カンボジア カンボジアの生活

カンボジアでiPhoneを盗難された!スリから身を守る方法を紹介します

投稿日:2013年8月4日 更新日:

カンボジアでの防犯対策
スポンサー

人混みがすごいローカルマーケットでiPhoneを盗まれる

こんばんは。今日はこのブログを重たい気持ちで書いています。

と言うのも今日は大事な大事なiPhoneを盗まれてしまったからです。自分への戒めの気持ちを込めてここに書きたいと思います。

ぼくが大事なiPhoneを盗まれてしまったのは、カンボジアの首都・プノンペンの中心地にある大きな市場「オルセーマーケット」。

中に入るとこんな感じでまさにカオスって感じの市場です。

オルセーマーケット内部。細い通路がたくさんあり自分の居場所が分からなくなります。

市場は大きく分けて3階に分かれています。内訳はこんな感じです。

1階:食料品、日用品、電化製品
2階:本、靴やカバンなど
3階:若者向けファッション、伝統衣装

特に1階は連日多くの人でごった返しています。そんな1階でぼくはiPhoneを盗られてしまいました。

オルセーマーケットの主なお客さんは地元の人。外国人観光客はほとんどいません。そういう場所柄ということもあって外国人はとても目立ちます。

そもそもiPhoneを持って行ったことが間違いだったんです。

と言うのも、iPhoneは日本で買った物だったので、カンボジアのSIMカードを挿しても使うことができません。今はSIMフリーのiPhoneを日本で買うことができますが、当時はまだ日本のiPhoneはキャリアに縛られていました。

だからカンボジアでiPhoneを持っていても電話できないんです。使い道っていうとWi-Fiに繋いで使うくらいですね。

でもなぜかこの日はiPhoneをホテルに置いておかずにリュックの中に入れてしまったんですよ。なんで入れたのかよく覚えていませんが。

iPhoneを入れたのはリュックのこの場所。ちなみにカンボジアで使う携帯電話はズボンのポケットに入れてました。

iPhoneを入れてた場所

iPhoneを入れてた場所

土曜日の午前と言うこともあり、それなりの人で賑わっているオルセーマッケットの中を少しグルグルと回ります。

とりあえずコーヒーを飲んで一服しようと言うことになって、マーケット内の食堂に入り、リュックを下ろすとiPhoneを入れていた場所のファスナーが開いていたのです。

嫌な予感がしました。恐る恐るリュックの中を覗いてみるとiPhoneがなくなっていたんです。

mori
もしかして最初から入れていなかったのかも知れない。ホテルに置いたままかも。

この後は気が気でならなかったのをすごく覚えています。

そしてホテルに戻り部屋中を徹底的に探すもiPhoneは見つからず。

盗まれた!

ショックすぎます。

盗難に遭わないためにすべきこと

今となっては失ってしまった物を悔やんでも始まりません。今後はどうするべきか。それを考えることが大事。

ぼくが考えた大事なものを盗難(スリ)から守る方法はこの5つ。

  1. ファスナーのスライダーはいちばん端に持ってきて簡単に開けられないように工夫する。
  2. 本当に必要な物以外は持ち歩かない。
  3. 人混みに入るときにはカバンは前に抱える。
  4. 貴重品はカバンの奥の方に入れる。
  5. 海外旅行保険に入る

しっかりと盗難に遭わないために用心することにはこしたことはありませんが、こればっかりは絶対に盗難に遭わないっていう保証はどこにもありません。

むしろ、盗難されそうになった時に無理に抵抗することは非常に危険です。実際にカンボジアでは強盗に抵抗して殺害されるという事件が起きているんです。

命より大事なものはない。時には大事な物を手放す勇気も必要なのです。

もしもこうした事件に巻き込まれた時に頼りになるのが海外旅行保険です。

クレジットカードに海外旅行保険がついているものもあるので、海外旅行に行く時にはぜひ保険の有無についても調べておくことをオススメします。

海外で病院にかかると多額の費用がかかるので保険は必須

日本にいると日本の健康保険が適用されるので自己負担額は大した金額にはなりません。でも海外では全然違います。

基本的に海外では実費ということを覚えておきましょう。

実際にどれくらい医療費がかかったかぼくの経験をお話ししましょう。

  • デング熱で1週間入院(カンボジア・約20万円)
  • カンボジアで治療できない病気でタイへ通院(カンボジアとタイ・約10万円)
  • 風邪でカンボジアの病院を受診(カンボジア・1回1万円)

ぼくはこの程度で済みましたが、もっと大きな病気や怪我をしたらもっともっと高額な医療費がかかることも。

国外に緊急搬送など大事になると、それだけで数百万という費用が発生するんです。こんな請求されたら…

mori
恐ろしい…

ということで、しっかりと海外旅行に行く時には保険に入っておく。これ絶対に大事だから!

AIG損保

まずは海外旅行保険といえばここ「AIG損保(旧・AIU保険)」ですよね。

短期の海外旅行保険から、長期出張や海外赴任など幅広い保険を扱ってくれています。

海外旅行保険のAIU

ビジネス利用なら「セゾンプラチナ・ビジネスアメリカンエキスプレス」

ビジネスで海外に旅行する際には海外旅行保険のついたクレジットカードもオススメです。

「セゾンプラチナ・ビジネスアメリカンエキスプレス」なら、海外で最大1億円の保険が自動でついてきます。
これは安心ですよね。

【公式】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード|クレジットカードのセゾンカード

DeNAトラベルの海外旅行保険

海外旅行のチケットを取る時、一緒に海外旅行保険に入るのもオススメです。

ぼくはDeNAトラベルでチケットを取ることが多いのですが、メリットとして一緒に海外旅行保険にも入れるからなんです。

実際に現地で体調が悪くなって病院にかかった時も、丁寧に対応してくれましたよ。

DeNAトラベルの海外旅行傷害保険

-カンボジア, カンボジアの生活
-, , , , ,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

カンボジア人の金持ちは日本人が鼻くそに見えるほど金を持っている

毎年1,000万円の車を買い換えるカンボジア人 カンボジアって行ったら世界の中でも貧困国。でも一部のカンボジア人はとってもお金持ちなんです。普通の日本人なんかよりはるかにお金を持ってますよ。聞いた話で …

カンボジアの定番朝食バイサイチュルークを注文しよう

プノンペンNo.1のバイサイチュルーク カンボジアの朝ご飯はこれで決まり!僕は毎日このバイサイチュルーク(焼豚のせご飯)を食べています。平日は出勤途中にある路上の店、休日は家の近所にある路上の店です。 …

憤るカンボジア人。抗議行動で死者も。

とうとう死者も 1月3日、プノンペン郊外にある工業地帯で労働条件改善を要求する労働者と治安当局との間で武力衝突が発生し、警官の発砲により数名の死者が出ました。このニュースにカンボジアの若者が敏感に反応 …

Sushibarでは寿司以外にもいろんな日本食が食べられます。

日本食レストランは日本人以外にも愛される店にならないと生き残れない

日本人だけ相手にしてたら潰れる ここ数年でプノンペンには日本食レストランがものすごく増えました。ぼくがはじめてカンボジアに来た2011年にはまだそんなに日本食レストランはなかったと思うんですけど、今は …

no image

1泊5ドル!激安ゲストハウスに泊まってみた

旅行では絶対に泊まらないでしょう 興味本位で1泊5ドルのゲストハウスに泊まってみました。結論から言うとあと10ドルくらい追加して素敵な宿に泊まってくださいってことですね。 5ドルの宿でも寝られますよ。 …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote