七面鳥の丸焼き。赤いのがピン。これが突き出ると焼けた証拠。

クリスマスの七面鳥は3度おいしい

七面鳥って大きすぎて飽きてくるんです

この時期にクリスマスの話題なんて季節感がないにもほどがあるんですけどまあいいや。七面鳥って食べたことはありますか?ぼくもそんなに食べた経験はないんですけど、クリスマスの時に友人が作ってくれた料理を2回だけ食べたことがあります。

七面鳥って美味しいんですけどとにかくデカイんですよ。普通のチキンの軽く2倍くらいあるんじゃないですかね。そんな大きなものなんで飽きてくるんです。だからこの七面鳥をクリスマス翌日にはサンドウィッチにして、そしてその残りを今度はパイにして食べるっていうのを教えてもらいました。別の友人に聞いても同じことを言っていたのでそれが一般的なんでしょうね。

クリスマスのメインディッシュ・七面鳥の丸焼き

クリスマスって言ったらこれですよね。大きな七面鳥のなかに果物、野菜、パンを混ぜ合わせたものを詰め込んでオーブンで4時間以上焼きます。

こんなに大きい七面鳥なんで中まで火が通っているのかなんてわかんないって思ったんですが、ちゃんと調べる方法があるんですね。七面鳥には赤いピンが元々刺さっていて、そのピンを付けたままオーブンで焼くんですよ。しばらくすると刺さったピンが中から押し出されるようになります。こうなったら火が通ったってこと。知らなかったら焼く前に抜いちゃいますね。

七面鳥の丸焼き。赤いのがピン。これが突き出ると焼けた証拠。

七面鳥の丸焼き。赤いのがピン。これが突き出ると焼けた証拠。

焼き上がった七面鳥から中の詰め物を取り出し、七面鳥の身をほぐします。そしてそれを一緒にグレービーソースで食べるんですよね。七面鳥の脂を使ったグレービーソースも美味いんですよ。

七面鳥の詰め物。果物、野菜のうま味が詰まってます。

七面鳥の詰め物。果物、野菜のうま味が詰まってます。

七面鳥とグレービーソースでサンドウィッチ

クリスマスディナーではとても七面鳥を食べ切れないので翌日の朝食でサンドウィッチを作ります。これはとっても簡単。食パンの上にほぐした七面鳥を敷き詰め、その上からグレービーソースをたっぷりとかけて電子レンジで4分ほど加熱。そうすると熱々のターキーオープンフェイスサンドウィッチのできあがり。グレービーソースが食パンに染みこんでめちゃくちゃ美味い。本当におすすめですよ。

七面鳥のオープンフェイスサンドウィッチ。朝から濃厚な朝食。

七面鳥のオープンフェイスサンドウィッチ。朝から濃厚な朝食。

電子レンジで加熱する時に注意しないといけないのは必ずラップをかけること。ぼくはラップをかけずに加熱したらソースの水分が飛んじゃってパンもカチカチになってしまいました。絶対ラップをかけないとダメです。

最後にはポットパイでいただきます

まだまだ七面鳥は残ったんですよね。そして最後はパイにして食べてしまいました。七面鳥にニンジン、じゃがいも、グリーンピースなんかをブラウンソースに放り込んでグツグツと煮込みます。そしてそれを耐熱皿に入れ、上にパイ生地を乗せてオーブンで焼き上げます。これも焼きたての熱々が本当に美味いんですよ。

ターキーポットパイ。濃厚な味が美味。

ターキーポットパイ。濃厚な味が美味。