カンボジア カンボジアの生活

カンボジア人みたいに携帯2台持ちはじめました

投稿日:2014年6月22日 更新日:

スポンサー

カンボジアでは電話2台持ちは当たり前

ぼくの知っているカンボジア人はほとんどが携帯電話2台持ちです。ぼくも先日携帯電話をいただいたのでカンボジア人のように2台持ちをはじめました。

カンボジアでは電話2台持ちはもはや常識。

カンボジアでは電話2台持ちはもはや常識。

カンボジア人はなんで電話を2台以上持っているのか?友人に聞いてみたらこんな回答が。

  • 友人と家族で分けている
  • 特定の人だけに教える電話、誰にでも教える電話
  • キャリアを分けてかける相手によって使い分ける

以前も”カンボジア人の常識。相手の電話会社を知って電話代を節約しよう“で書きましたがカンボジアの電話も同じキャリア同士だったら通話料が無料になったり安くなったりするんですね。そういった意味でも複数の電話を持つ意味があるのです。

そしてなによりSIMカードが安い!安いものだと1ドルくらいで手に入ります。そして電話本体も安いんですよ。ぼくがもらった電話は白黒で通話とSMS、あとは電卓とかの機能しかない簡素なものです。これなら新品でも20ドルしないんです。中古で買ったら10ドル位で買えてしまうんですね。

1台しか持ってないように見えても実は2台持ち

最近の電話にはSIMピーと呼ばれるものがあります。SIMピーってなんだ?って思いますよね。これSIM2枚って意味です。ピーはクメール語で”2″です。一台の中にSIMが2枚入るんで2つの電話番号を使い分けることができるんです。便利ですよね。

ぼくの場合はバックアップ用

ぼくは何で2台持ちをはじめたかというと、もちろん友人が電話をくれたからです。実際には結構2台持ちは良いもんですよ。いままではスマホだけ持ってたんですがバッテリーがすぐになくなっちゃうんですよ。そして充電する場所もない場合とかバッテリーが切れたら電話できなくなってしまいます。少なくともこちらから発信できないのは困るわけです。そんな時このシンプルな電話は役に立つんです。一回フル充電したら1週間くらいバッテリーがなくなりません。いざという時のバックアップですね。実際に何度か助けられました。

ぼくの場合、スマホはCellcard、シンプル電話はMetfoneです。これで安心して田舎へも行けます。また2台持ちしてない人は是非はじめましょう!

-カンボジア, カンボジアの生活
-,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

結婚式

まだ結婚しないの?余計なお世話です。

まだ結婚しないのか? カンボジアと関わり初めてから3年以上になってるんですけど、初めの頃から変わらずに聞かれることがあるんです。 “まだ結婚しないのか?” 本当にこの手の質問が …

プノンペンの郵便局

カンボジアから日本へ手紙を出す方法

プノンペンの郵便局で投函できる カンボジアに限らず海外に行くと日本の友人などに葉書を出したりする人っていますよね。ぼくはちょうど日本の家に年賀状が届いたと連絡があったので、年賀状を頂いた方にお礼の手紙 …

クメール語のキーボード配列

クメール語キーボードで難解なクメール語入力を簡単に

クメール語入力にはキー配列を覚える必要がある カンボジアの人がクメール語を入力する時に使っているキーボードって英数字しか印字されていないどこにでもあるようなキーボードです。だから初めてクメール語を入力 …

遠く広がる森に夕日が落ちる景色は神秘的。

シェムリアップの夕日の名所プノンバケンには早く行かないと綺麗な夕日が見られません

シェムリアップ随一の夕日の名所 カンボジアに来てアンコールワットなどを観光して、最後のポイントは何て言っても夕日でしょう。どこまでも広がる森に夕日が落ちる様子が本当にきれいなんです。 良い夕日を見るた …

黄緑色で目立つWingの看板

Wingでお金を受けとる方法まとめ

Wingで送ってもらったお金を受け取る カンボジアではWingという送金システムを使ったお金のやり取りがとても活発なんです。街中いたるところに黄緑色したWingの看板を見ることができます。 黄緑色で目 …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote