カンボジア カンボジア旅行

1泊5ドル!激安ゲストハウスに泊まってみた

投稿日:2014年10月21日 更新日:

スポンサー

旅行では絶対に泊まらないでしょう

興味本位で1泊5ドルのゲストハウスに泊まってみました。結論から言うとあと10ドルくらい追加して素敵な宿に泊まってくださいってことですね。

5ドルの宿でも寝られますよ。でも色々と嫌な感じのこともあるわけです。ぼくの泊まったゲストハウスはこんな感じでした。

室内はいたって質素

コンクリート打ちっ放しみたいな冷たい感じの壁があるだけです。窓もないことがほとんどです。独房のような感じです。そこにちょっとした家具、テレビ、ファンがある感じです。エアコンはないことがほとんどですね。エアコンが希望ならもうちょっとお金をだしましょう。

アメニティは最小限

ペットボトルの水2本、歯ブラシ2本、小さな石けん2個です。シャンプーはありません!

ベットはまあまあ

ベットに関してはそんなに酷いという印象はありませんでしたね。普通に寝られると思います。でも時々湿っていることもあるのでご注意を。

シャワーは水シャワー

温水は出ないことがほとんどです。夜にシャワー浴びると結構身体が冷えてしまうかも知れません。カンボジアとはいえ夜の水シャワーは辛いのです。そしてシャワーはトイレと一緒になっているので便器に座ってシャワーを浴びることになるかも。

15ドル位出したらずいぶんグレードアップします

あと10ドルほど出したらぐっと部屋のグレードがあがります。ホットシャワーにWi-Fi、エアコンが付くことも。あまりケチって不快な夜を過ごす必要はないと思いますね。

-カンボジア, カンボジア旅行
-,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

カンボジアのタクシー・トゥクトゥク配車アプリ「iTsumo」の使い方を解説

カンボジアで面倒臭いことといえば値段交渉。 まだ公共交通機関が発達していないカンボジアでは、街中の移動はトゥクトゥクやタクシーを利用するのが一般的です。 特にトゥクトゥクはいたるところに走っていて気軽 …

スコール後の道は危険がいっぱい!カンボジアの悪路を行く

危険1.見えない穴に落ちないように。恐怖の帰宅 カンボジアの9月は雨期真っ只中。連日昼から夜にかけてスコールがあります。 急に空に真っ黒な雲が広がり、冷たい風が不気味に吹き始めます。そして遠くの空には …

カンボジアでチップを払わないのでよく怒られます

カンボジアではチップは必要なのか? 3年ほど生活してみて実感としてあるのはチップが必要か必要でないかは場所によるってことですね。 カンボジア人ばっかりのローカルなレストランではチップは不要。きっと他の …

リサイクルショップ、エコルス@東京。

マネキンがすごく怖いリサイクルショップ・エコルス@東京

店内のマネキンが恐ろしい プノンペンの少し外れにある日本から持って来たリサイクル品を扱うリサイクルショップ・エコルス@東京。ここは品揃えとかよりマネキンが怖いんです。 リサイクルショップ、エコルス@東 …

DHL Phnom Penh

カンボジアに国際宅配便を送る時に注意しなければいけないこと

国際宅配便は家まで届けてくれます カンボジアに荷物を送る時ってEMSを使って送ったりしてるんですけど、国際宅配便っていうのも便利なんですよ。 なにが便利かっていうと家まで届けてくれるんです。EMSは郵 …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote