人生は宇宙だ!

くらげのように漂い、いろんなものが混ざり合う。人生はまさに宇宙なのだ。

*

カンボジアでチップを払わないのでよく怒られます

      2016/12/05

  • カンボジアではチップは必要なのか?

    3年ほど生活してみて実感としてあるのはチップが必要か必要でないかは場所によるってことですね。

    20150513_Tip

    カンボジア人ばっかりのローカルなレストランではチップは不要。きっと他のお客も払ってないと思います。それに対して外国人向けのレストランやバーなんかではチップは必要。一緒に食事に行く友人はさりげなく会計の時にチップを渡してますね。スマートな支払い方に惚れ惚れします。

    反面、ぼくはよくチップを渡すのを忘れてしまってお叱りをうけます。”全然分かってない”とか散々の言われようですよ。だってチップの習慣がないんだから忘れてしまいますよ。最近ではあまりにも怒られすぎたせいもあって会計の時にはしっかりとチップを意識するようになりましたけどね。

    チップを渡す場面と金額

    ぼくがチップを払う場面と金額なんですが、大体こんな感じです。

    外国人向けレストランで食事

    10ドルくらいの食事だったら1ドルくらいを会計の時に多めに払います。お釣りをもらった時には1ドル分受け取りません。

    バー

    これも大体1ドルくらい。お釣りから1ドル分受け取らないって感じですかね。ショットバー(1杯ずつ支払う)の場合には最後にチップボックスに1ドルくらい入れます。チップボックスはほとんどのバーに置いてあるんで探してくださいね。大体バーカウンターの上かな。

    駐車場のスタッフ

    駐車料金を取られない店にバイクや車を停める場合には出る時にスタッフにお金を渡すのが一般的。バイクで500リエル、車で1000リエルくらいかな。

    ホテル

    ホテルやゲストハウスで荷物を運んでくれたスタッフに1ドルくらい渡します。

    サービスが最悪だったらチップを払わない

    そもそもチップっていうのは何なんでしょうか?調べてみたらこうありました。

    チップ(Tip)とは、サービスの利用に際し規定料金とは別に支払う、心づけの現金をいう。Gratuity とも。

    Wikipediaより

    だからサービスがあまりにも酷かった場合にはぼくはチップを払いません。反対にすごく心地良いサービスをしてくれた人には多く払うように心がけてます。心づけってそういうものでしょ?

    • 0
    • 0
    • 0

     - カンボジア, カンボジアの生活, カンボジア旅行 ,

  •   関連記事

    銀製品
    カンボジアってお土産何買ったらいいの?迷ったらロシアンマーケットへ行け!

    プノンペンでお土産買うならロシアンマーケット プノンペンに旅行に行った時にどこで …

    タマホームが作ったホテルが斬新すぎる

    前回タマホームがつくりあげたレストラン、バーD22を紹介しました。今回はホテルH …

    no image
    カンボジアでNexus4を買う

    Nexus4を使う事にしました 当然のことながらカンボジアでは日本のiPhone …

    モニボン通りとロシア通りの交差点付近。
    心あたたある警察官をカンボジアで見かけた

    カンボジアのやさしい警察官 カンボジアの警察官ってどんなイメージがありますか?ぼ …

    映画の舞台にもなったタ・プローム。ここも有名なポイントです。見たことのある人もいるんじゃないでしょうか。
    遺跡に絡まる樹木の迫力が凄すぎる。タ・プローム

    ガジュマルが遺跡に絡みつく姿が圧巻 今回ご紹介するタ・プロームはアンコールワット …

    プノンペンの夜は危険。危ない場所には近づかないのが基本ですよ。

    リスク管理は本当に大事ですよ カンボジアって以前に比べてずいぶん安全になったと言 …

    田舎に強いMetfone
    カンボジア大手【Metfone】で月額12ドルのインターネット回線をひく

    安くて信頼できるのはMetfone 今住んでいるアパートにはインターネット回線が …

    ラ王
    気持ちが落ち込んでいる時に食べる日本食は格別

    嬉しい差し入れ 実はここ数日ずっと気分がすぐれないのです。しかしここは頑張ってブ …

    カンボジアの朝食の定番!クイティウの種類と食べ方を解説するよ

    カンボジアの朝食の大定番・クイティウは大まかに3種類 カンボジアで朝ご飯の定番の …

    カンボジアで日本の大家族制度を思う

    自分が倒れても誰かがいるという絶大な安心感 ぼくが生活しているアパートには大家さ …