人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

クメール語キーボードで難解なクメール語入力を簡単に

      2017/02/11

  • クメール語入力にはキー配列を覚える必要がある

    カンボジアの人がクメール語を入力する時に使っているキーボードって英数字しか印字されていないどこにでもあるようなキーボードです。だから初めてクメール語を入力する時にはどのキーがどのクメール文字に対応しているのか覚える必要があります。実際にぼくもクメール語を入力する時には文字とキーボードの対応を覚えるのに苦労しました。

    ぼくが実際に学校でパソコンを教えていた時には生徒にキーボード配列の書かれた紙を渡して、それを見て打つようにって指導していたんです。ほとんどの人がそうやって覚えているんじゃないですかね。

    クメール語のキーボード配列

    クメール語のキーボード配列

    クメール語対応キーボード

    でもキーボードにクメール語が書いてあったら便利ですよね。そういうわけでクメール語が書かれたキーボードを買って生徒に使ってもらったところ結構評判良かったんです。紙をいちいち見なくていいので楽なんですよね。

    でもこのキーボードはあんまり普及していないみたいなんですよ。その理由はこんなこの2点ですね。

    ラップトップのコンピューターが普及している

    多くの人はラップトップのパソコンを使っているのでわざわざクメール語対応キーボードを買って付けたりしません。

    キーボードが見にくくなる

    クメール語入力に慣れてきたらキーボードの対応を覚えてしまうので、キーボード上にいろんな文字が書かれてたらうっとうしいんです。シンプルが一番ですね。ぼくは今日本語の書かれていないキーボードを使ってますけど、そっちのほうがすっきりしていて使いやすいって感じます。それと一緒なのかな。

    教育用には最適

    クメール語入力を覚えるために学校などに置くパソコンにはこのキーボードは最適でしょうね。もし欲しいっていう人はプノンペンとかにあるパソコンショップに行ってみてください。

    • 0
    • 0
    • 0

     - カンボジア, カンボジアの生活, デジタルライフ

  •   関連記事

    目の前の川。たまに子どもが泳いでます。
    プノンペン近郊リゾート・キエンスヴァイで爆睡リラックス

    カンボジア人に大人気のリゾート地・キエンスヴァイ プノンペンに住んでいるカンボジ …

    Phnom Penh Sokha Hotel & Resorts
    カンボジアの勢いを感じたいならチュロイチョンバーへ行かないと!

    数ヶ月で街並みが一変 カンボジアの首都、プノンペンは今ものすごい勢いで開発が進ん …

    素敵な理髪店Tokyo Barbarに行って来ました

    名前にTokyoが付くけど日本人経営ではありません 偶然見つけたTokyo Ba …

    Googleマップ
    Googleマップをナビに使ってるあなた。ちゃんと案内してくれないのは歩行者モードになってるからじゃない?

    歩行者モードにすると喋ってくれない みなさんは車を運転する時にナビを使ってますか …

    カンボジアでアパートを借りる方法

    カンボジアでアパートを探す方法 ボランティアでカンボジアに来ていた時も、今もそう …

    最新のZenfone2が月額2,275円から利用できます。
    格安SIMでも端末代分割払いOK。Zenfone2も使えて月2,275円ってお得

    最新のスマホZenfone2が使えるなんて良いなぁ ASUSから最新のスマホZe …

    トゥクトゥクに掲示されていたライセンス。
    カンボジアに住んで3年。ライセンスを掲示しているトゥクトゥクを初めて見た

    初めて見ましたよ。こんなトゥクトゥク ぼくはカンボジアにだいたい3年くらい住んで …

    カンボジアでは電話2台持ちはもはや常識。
    元日にスマホ水没

    とほほな正月ですよ やってしまいました… スマホを気づかずに洗濯して …

    カンボジアの生徒はたくましい。倒壊した貯水槽を自力で再建する生徒達をみて感じたこと

    自力で何でもやる生徒にたくましさを感じた こんにちは、カンボジア好きmoriです …

    カンボジアの教室。掃除されていなくて汚い。
    散らかったまま部屋を出る生徒達を怒らないで。カンボジアの掃除は日本と違うんです

    カンボジアでは授業前に部屋を掃除するのが常識 ぼくがカンボジアの学校で働いていた …