カンボジア カンボジアの生活

カンボジアで本物の本を買いたかったらMonument Booksへ

投稿日:2015年3月6日 更新日:

本
スポンサー

カンボジアの本はコピー本が多い

カンボジアには本屋が色々とあって特に学生達は本を買って読んでいます。でもその多くがコピー本なんです。カンボジアに行った時に一回見てみてください。普通に買ったら30ドルくらいする本が5ドルとかで普通に売っているのが分かります。

ただしコピー本は所詮コピー本。本物にはかないません。中には結構良いものもあるんですが、多くは表紙から貧相なカラーコピーのようなものだったり、中の印刷がおかしいものなど粗悪なものも多いのが実情なんですね。

本物だけの本屋もある

そんなコピー本が溢れているカンボジアなんですが、本物を買うことのできる本屋も存在します。それはMonument Books。プノンペンにも数軒展開している本屋で、店舗は独立記念塔近く、AEON、空港など。ここには本物の本しか置いていないので、本物を購入したい裕福な人たちはこういう本屋を利用しているんですね。ちなみに置いてある本のほとんどが英語の本で海外からのものです。まだまだカンボジアは出版というものは盛んではないのでクメール語で書かれた本って少ない印象がありますね。

このMonument Booksは雑誌から専門書まで幅広いラインナップで店内を歩いて見るだけでも楽しいですよ。ぼくは料理本やインテリアの本など、写真がいっぱいついている本を立ち読みしました。写真付きなら英語がそんなに読めなくても楽しめますからね。

本好きな人は是非行ってみてください。面白い本が見つかるかも。

-カンボジア, カンボジアの生活
-,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

【プノンペン】転落注意!高層ビルの屋上にある吹きさらしバー・Eclipse Sky Bayは最高に気持ち良い!

屋根もない吹きさらしバーは開放感いっぱい こんにちは、高いところが大好きなmoriです。 カンボジアの首都・プノンペンには最近まで高層ビルというようなものはほとんどありませんでした。 そんななか201 …

no image

クメール語の入力方法が2つあるから現場は大混乱

互換性がない2つのクメール語 クメール語の入力する時に問題になっていることがあるんですよ。それは互換性のない2つのクメール語がカンボジア内で使われていること。1つめはKhmer OSと呼ばれるもので学 …

カンボジアでKindleストアから本が購入できずに泣きかけた

海外でも日本の本が手軽に読めるKindle最高 カンボジアでは日本の本を購入することができません。ネットで情報が得られる時代とはいえ本が読みたい時だってありますよね。そういう訳で、今さらではありますが …

スープチュナンダイ

カンボジアの鍋料理・スープチュナンダイはみんなで楽しく食べられます

カンボジアでも鍋料理が人気 日本は本当に寒いですよね。毎日毎日寒すぎて死にそうになってます。そんな時には鍋料理が最高! カンボジアにも鍋料理があるんですよ。カンボジアは暑いので日本みたいに暖まるために …

カティン祭への参加は一日すべてを捧げる覚悟で参加してください

お寺に日用品を寄贈するカティン祭 日本ではまったく馴染みのないカティン祭というものがカンボジアにはあります。ちょうど雨期が明けるこの時期に行われるお祭りで、地元のお寺に日用品やお金を寄付するというもの …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote