プノンペン観光 ホテル

【閉店】プノンペンの白すぎるおしゃれホテル – ル ブラン ブティック ホテル

投稿日:2013年11月8日 更新日:

スポンサー

プノンペンのおすすめホテルはどこ?

今日はホテル見学に行って来たのでその話をしようと思います。プノンペンに住んでいるとおすすめのホテルはどこか聞かれることがとても多いです。しかしプノンペンに住んでいたらホテルに泊まる機会ってそうそうないわけで、いつも返答に困ってしまうんですね。

どうしたらプノンペンに住んでいながらプノンペンのホテルの事を知ることができるのか。お金をかけずにホテルを知るにはどうしたらいいのか、そのことをずっと考えてきたのです。

今日その答えが見つかりました。実際に行って部屋を見せてもらったら良いのだと。 さっそくターゲットのホテルへ向かいます。向かう先はル ブラン ブティック ホテル。プノンペンの高級住宅街ボンケンコンの中にあるホテルです。

このホテルおしゃれで静かで最高です!

おすすめはスイートルーム

特におすすめはスイートルームなんですよ。部屋に入ると目に入るのは書斎スペース。できるビジネスマンはスイートルームでもしっかりと仕事をこなします。さらに奥へ進むと部屋のど真ん中にバスタブが。これは落ち着きませんね。そしてシャワーブーストとトイレもここにあります。

部屋の真ん中におかれたバスタブ。落ち着きません。

部屋の真ん中におかれたバスタブ。落ち着きません。

そしてさらに奥へ行くとベッドルームです。大きなベッドに大きなテレビ。エアコンも3台もついてるのでどんな暑い日でもバッチリです。 このスイートルームは1泊300ドルです。

白が基調のスイートルーム。窓からプールが見下ろせます。

白が基調のスイートルーム。窓からプールが見下ろせます。

フロントの前にあるプール。

フロントの前にあるプール。

もちろん普通の部屋も十分快適です。スイートルームと同じく白が基調のちょうど良いサイズの部屋に、ベット、大きなテレビ、シャワールーム、クローゼットがついています。大きめの窓があるので開放的なのも良いですね。

開業1年の新しいホテル

このホテルはまだ開業して1年ということでとても綺麗。白を基調としたホテル内は色々なところで他のホテルとは違っています。丸みを帯びた感じの廊下、フロントの前にあるプールなど独特な雰囲気を醸し出しているんです。こんなデザインのホテルを作るなんてどんな人だろうと思っていたら、何とオーナーはカンボジア人とのこと。正直ビックリしました。

静かさが最大の売り

ル ブラン ブティック ホテル最大の売りは、静かなこと。 ホテルの住宅地なので夜になると本当に静かです。そしてホテル自体も9部屋しかないので人も少なく静かに過ごせますよ。
ホテルの特徴とも言える”白”や斬新さが苦手という人もいるとは思いますが、こぢんまりとした静かなこのホテルでの滞在は一度経験してみてはいかがでしょうか。

ル ブラン ブティック ホテルを予約する

-プノンペン観光, ホテル
-,

執筆者:

「プノンペン観光」のオススメ

クルーズ船。貸し切りの場合はこれより少し小さな船になります。

ボートを20ドル程で貸しきってしまえば特別なクルーズが楽しめますよ

なんとボートが20ドルで貸し切れてしまう プノンペンはトンレサップ、メコン、バサックという大きな3つの河が交わる場所にあります。そしてこの大きな河を1時間ほどで巡るクルーズが観光客や地元の人たちに人気 …

レインボーカラーにライトアップされたVATTANAC CAPITAL

レインボーに輝くVATTANAC CAPITAL!

レインボーカラー いやぁびっくりしましたよ!プノンペンにそびえ立つVATTANAC CAPITALですが何と夜になるとレインボーカラーにライトアップされるんです。それはもう目立つ目立つ。経済成長著しい …

部屋からの夜景

プノンペンのディープなホテル・オルセーホテルをご紹介します

今まで恐ろしくて近づけませんでした カンボジアの庶民の味方オルセーマーケット。このブログでも度々登場しているオルセーマーケットですが、この市場の上にホテルがあるというのは以外に知られていないことです。 …

3号線の市バス

プノンペン空港から市内までたったの40円!空港から市バスに乗る方法徹底解説

プノンペン空港からプノンペン市内へ市バスを使って行く方法を紹介しています。 空港出てから バス停への行き方や乗車・降車方法。市バスを使うことのメリットデメリットについてもふれています。

プノンペンの夜は危険。危ない場所には近づかないのが基本ですよ。

リスク管理は本当に大事ですよ カンボジアって以前に比べてずいぶん安全になったと言われます。ぼくなんかは2011年に初めてカンボジアに来たので治安の悪いカンボジアは知りません。でも古くからいる人たちに話 …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote