カンボジア カンボジアの生活

カンボジアは全てが安いと思ったら大間違いです

投稿日:2014年1月2日 更新日:

スポンサー

カンボジアの物価は高い

よく友人達に”カンボジアは何でも安くていいね”なんて言われるんですが全くそんなことはありません。むしろ日本より高いくらいですよ。ただし純粋にカンボジアスタイルの生活をするのだったら安く生活できますが、我々外国人がすべてカンボジア流に生活するなんて無理な話なんで(少なくともぼくは無理です)、現実的な生活をするという前提での話です。

なんで物価が高いのか

カンボジアは農業国で工業製品を自国で生産する事がほとんど不可能です。そのためほとんどの工業製品は隣国タイ、ベトナムからの輸入に頼らざるを得ません。そのためほとんどの工業製品をはじめ多くの食料品にいたるまで外国製品で溢れかえっています。

スーパーマーケットに行くとよく分かるんですが日本のスーパーマーケットでは多くの製品が日本製じゃないですか?でもカンボジアのスーパーは全然違ってほとんどの製品が外国製です。ハムやベーコンはタイをはじめヨーロッパなどから、インスタント麺はタイ、韓国、中国などから、フルーツジュースはタイ、牛乳もタイ、洗剤はタイと言った具合です。

さらに電気も国内で発電されたものは極めて高く、ベトナムとタイから輸入しているといった具合です。そのため電気代も他の国に比べて高く、そのことがこの国の工業化を遅らせている原因の一つになっています。

特に輸入品が高い

カンボジアでの生活を大変にしている原因の一つは輸入品の高さです。逆に国産品(米やビール)は正反対で安価です。ローカルマーケットに行けば米は良い物で$1/kg程度、安い物だと$0.75/kg程度で手に入ります。またビールも代表的なAngkor Beerで1缶$0.5程度です。あとはベトナムからの野菜、川魚(メコンやトンレサップ)も比較的安価で手に入ります。

ずっとカンボジア流の生活を続けるというのはこれをメインに食事をするということなので外国人には厳しいですね。西洋料理や日本料理も食べたいし、ワインも飲みたい、海の魚も食べたいと思うでしょう。そうなるとこういった割高な輸入品を購入せざるを得ないのです。

日用品の値段

だいたいカンボジアで物を買ったらいくらするかという例をいくつか紹介します。

  • ガソリン $1〜$1.25/L
  • イチゴ(1パック:日本とほぼ同じサイズ) $6
  • フルーツジュース(1L) $2
  • ベーコン(スライス6枚) $2.5
  • 牛乳(1L) $2
  • 生サーモン(1切れ) $8

ちなみに日本製品の値段は別格。

  • カレールー(普通サイズ) $6〜$8
  • 三ツ矢サイダー(500ml)$3

-カンボジア, カンボジアの生活
-, ,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

ネアックルンブリッジ。黄色のケーブルが印象的です。

まもなく繋がるネアックルンブリッジ

所用時間が最大84分の1に カンボジアの国道1号線がメコン河によって寸断されているこの場所はお盆時には数時間のフェリー待ちが発生する場所です。平常時でもこの河を渡るために30分程度の時間を要してしまい …

看板がリニューアルしたローカルで人気のカンボジアレストラン

鍋も食べられるようになったローカルレストラン

カンボジア料理が美味しい よく行くカンボジアのローカルレストランですが看板を新調していました。結構このレストランは地元の人たちに人気があっていつもお客さんでいっぱいです。平日だろうが休日前だろうが多く …

爆音が酷いカンボジアの結婚式

凶悪なカンボジアの結婚式。あなたは寝られませんよ。

おめでたいけど迷惑なのだ これからカンボジアは雨期に入るので結婚式は少なくなるのですが、カンボジアでの生活で気を付けないといけない問題として結婚式があるんです。結婚はおめでたいから何が問題なの?って思 …

古いお札はお得

カンボジアの両替屋では古いお札をもらう方がお得だよ

リエルの両替はカンボジアで カンボジアの通貨はリエルですが、海外でこのリエルを両替できるところは僕の記憶の中ではありません。ということでカンボジアへ来たらリエルへの両替が必要となってくるわけです。 こ …

TK Avenue

まるで外国!カンボジアとは思えないショッピングモールTK Avenue

カンボジアで一番オシャレなショッピングモール 最近のプノンペンは開発がどんどん進んでおり、街中でビルの建設現場を見ることができます。プノンペンの北部に位置するトゥールコックでも都市開発が進行中。そんな …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote