カンボジア シェムリアップ観光 ビーチリゾート プノンペン観光

カンボジアの移動に絶対ゴールデンバイヨンをおすすめする5つの理由

投稿日:2013年11月16日 更新日:

スポンサー

快適な移動が可能になったカンボジア

ここ2、3年の間にカンボジアの移動手段は様変わりしました。以前はボロボロのバスに揺られて大変な思いをしないと遠くに行けなかったものが、今では新しい移動手段が増えて快適な移動が可能になってきているのです。

そんな中僕が最近よく利用しているのは”ゴールデンバイヨンエクスプレス“です。バスと比較すると非常に快適に移動できる素晴らしい交通手段なので絶対おすすめです。

ゴールデンバイヨンエクスプレス

ゴールデンバイヨンエクスプレス

ゴールデンバイヨンエクスプレスとは

日系の交通会社で、プノンペン、シェムリアップ、シアヌークビル、バッタンバンの4都市を結ぶ路線を持っています。料金も片道10ドルと良心的な価格。シェムリアップにはゲストハウス、バッタンバンにはカフェもあります。
路線は4路線

  • プノンペン 〜 シェムリアップ
  • プノンペン 〜 シアヌークビル
  • プノンペン 〜 バッタンバン
  • シェムリアップ 〜 バッタンバン

5つの素晴らしいポイント

早い

バスと比べて人数が少ないため休憩時間が短く、休憩回数も少ないので早く目的地に着くことができます。またバスの場合、出発直後や到着直前に関係のない場所でお客を乗せたり降ろしたりしてひどく時間がかかったりするものです。ゴールデンバイヨンの場合にはそれがないのでずいぶん早く到着することができるんですね。

快適

一般的なバスは車内でとんでもない爆音でずっとカラオケやお笑い番組が流されており、まったく快適な旅ができません。寝たくてもうるさい音楽に睡眠を妨害されるんです。

さらに強烈なエアコンの存在も不快そのもの。厚手の長袖を着ないと耐えられないそうな温度になったり、逆に熱中症になりそうなほどエアコンが効かなかったり、さらには天井から水が降ってくることも。これではまったく快適な旅行はできませんよね。ゴールデンバイヨンではそんな心配無用です。

フリーWi-Fi

なんと車内でWi-Fiが使えるんです!長時間の移動でもネットが使えれば耐えられます。バスにはこんなサービスありません。

ポイントカード

乗車するたびにスタンプがもらえるポイントカード制度があります。10回乗車したら1回無料またはオリジナルTシャツがもらえます。

団体割引

5〜9人で予約すると5%割引、10人以上で予約すると10%割引です。団体旅行で貸し切ってしまったらお得ですね。

バスに比べて数ドル値段は少し高くなりますが、この値段の差でこれだけの恩恵を受けられるのであればゴールデンバイヨンを利用しない理由がありません。是非プノンペン、シェムリアップ、シアヌークビル、バッタンバンに行かれる時には利用してみてはいかがでしょうか。絶対におすすめです。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
ルートを検索

-カンボジア, シェムリアップ観光, ビーチリゾート, プノンペン観光
-, , , ,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

ホールの中ではお坊さんがお経を唱えたり話をしたりします。

カンボジア好きなら一度は見ておきたい!お寺の朝の光景

ごはんが集まってくる寺院 カンボジアの多くの人は仏教徒。カンボジアの街にはたくさんの寺院があり、街を歩けば多くのお坊さんを見かけます。イベントなどには必ずと言ってもいいほどお坊さんが出席することから、 …

プノンペンの水道水は飲めます。

プノンペンの水道は飲めますよ

ぼくは水道水を飲んでますがお腹こわしません プノンペンの水道って言ったらどんなイメージを持っていますか?汚いとか細菌がいるとかそんなマイナスなイメージを持っている人が多いんじゃないですか?はっきり言い …

カンボジアでは賄賂を渡すと仕事が速い!

賄賂を渡さないと何もしてくれない国 カンボジアって日本人の感覚からすると信じられないくらいの賄賂社会なんです。ぼくが色んな人から聞いた話ではこんな感じです。 通常なら2ヶ月以上かかるパスポートの発行が …

工事現場で朝食を作る女性。

カンボジアのぶっとんだ建設現場

建築現場で食事をつくる カンボジアではビルなどの建設の際に、家族で現場にやってくることが多いんです。近所のビルの建築現場では食事時になると女性が現場ないで料理をはじめるんですよ。日本じゃ考えられないで …

【後編】家さえも捨てて単身カンボジアへ!香川の元看護師・楠川富子さんの活動を見てきたよ

カンボジアでうどんハウスプロジェクトをされている楠川富子さんの活動紹介の後編です。 前編ではうどんハウスプロジェクトやカンボジアの医療の現状などについて書きました。 【前編】家さえも捨てて単身カンボジ …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote