。

共用スペース

お菓子やコーヒーの自動販売機

共用スペースの自動販売機

一番残念と思ったのは、寝る前に部屋でビールが飲めなかったことですかね。

ビールを飲むためだけに共用スペースまで行って、ささっとビールを飲んで部屋に戻りました。

ちょっとせわしなかったです。

デメリット2.部屋によってはWi-Fiが繋がりにくい

これは部屋によると思いますが、泊まる部屋の場所によってはWi-Fiが繋がりにくいことがありました。

ぼくが泊まった部屋は一番端の部屋だったんで、Wi-Fiの電波がかなり弱めでしたね。

部屋の中まで入ると完全にWi-Fiの圏外になってしまいました。

かろうじて繋がるのは入口のドア付近。

ネットする時は入口付近まで行ってやるか、共用スペースまで行ってました。

これに関してはもう一度言いますが、泊まる部屋の場所、ホテルによって違うはずなので運次第といったところでしょうかね。

とにかく安く個室に泊まるならGO HOTELS

GO HOTELSは比較的安い値段で個室に泊まれるホテルです。

ドミトリーならもっと安く泊まれるけど、個室がいい!というならこのホテルがおすすめです。

部屋の中で飲食ができないなど少し不便なところもありますが、トータルではそれなりに良いホテルでしたよ。

客室も清潔でシャワーもちゃんと出ましたし、ホテル全体として明るい雰囲気で過ごしやすかったです。

マニラでは主要な場所にホテルがあるので観光にも便利。

それなりに名の知れたホテルなので、タクシーに乗ってもホテル名を言えば迷わず行ってくれるのが何気に便利でした。