ワットプノン。

プノンペンの由来となった由緒ある場所「ワットプノン」の見どころを紹介するよ

プノンペンのメインストリート・ノロドム通りを北に進むと目に飛び込んでくる小高い丘。

この丘の上にあるのが「ワットプノン」です。

ワットプノン正面

このページではプノンペン観光名所としても有名な、このワットプノンを紹介しますね。

プノンペンの歴史が詰まったこの場所は、観光地としては欠かせませんよ!

プノンペンの中心・ワットプノンの見どころ

ワットプノンの見どころはこの3つ。

  • 丘の上に建つお寺
  • 正面の時計
  • ペンおばさんの像

まず丘の上にあるお寺を見学してから、まわりを散策。

そして最後にペンおばさんの像を見るという順序でまわるといいですよ。

全部見てまわるのに1時間くらいあれば大丈夫。

それほど広い場所じゃないので、結構サクッと見て回れます。

ワットプノンはペンおばさんが仏像を安置したとされる場所

ワットプノンは歴史的にとても重要な場所なんです。

プノンペンはある伝説から始まります。

時をさかのぼること1372年、「ペン」という名前の女性が4体のブッダの像を河辺で発見しました。

そして彼女はその4体の像を、現在ワットプノンがある丘に安置したんです。

そしてのちに、この場所にお寺が建てられました。

そのお寺が丘の上に建つ「ワットプノン」なんです。

ワットプノン正面

「ワットプノン」とはカンボジア語で「丘の寺」という意味。

ワット:寺
プノン:丘

そしてカンボジアの首都である「プノンペン」という名前は、仏像を発見した女性「ペン」と、このお寺の建つ丘「プノン」から来ています。

つまり「プノンペン」は「ペンおばさんの丘」という意味で、まさにワットプノンのあるこの場所のことなんです。

この場所を訪れるのは、まさにプノンペンの歴史に触れると言っても過言じゃありません。

実際に多くのカンボジア人はこの場所を訪れて、学業やビジネスの成功や、人生の幸せなんかをお願いしていますよ。

チケットを購入して中へ入る

ワットプノンがある場所はプノンペンの少し北側。

メインストリートのノロドム通りを北へずっと進んだところです。

ノロドム通りはワットプノンのある丘を中心に丸い形になっています。

ワットプノンに入るのは外国人は有料。

昔は丘の上に建ってるお寺だけ有料だったんですが、今はその周辺に入るのにもお金がいります。

チケットカウンターはワットプノンの東側です。

ちょうどこの辺りですね。

これがチケットカウンター。

ワットプノンのチケットカウンター

外国人は1ドルです。カンボジア人は無料で入れます。

ワットプノンの入場案内

ワットプノンのチケット。

ワットプノンの入場チケット

歴史的な場所だよ。っていう案内が建ってました。

ワットプノンの案内

この階段を上って、丘の上に建つお寺へ向かいましょう。

丘の上へ続く階段

途中にはこんな美しい彫刻も。

ワットプノンの外にある彫刻

ワットプノンの壁にはこんな彫刻がいっぱい。

ワットプノンの外にある彫刻

躍ってるのかな?

ワットプノンの外にある彫刻

太鼓のようなものもありました。

太鼓のようなもの

これがお寺の外観です。

ワットプノンの外観

丘の上にあるお寺は鮮やかな内装と仏像の数々がみどころ

お寺の正面に立ちます。

正面から見るとこんな感じですよ。

ワットプノンの正面

さっそく中へ。

一歩中に入ると、きらびやかな装飾に圧倒されます。

ワットプノンの内側

正面には大きな黄金の仏像。そして天井や壁を隙間なく埋め尽くす壁画が圧倒的ですね。

王宮と違って、ワットプノンは建物内の写真撮影は自由にできます。

お線香も置いてあるので火をつけてお祈りできますよ。

お線香をあげてお祈りするんですけど、カンボジアのやり方があるので他の人と同じようにやりました。

お祈りの仕方
  1. 正座する
  2. 顔の前で手を合わせる
  3. 両手をそのまま床へつけて頭を下げる(座礼)
  4. 2と3の動作を3回行う

手を合わせる時には顔の位置より少し高くした方が良いと思います。

カンボジアは相手によって手を合わせる位置が変わるんです。

目上の人になればなるほど高い位置で手を合わせます。

仏様に手を合わせるので、手は高い位置で合わせるのがいいですね。

大きな仏像

これらの壁画はカンボジアの歴史を表しているんでしょう。

ワットプノンの建物の内側に描かれた絵

これだけ見てもぼくにはよく分かりませんでした。ガイドがいるともっと深く楽しめそうですよね。

ワットプノンの建物の内側に描かれた絵

ひときわ目を引くのがこちら。緑の服を着た像です。

緑の服を着た像

特別な像なのかな?

手を合わせてお祈りしている人がいました。

お祈りをする人

大きな仏像の裏側にも回れます。

大きな仏像のまわりには小さな仏像がたくさん。

たくさんの仏像が置かれている

仏像の背後には展示ケースに入れられた仏像がたくさんあります。

たくさんの仏像が展示されている

仏像を裏側から見上げてみました。天井も高くてとても神聖な空気に満ちていますね。

仏像の裏側からの光景

ワットプノンの周囲を歩く

お寺を見たら、建物のまわりを歩いてみましょう。

建物のすぐ近くにはとても目立つ白い尖塔が。

ワットプノンにある白い尖塔

ワットプノンを遠くから見た時にまっさきに目に入ってくる、とても目立つ建物です。

夜になるとライトアップされて、暗闇に浮かび上がる白い尖塔がとても印象的。

小高い丘の上から南の方を見下ろしてみましょう。

小高い場所からノロドム通りを見下ろす

木々の向こう側に見えるのがノロドム通りです。

お寺の北側の小さな階段を少し降りると、こんな小さな建物があります。

これはお土産屋さん。とても小さなお店なんですけどカンボジアらしいものが売ってあるので立ち寄ってもいいかも。

小さなお土産もの屋

一番下まで降りてきました。

チケットカウンターのあるあたりには小さな露天が出てます。

ワットプノンの入口付近

ドリンクや花を売るお店、そしてこの写真にある小さなカゴのようなもの。

なんだかわかりますか?

これはスズメ屋さん。

ワットプノンの入口近くにあるスズメのお店

カゴの中にはスズメがたくさんいました。

一体何をするのか分かりませんが、すずめを売ってました。

鳩もたいに放鳥するのかな?

ワットプノンの丘のまわりはこんな感じで遊歩道になってます。

緑に囲まれた歩道

緑がいっぱいなので歩いていてとても気持ち良いですよ。

とてもきれいな白い花。フランジパニっていうらしいです。カンボジアではよく見かけます。

白いきれいな花

手工芸品のセンターみたいです。

工芸品センター

ワットプノンの南側。目の前をまっすぐ走っているのがノロドム通りです。

ワットプノン正面からノロドム通りを見る

結構交通量が多くて賑やかな通りですよ。

道を横断するのはちょっと怖いけど。

正面には豚のオブジェがありました。

干支をかたどったオブジェ

これを撮影したのが2019年なので、干支に合わせて豚のオブジェがあったんですね。

ちなみに日本では干支は「イノシシ」ですが、カンボジアをはじめ海外の多くでは「豚」なんです。

目力がありますね。

豚のオブジェの目

ワットプノンを南から見るとこんな感じに見えます。時計と白い尖塔がとても目立ちます。

豚と時計

ペンおばさんの銅像

プノンペンの名前の由来ともなった「ペンおばさん」。

彼女の像がワットプノンのすぐ近くにあるので、一緒に見るのがオススメです。

ワットプノンの南西にある広場。ここにペンおばさんの像があります。

ペンおばさんの像

かなり黒いので顔の表情があまりわかりませんね。

ペンおばさんの銅像

カンボジアの友人に聞くと、ペンおばさんもとても大事な人らしくて像の前でお祈りしてました。

ペンおばさんの像はこちらです。

CAFE DE PHNOM PNEHで一休みしよう

ワットプノンはそれほど広い場所じゃないんですが、階段を上ったりしたのと暑かったので結構疲れてしまいました。

ちょっと一休み。

ということで、ワットプノンのすぐ側にあるおしゃれなカフェ「CAFE DE PHNOM PNEH(カフェ ド プノンペン)」でコーヒーを飲みましたよ。

Cafe DE Phnom Penhの外観

ガラス張りの店内は明るくて冷房もバッチリ効いてます。

Cafe DE Phnom Penhの店内

イスやソファーなどその時の気分で席を選べるのもいいですね。

Cafe DE Phnom Penhの店内

カウンターの席にはパソコンでゲームに熱中している若い方も。

もちろんフリーWi-Fiがあるので、オンラインゲームだってし放題。

このお店はドリンク以外にも、ランチなども食べられます。

ぼくが選んだのはカフェラテ。

Cafe DE Phnom Penhのカフェラテ

カンボジアのコーヒーって砂糖や練乳がドバドバ入っていて、めちゃくちゃ甘いイメージがあるんですが、こういうカフェは違いますよ。

おしゃれなカフェのドリンクは、基本的にはじめから砂糖は入っていないものが多いんです。

甘くしたかったらシロップを入れてください。

いくつかドリンクメニューを紹介しますね。

これは冷たいドリンクメニュー。

Cafe DE Phnom penhの冷たいドリンクメニュー

アイスコーヒー(Americano)が2.4ドル、カフェラテで2.6ドル。

2ドル台で冷たいドリンクが飲めるので、まあお手頃ですね。

次はホットドリンク。

こちらはサイズが2種類あります。

小さいドリンクなら2ドル台、大きなドリンクは3ドル台がほとんどです。

Cafe DE Phnom Penhのホットドリンクメニュー

フラッペもありますよ。

いろんな種類がありますが、どれも2.85ドルです。

Cafe DE Phnom Penhのフラッペメニュー

あまりにも快適だったんで、ソファーで寝てしまうところでした。

ワットプノンとプノンペンの他の観光地

プノンペンでは欠かせない観光地「ワットプノン」を紹介しました。

WAT PHNOM(ワットプノン)

住所Norodom Blvd, Phnom Penh, Cambodia
営業時間7:00~18:30
入場料1ドル(外国人)
WEBサイトWat Phnom | Ministry of Tourism Cambodia

この辺りはフランス統治時代の歴史的な建物が残っている場所で、近くには郵便局もあります。

カンボジアから日本へ手紙を出すのもいいんじゃないですか?

カンボジア・プノンペンから日本へ手紙を出す方法

プノンペン郵便局

そのままリバーサイドに行けばボートクルーズも楽しめますよ。

リバーサイドには、この他にも「王宮」やカンボジアでも由緒ある寺「ウナロム寺」もあります。

ぜひ、いろいろと名所を巡ってみてください!

プノンペンの観光などはこちらのページにまとめています。