同じ雨期でもいろんな表情を見せるんです

雨の時間で季節の移り変わりを感じる

日本には四季があり、私たちに様々な表情を見せてくれます。カンボジアでは雨期と乾期があり全く異なる景色を見せてくれます。今(9月後半)は雨期にあたり、約半年続いた雨期の終盤に差しかかる時期です。同じ雨期でも時期によって表情が少しずつ違ってきます。僕はカンボジアに来た8月は昼から夕方にかけてスコールが短期間に降っていたのですが、2ヶ月経った今は昼に短時間、夜に長時間の雨が降ります。こうした雨の降る時間によっても季節の移り変わりを感じることができるんですね。

ここ数日のプノンペンは本当に夜の雨が多くて、夕方6時頃から降り始めた雨が日が変わる12時あたりまでずっと降り続きます。そしてプノンペンのいたるところで水が溢れて洪水のようになってしまいます。乾期が待ち遠しい今日この頃です。

スコール後に現れた虹

スコール後に現れた虹