歯を見せて微笑むデバター。知る人ぞ知る隠れた名所です。

アンコールワットの隠れた見所はたった1体しかない歯を出して笑うデバター

こんにちは、カンボジアに毎年行くレイです。

カンボジアといえば間違いなくアンコールワットですよね。

カンボジアはあまり知らなくても、アンコールワットといえばみんな知ってるめちゃくちゃ有名な世界遺産です。

アンコールワット

このアンコールワットはとても大きくて数々の見どころがあります。

そうした見どころの中でも、あまり知られていない穴場的な名所を紹介しますね。

アンコールワットにたった1体しかない歯をだして微笑むデバター

アンコールワットの中には数々の彫刻があって、女神・デバターの彫刻もたくさんあるんです。

女神・デバターの彫刻

アンコールワットの中にはデバターの彫刻がいたるところにあるんですが、たった一箇所だけ特別なデバターがあります。

それは歯を出して微笑むデバター

他のデバターはこんな感じで口を閉じて微笑んでいます。

口を閉じているデバター

でも特別なデバターは口を少し開けてにっこりと微笑んでるんですよ。

その特別な歯を出して微笑むデバターがこちら。

歯を出して微笑むデバター

顔をアップで見てみましょう。

歯を出して微笑むデバターの顔

口元をよく見ると口が開いているのがわかりますよね。

その表情は他のデバターと比べてずっと柔らか。

やさしく微笑むとっても優しいデバターです。

微笑むデバターのある場所

アンコールワットはとても広いので、この広大な寺院のどこに歯を出して微笑むデバターがあるのか歩いて探すのはとても大変。

はじめてアンコールワットに行った時、歯を出して微笑むデバターのある場所を調べなかったんですよね。

歩いて探したら見つかるだろう。

残念ながら見つけられませんでした。

こんなに広いアンコールワットの中、さらにデバターの案内板なんてなにひとつありませんから当然の結果です。

歯を出して微笑むデバターを見たいなら、しっかりと場所を確認していきましょう!

それでは歯を出して微笑むデバターに会いに行く方法を紹介しますね。

実はこのデバター、アンコールワットの入口すぐ近くにあったんです。

まさかこんなところに!

意外すぎましたよ。

こちらがアンコールワットの入口。

アンコールワットの入口

堀の真ん中をアンコールワットに向けてまっすぐに伸びる道を歩いていきます。

正面アンコールワットをぐるっと囲む大きな回廊が現れます。この回廊の中を右手方向へ進んでください。

一番外側の回廊を右へ進む

回廊に入ると、回廊を抜けた正面にアンコールワットの姿が見えます。

アンコールワット

その姿を見るとついまっすぐ進んで行きたくなりますが、ここはぐっと我慢。

薄暗い回廊の中を右へ進んでいきましょう。

そして最初の小さなホールのような場所に到着したら、左の出口から外へ。

出口の右手を見ると、歯を出して微笑むデバターが見つかりますよ。

アンコールワットの入口から回廊を通ってデバターまでの道順をまとめるとこうなります。

歯を出して微笑むデバターまでの道順

地図ではデバターはここにありますよ。

アンコールワットは日本語のガイドツアーも充実!

アンコールワットツアーをチェック