カンボジア カンボジアの生活

壊れたバイクをトゥクトゥクに押してもらって帰宅しました

投稿日:2014年12月8日 更新日:

スポンサー

トゥクトゥクはこんな使い方もできるのだ

先日乗ってたバイクが壊れたんです。それも夜に。こんな時間になかなかバイクの修理屋は開いてません。でもなんとか家に帰りたい。

トゥクトゥクをとりあえず呼んでバイクを載せちゃおうって思って運転手にお願いそたら快諾。よっしゃ、これで帰れるって喜んだのもつかの間、バイクが載らない・・・

がっかりしたんですけど諦める訳にはいきませんよ。そこで今度はぼくの乗ったバイクを運転手に後ろから押してもらうことに。

かなり周りの人からは変な目で見られましたけど無事に帰宅できました。

トゥクトゥクは結構いろんな使い方ができるので困ったらダメもとでお願いしてみましょう。意外に引き受けてくれるかも。

-カンボジア, カンボジアの生活
-

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

田舎に強いMetfone

カンボジア大手【Metfone】で月額12ドルのインターネット回線をひく

安くて信頼できるのはMetfone 今住んでいるアパートにはインターネット回線がありません。ぼくはインターネットがないと生きていけないような人なので、家にインターネットをひくことは極めて重要な問題です …

バレンタインにはきれいな花が街中に溢れます。

バレンタインにカンボジアに行く人は要注意。ホテルは満室です。

バレンタインはホテルが満室に もうすぐバレンタインですね。ところでカンボジアでもバレンタインはとても大切な日なんです。なんとプノンペンにあるホテルのホテルが軒並み満室になってしまうんですよ。その理由は …

ついにAEONの看板が出現

プノンペンにAEONの看板が出現 イオンモールプノンペン オフィスからずっと半年間イオンモールの建築現場を見てきましたが、本日とうとうAEONと書かれた看板がお目見えしました。今年半ばのオープンに向け …

カンボジアで日本の大家族制度を思う

自分が倒れても誰かがいるという絶大な安心感 ぼくが生活しているアパートには大家さんをはじめ、大家さんの親戚が住んでいます。 そして住居人のカンボジア人、日本人、その他の国の人たちが同じ敷地内で生活をし …

荷物を受け取る時には問い合わせ番号を忘れずに

問い合わせ番号がわからないと郵便局で荷物が受け取れませんよ

超重要な問い合わせ番号 荷物を受け取る時には問い合わせ番号を忘れずに カンボジアに住んでいて色々と日本の物が必要になったりするのですが、そういう時には日本からEMSとかで荷物を送ってもらうんですね。 …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote