カンボジア カンボジアの生活

カンボジア人みたいに携帯2台持ちはじめました

投稿日:2014年6月22日 更新日:

カンボジアでは電話2台持ちはもはや常識。
スポンサー

カンボジアでは電話2台持ちは当たり前

ぼくの知っているカンボジア人はほとんどが携帯電話2台持ちです。ぼくも先日携帯電話をいただいたのでカンボジア人のように2台持ちをはじめました。

カンボジアでは電話2台持ちはもはや常識。

カンボジアでは電話2台持ちはもはや常識。

カンボジア人はなんで電話を2台以上持っているのか?友人に聞いてみたらこんな回答が。

  • 友人と家族で分けている
  • 特定の人だけに教える電話、誰にでも教える電話
  • キャリアを分けてかける相手によって使い分ける

以前も”カンボジア人の常識。相手の電話会社を知って電話代を節約しよう“で書きましたがカンボジアの電話も同じキャリア同士だったら通話料が無料になったり安くなったりするんですね。そういった意味でも複数の電話を持つ意味があるのです。

そしてなによりSIMカードが安い!安いものだと1ドルくらいで手に入ります。そして電話本体も安いんですよ。ぼくがもらった電話は白黒で通話とSMS、あとは電卓とかの機能しかない簡素なものです。これなら新品でも20ドルしないんです。中古で買ったら10ドル位で買えてしまうんですね。

1台しか持ってないように見えても実は2台持ち

最近の電話にはSIMピーと呼ばれるものがあります。SIMピーってなんだ?って思いますよね。これSIM2枚って意味です。ピーはクメール語で”2″です。一台の中にSIMが2枚入るんで2つの電話番号を使い分けることができるんです。便利ですよね。

ぼくの場合はバックアップ用

ぼくは何で2台持ちをはじめたかというと、もちろん友人が電話をくれたからです。実際には結構2台持ちは良いもんですよ。いままではスマホだけ持ってたんですがバッテリーがすぐになくなっちゃうんですよ。そして充電する場所もない場合とかバッテリーが切れたら電話できなくなってしまいます。少なくともこちらから発信できないのは困るわけです。そんな時このシンプルな電話は役に立つんです。一回フル充電したら1週間くらいバッテリーがなくなりません。いざという時のバックアップですね。実際に何度か助けられました。

ぼくの場合、スマホはCellcard、シンプル電話はMetfoneです。これで安心して田舎へも行けます。また2台持ちしてない人は是非はじめましょう!

-カンボジア, カンボジアの生活
-,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

日本語教室

プノンペンにあるひろしまハウスで日本語教室を見学したよ

ひろしまハウスで毎年日本語を教える友人 ぼくが青年海外協力隊でカンボジアにいた時に、同じJICAのシニアボランティアとしてプノンペンで活動をしていた友人がいます。彼女はボランティア時代からもプノンペン …

ローカル市場

カンボジアで一人暮ならローカル市場で野菜を買うべし

暑い日が続いているカンボジアですが、暑くて体力がすっかり奪われてしまうような日には無性にカレーが食べたくなります。日本からカレーのルーをたくさん持ってきているのでカレーを作ることにしました。 一人暮ら …

プノンペンで一番おいしいバイサイチュルーク。

屋台の食事も衛生的になってるよ。バイサイチュルークが美味すぎる

ここの朝食を食べないとカンボジアに来た気にならないんです このブログでも何回も紹介している朝だけ出てる屋台で食べるバイサイチュルーク(焼豚のせごはん)。ここのバイサイチュルークには本当に美味しくてぼく …

おすすめのカンボジア料理 – ソムローカリー

大家さんからから差し入れされたカレースープ つい先日、足を怪我してしまい歩くことに不自由しています。 それを知ってか大家さんが朝ご飯を作って部屋まで届けてくれました。これが今日の朝ご飯です。 カンボジ …

看板がリニューアルしたローカルで人気のカンボジアレストラン

鍋も食べられるようになったローカルレストラン

カンボジア料理が美味しい よく行くカンボジアのローカルレストランですが看板を新調していました。結構このレストランは地元の人たちに人気があっていつもお客さんでいっぱいです。平日だろうが休日前だろうが多く …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote