カンボジア カンボジアの生活 カンボジア旅行

カンボジアでチップを払わないのでよく怒られます

投稿日:2015年5月16日 更新日:

スポンサー

カンボジアではチップは必要なのか?

3年ほど生活してみて実感としてあるのはチップが必要か必要でないかは場所によるってことですね。

20150513_Tip

カンボジア人ばっかりのローカルなレストランではチップは不要。きっと他のお客も払ってないと思います。それに対して外国人向けのレストランやバーなんかではチップは必要。一緒に食事に行く友人はさりげなく会計の時にチップを渡してますね。スマートな支払い方に惚れ惚れします。

反面、ぼくはよくチップを渡すのを忘れてしまってお叱りをうけます。”全然分かってない”とか散々の言われようですよ。だってチップの習慣がないんだから忘れてしまいますよ。最近ではあまりにも怒られすぎたせいもあって会計の時にはしっかりとチップを意識するようになりましたけどね。

チップを渡す場面と金額

ぼくがチップを払う場面と金額なんですが、大体こんな感じです。

外国人向けレストランで食事

10ドルくらいの食事だったら1ドルくらいを会計の時に多めに払います。お釣りをもらった時には1ドル分受け取りません。

バー

これも大体1ドルくらい。お釣りから1ドル分受け取らないって感じですかね。ショットバー(1杯ずつ支払う)の場合には最後にチップボックスに1ドルくらい入れます。チップボックスはほとんどのバーに置いてあるんで探してくださいね。大体バーカウンターの上かな。

駐車場のスタッフ

駐車料金を取られない店にバイクや車を停める場合には出る時にスタッフにお金を渡すのが一般的。バイクで500リエル、車で1000リエルくらいかな。

ホテル

ホテルやゲストハウスで荷物を運んでくれたスタッフに1ドルくらい渡します。

サービスが最悪だったらチップを払わない

そもそもチップっていうのは何なんでしょうか?調べてみたらこうありました。

チップ(Tip)とは、サービスの利用に際し規定料金とは別に支払う、心づけの現金をいう。Gratuity とも。

Wikipediaより

だからサービスがあまりにも酷かった場合にはぼくはチップを払いません。反対にすごく心地良いサービスをしてくれた人には多く払うように心がけてます。心づけってそういうものでしょ?

-カンボジア, カンボジアの生活, カンボジア旅行
-,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

KFCのメニュー。わさびって日本語で書いてある。

KFCのわさびチキンバーガーは結構いける

カンボジアにあるグローバルなファーストフード店と言えばまず思い浮かぶのはKFC。そんなKFCがカンボジアでわさびバーガーを販売していると聞いたので食べてきました。 販売しているわさびバーガーは2種類。 …

カンボジアの朝食と言えばこれだ!バイサイチュルーク

カンボジアの定番朝食「バイサイチュルーク」 カンボジアの朝ごはんと言えば以前紹介したクイティウと、今回紹介するバイサイチュルークです。 この料理は一体何なのかというと、焼いた豚肉をご飯に載せてたもので …

豪華なバースデーケーキ。30ドル。

バースデーケーキはパン屋で買うのが一般的

カンボジア人はパン屋でバースデーケーキを買う カンボジアの人はバースデーケーキをパン屋で買うのが一般的なんです。日本だったらケーキ屋があるけどカンボジアにはもともとケーキ屋はないんですね(最近はできて …

プノンペンの携帯電話マーケットのカオス具合が凄い

プノンペンの秋葉原? こっちで買ったNexus4なんですがAndroidのバージョンアップが出来ずに、店に行っても無理の一点張りという状況になってしまいました。個人的にはアップデートできない電話を使う …

カンボジアでも買える小型変圧器

海外で日本の電化製品を使いたい。変圧器はカンボジアで買えますよ。

変圧器を持ってこなくても大丈夫 今の時代日本の製品でも多くが海外の電圧にも対応しているんですが、時々100Vしか対応していない製品をカンボジアに持ってきてしまうこともあるんです。そんな時に必要なのも変 …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote