シェムリアップ観光 海外旅行

カンボジアと言えばアンコールワットでしょ!

投稿日:2013年7月28日 更新日:

スポンサー

行って良かった観光地No1ですよ

カンボジアと言えばアンコールワットと言われるくらい超有名観光スポット。「行ってよかった海外観光スポット」で堂々の第1位を獲得した世界遺産です。

アンコールワット撮影のベストポジション

アンコールワット撮影のベストポジション

写真にあるアンコールワットですが、この遺跡以外にもアンコールトム、タプロームなど数多くの遺跡が存在し、1日ではとても回りきれないほど遺跡が充実しています。

アンコールトム・バイヨン

アンコールトム・バイヨン

 

この遺跡群(アンコールワットを含む周辺の遺跡)に入るためにはチケットが必要で、チケット売り場で購入する必要があります。1日券が20ドルで、その他にも複数日使えるチケットも販売されています。

チケットはすぐに発行され、チケットには顔写真が載っているので、その人しか使うことができません。 夕方にチケット売り場で翌日分のチケットを買うことで、購入当日の午後4時半から遺跡に入ることができるのでちょっとだけお得です。

遺跡は5時に閉まるので大急ぎで行かないと間に合いませんが。僕は一度その方法でタプロームに行こうと思ったのですが、タプロームまでの距離があったため5時に間に合わず入れなかった苦い思い出があります。行くならアンコールワットなど近場の遺跡が良いかもしれません。

映画の舞台にもなったタ・プローム。ここも有名なポイントです。見たことのある人もいるんじゃないでしょうか。

映画の舞台にもなったタ・プローム。ここも有名なポイントです。見たことのある人もいるんじゃないでしょうか。

アンコールワットの一番の目玉は、なんと言っても朝日です。ホテルを夜が明けないうちに出発してアンコールワットに入ります。一番外の堀を通り、ゲートをくぐります。そこから5つの尖塔のある寺院本体までまっすぐな道が続きます。途中左手に小さな建物があるのでそのあたりを道から外れていくと池があるのですが、ここが朝日鑑賞のベストポジションです。アンコールワットに昇る太陽と池に反射するアンコールワットがとても美しいのでおすすめです。

このポイントは昼間も絶好の写真撮影ポイントで、多くの観光客で賑わいます。アンコールワットにお越しの際には是非とも行ってみてください。

-シェムリアップ観光, 海外旅行
-,

執筆者:

「シェムリアップ観光」のオススメ

【カンボジア赴任準備】カンボジアに3年住んでいたぼくがおすすめする「日本から持って行くべきもの」まとめ

こんにちは、カンボジアに3年間住んでいたmoriです。 今回は仕事などで長期間カンボジアに住むあなたに向けて、日本から持って行くべきものを紹介したいと思います。 逆に、日本から持って行って失敗したとい …

中国東方航空

上海・浦東空港は大丈夫なのか?また遅延したのだ

またもや機内で2時間待ち カンボジアとカンボジアの行き来でよく利用する中国東方航空ですが、またやってくれました。以前のような4時間待ちとまではいかないにしても出発する機内で2時間も待つ羽目に。 前は何 …

国際線乗り換えの案内表示

クアラルンプール国際空港(KLIA2)で国際線を乗り継ぐ方法

クアラルンプール国際空港(KLIA2)で国際線を乗り継ぐ方法です。大きな空港なのですが乗り継ぎ時間はそれほどかかりませんでした。ただし2度のセキュリティチェックなど少々面倒くさい部分もありますよ。そのあたりも細かく紹介しています。

ロンドン・ヒースロー空港

イギリスに行く人はちょっとくらい英語ができたほうがいい。入国審査で質問攻め。

入国審査で質問攻め イギリスに行く人は英語が少しくらいできた方が良いですよ。入国審査官が結構厳しい! 今までいろんな国に行ってきましたがほとんどの国では一言も話す必要がありませんでした。パスポートを出 …

映画の舞台にもなったタ・プローム。ここも有名なポイントです。見たことのある人もいるんじゃないでしょうか。

遺跡に絡まる樹木の迫力が凄すぎる。タ・プローム

ガジュマルが遺跡に絡みつく姿が圧巻 今回ご紹介するタ・プロームはアンコールワット、アンコールトムと並んで必ずといっていいほど訪れる定番遺跡です。この遺跡の最大の特徴は遺跡に絡みつき飲み込まんばかりのガ …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote