カンボジア カンボジアの生活 カンボジア旅行

要注意!暑いカンボジアで長時間外にいると熱中症になります

投稿日:2014年5月5日 更新日:

水
スポンサー

カンボジアの暑さをなめたらいけません

カンボジアは3月から5月が一番暑い季節で、朝の8時頃には突き刺すような太陽の光が降り注ぎます。ほんとうに太陽が痛いんです。そんな暑すぎるカンボジアでは昼間長時間外に出ることをおすすめしません。

先日買い物をするためにローカル市場に行って酷い目にあってしまったのでご紹介します。その日はとても暑かったんですが市場に屋根があるから大丈夫だろうと思ってました。ところがこの市場全然風通しがよくないんです(基本的にカンボジアのローカル市場は風通しは良くないです)。日陰なのに体力がどんどん奪われていきます。汗もダラダラかき歩く事さえ困難になってしまったんです。まさに熱中症だと思いましたね。

症状が現れるまでものの30分ほど。急いで市場内で飲み物を買って飲んだんですがなかなか収まりません。結局クーラーの効いた部屋に移動してなんとか回復したんですが結構大変でした。

カンボジアで外出する時には注意すべき点を考えてみました。

  • 外出時間そのものを短くする。または時間帯を早朝、夕方に変更する。
  • 日向に行く時には帽子を被る。
  • 水は常に持ち歩く。
  • 少しでも疲れを感じたら無理せず休憩する。
  • 塩分を採る。
  • 体を冷やすグッズを使う

-カンボジア, カンボジアの生活, カンボジア旅行
-

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

朝には多くのお坊さんが托鉢で街を回ります。

お坊さんの托鉢を見よう

お坊さんは朝には托鉢で街を回ります カンボジアは仏教徒がとても多い国で、お坊さんもとても多いのです。朝になると街の至る所でお坊さんが托鉢のため街中を歩く光景を見ることができます。彼らは街中を歩き軒先に …

工事現場で朝食を作る女性。

カンボジアのぶっとんだ建設現場

建築現場で食事をつくる カンボジアではビルなどの建設の際に、家族で現場にやってくることが多いんです。近所のビルの建築現場では食事時になると女性が現場ないで料理をはじめるんですよ。日本じゃ考えられないで …

スコール後の道は危険がいっぱい!カンボジアの悪路を行く

危険1.見えない穴に落ちないように。恐怖の帰宅 カンボジアの9月は雨期真っ只中。連日昼から夜にかけてスコールがあります。 急に空に真っ黒な雲が広がり、冷たい風が不気味に吹き始めます。そして遠くの空には …

プノンペンのグリーンティーカフェ នស២រ

グリーンティーブーム 僕の中でカンボジアの飲み物と言ったら、コーラ、コーヒーが真っ先に思いつくのですが、最近のカンボジアではグリーンティーが密かなブームのようです。先日プノンペンのとあるグリーンティー …

カンボジアでKindleストアから本が購入できずに泣きかけた

海外でも日本の本が手軽に読めるKindle最高 カンボジアでは日本の本を購入することができません。ネットで情報が得られる時代とはいえ本が読みたい時だってありますよね。そういう訳で、今さらではありますが …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote