人生は宇宙だ!

カンボジアと食べることが大好きなmoriの生き様を見せます。宇宙のような無限の人生を泥臭く生きろ!

*

カンボジアでiPhoneを盗難された!スリから身を守る方法を紹介します

      2016/12/15

  • 人混みがすごいローカルマーケットでiPhoneを盗まれる

    こんばんは。今日はこのブログを重たい気持ちで書いています。

    と言うのも今日は大事な大事なiPhoneを盗まれてしまったからです。自分への戒めの気持ちを込めてここに書きたいと思います。

    ぼくが大事なiPhoneを盗まれてしまったのは、カンボジアの首都・プノンペンの中心地にある大きな市場「オルセーマーケット」。

    中に入るとこんな感じでまさにカオスって感じの市場です。

    オルセーマーケット内部。細い通路がたくさんあり自分の居場所が分からなくなります。

    市場は大きく分けて3階に分かれています。内訳はこんな感じです。

    1階:食料品、日用品、電化製品
    2階:本、靴やカバンなど
    3階:若者向けファッション、伝統衣装

    特に1階は連日多くの人でごった返しています。そんな1階でぼくはiPhoneを盗られてしまいました。

    オルセーマーケットの主なお客さんは地元の人。外国人観光客はほとんどいません。そういう場所柄ということもあって外国人はとても目立ちます。

    そもそもiPhoneを持って行ったことが間違いだったんです。

    と言うのも、iPhoneは日本で買った物だったので、カンボジアのSIMカードを挿しても使うことができません。今はSIMフリーのiPhoneを日本で買うことができますが、当時はまだ日本のiPhoneはキャリアに縛られていました。

    だからカンボジアでiPhoneを持っていても電話できないんです。使い道っていうとWi-Fiに繋いで使うくらいですね。

    でもなぜかこの日はiPhoneをホテルに置いておかずにリュックの中に入れてしまったんですよ。なんで入れたのかよく覚えていませんが。

    iPhoneを入れたのはリュックのこの場所。ちなみにカンボジアで使う携帯電話はズボンのポケットに入れてました。

    iPhoneを入れてた場所

    iPhoneを入れてた場所

    土曜日の午前と言うこともあり、それなりの人で賑わっているオルセーマッケットの中を少しグルグルと回ります。

    とりあえずコーヒーを飲んで一服しようと言うことになって、マーケット内の食堂に入り、リュックを下ろすとiPhoneを入れていた場所のファスナーが開いていたのです。

    嫌な予感がしました。恐る恐るリュックの中を覗いてみるとiPhoneがなくなっていたんです。

    mori
    もしかして最初から入れていなかったのかも知れない。ホテルに置いたままかも。

    この後は気が気でならなかったのをすごく覚えています。

    そしてホテルに戻り部屋中を徹底的に探すもiPhoneは見つからず。

    盗まれた!

    ショックすぎます。

    盗難に遭わないためにすべきこと

    今となっては失ってしまった物を悔やんでも始まりません。今後はどうするべきか。それを考えることが大事。

    ぼくが考えた大事なものを盗難(スリ)から守る方法はこの5つ。

    1. ファスナーのスライダーはいちばん端に持ってきて簡単に開けられないように工夫する。
    2. 本当に必要な物以外は持ち歩かない。
    3. 人混みに入るときにはカバンは前に抱える。
    4. 貴重品はカバンの奥の方に入れる。
    5. 海外旅行保険に入る

    しっかりと盗難に遭わないために用心することにはこしたことはありませんが、こればっかりは絶対に盗難に遭わないっていう保証はどこにもありません。

    むしろ、盗難されそうになった時に無理に抵抗することは非常に危険です。実際にカンボジアでは強盗に抵抗して殺害されるという事件が起きているんです。

    命より大事なものはない。時には大事な物を手放す勇気も必要なのです。

    もしもこうした事件に巻き込まれた時に頼りになるのが海外旅行保険です。

    クレジットカードに海外旅行保険がついているものもあるので、海外旅行に行く時にはぜひ保険の有無についても調べておくことをオススメします。

    海外で病院にかかると多額の費用がかかるので保険は必須

    日本にいると日本の健康保険が適用されるので自己負担額は大した金額にはなりません。でも海外では全然違います。

    基本的に海外では実費ということを覚えておきましょう。

    実際にどれくらい医療費がかかったかぼくの経験をお話ししましょう。

    • デング熱で1週間入院(カンボジア・約20万円)
    • カンボジアで治療できない病気でタイへ通院(カンボジアとタイ・約10万円)
    • 風邪でカンボジアの病院を受診(カンボジア・1回1万円)

    ぼくはこの程度で済みましたが、もっと大きな病気や怪我をしたらもっともっと高額な医療費がかかることも。

    国外に緊急搬送など大事になると、それだけで数百万という費用が発生するんです。こんな請求されたら…

    mori
    恐ろしい…

    ということで、しっかりと海外旅行に行く時には保険に入っておく。これ絶対に大事だから!

    海外旅行に役に立つクレジットカードの比較はこちらからどうぞ。

    海外旅行におすすめクレジット比較

    • 0
    • 0
    • 0

     - カンボジア, カンボジアの生活 , , , , ,

  •   関連記事

    プノンペンにあるとある学校
    カンボジアに学校を作るだけだったら作らない方がマシ

    カンボジアに学校を作るのはいいけど… なんか日本人に限ったことじゃな …

    プノンペンで一番おいしいバイサイチュルーク。
    屋台の食事も衛生的になってるよ。バイサイチュルークが美味すぎる

    ここの朝食を食べないとカンボジアに来た気にならないんです このブログでも何回も紹 …

    おいしいと書かれた激甘のお茶
    カンボジアの緑茶に騙されるな!激甘だぞ

    おいしいと書かれたお茶はおいしくない これがカンボジアではじめて緑茶を飲んだとき …

    屋根には見えない屋根。もはや物置。
    家賃だけはケチってはいけない!命がいくつあっても足りないぞ

    家賃をケチって安いところに住むと命が危ない 日本でも欠陥住宅とかいって色々と問題 …

    2年ぶりにクメール語(カンボジア語)を勉強しました

    2年ぶりのクメール語 2年ぶりに友達からのクメール語を教えてもらいました。これが …

    チョコレート
    カンボジアの外来語はフランス由来が多いんです

    外来語の多くはフランスに関係がある クメール語(カンボジア語)で外国からやってき …

    カンボジア人が住んでいる家。夜は真っ暗、外国人が生活するには厳しい環境です。
    カンボジア人に聞いた。給料300ドルでは一人暮らしはできない。

    給料300ドルではプノンペン一人暮らしが厳しい理由を具体的に示す カンボジア人の …

    バイクの修理
    バイク持ってる人はちょっとくらいクメール語が喋れないと大変ですよ

    カンボジアに住むならちょっとはクメール語を勉強しましょう 先日バイクを買った話を …

    プノンペンのダイアモンドアイランドに誕生するRiviera
    カンボジアにマリーナベイサンズそっくりの超高級アパートが誕生するんだって

    わかりやすいですね〜 これを見てください。何だと思いますか?あの有名なシンガポー …

    田舎に強いMetfone
    カンボジア大手【Metfone】で月額12ドルのインターネット回線をひく

    安くて信頼できるのはMetfone 今住んでいるアパートにはインターネット回線が …