桜と背景の家が本当に美しい。

とうとう春がやって来た。京都で気軽に桜を楽しめるコースを教えます

桜が咲き始めましたね

ここ数日で急に暖かくなってきましたね。待ちに待った春がやって来ましたよ。もう桜は見ましたか?お花見をしたっていう人も多いんじゃないでしょうか?

ぼくはここ数年お花見っていうものをしたことがないんですけど、散歩がてらに桜を見るっていうことはやってます。今回紹介するのは京都で短時間で桜を楽しめるコースのご紹介。伝統的な街並みと桜が楽しめるのでおすすめです。

川と桜は絶対に合うのだ

ぼくは桜っていうと川とセットになっているのが好きなんです。普通の公園に桜が植わっているだけっていうより、水の流れる川辺にある桜の方が風情があって良いと思うんですよね。水面に映る桜、川に散る桜なんて良いじゃないですか!

そんなわけで小川と桜を一緒に楽しめる場所ということでおすすめしたいのが祇園。祇園って言ったら舞妓さんやらお茶屋さんなどで全国的に有名な場所ですよね。この祇園の真ん中を流れる白川という川を歩きながら桜を見てまわりましょう。

祇園の桜を見よう

地下鉄東山駅の2番出口を出て東山三条交差点を南に下がります。ちなみに京都では南に行くことを下がる、北に行くことが上がるって表現します。この東大路通りもなかなか風情のある通りで有名な鞄屋である一澤帆布もこの通りにあります。

400mほど歩くと小さい川が見えてくるので川の手前を右に曲がると川沿いにたくさんの桜を見ることができるんですよ。ぼくが行った時は本当に天気が良くて真っ青な空に淡い色の桜が本当に美しかったですね。白川の水も本当に綺麗で癒やされます。ここは観光客も少なめなのでゆっくり桜を見ることができるのでおすすめ。

東大路通りを少し入った場所。桜が満開でした。人も少ないのでおすすめ。

東大路通りを少し入った場所。桜が満開でした。人も少ないのでおすすめ。

この道を突き当たりまで進むと左に曲がります。白川にかかる橋を渡って2本目の道を右に行くとこれぞ祇園っていう場所に到着です。テレビドラマの撮影なんかにもよく使われる場所で祇園って行ったらこの場所をイメージする人も多いんじゃないかな。辰巳大明神や辰巳橋がある場所でお茶屋が立ち並んでます。夜になると高級車が続々とやって来るような場所なんですね。

辰巳大明神と桜。

辰巳大明神と桜。

ここにも桜がたくさん植えられています。さっきの場所に比べて背景になる建物も日本風になるのでとても素晴らしい景色を楽しめます。でもTHE・祇園っていうような場所なので人も多いんですよね。ぼくが行った時には日本人、外国人入り交じって騒々しかったです。

桜と背景の家が本当に美しい。

桜と背景の家が本当に美しい。

この純和風な場所、かつ桜が咲いているっていうこともあって結婚写真の撮影も行われてました。白無垢やウェディングドレスを着た女性が桜をバックに写真撮影です。いやぁ綺麗でしたよ。祇園ってほんとうに良いですね。京都が近くにあって良かった。

有名な場所なので人も本当に多いです。結婚写真の撮影も行われていました。

有名な場所なので人も本当に多いです。結婚写真の撮影も行われていました。

鴨川を越えて木屋町に

祇園の桜を見たら次に向かったのが木屋町。木屋町は多くの飲食店が軒を連ねている場所で、すぐ隣には有名な先斗町もあります。実は木屋町を流れる高瀬川沿いには多くの桜が植えられており、夜にはライトアップされた桜を見ることができるんです。これがまた最高に美しいんですよね。

木屋町の桜。川沿いにたくさんの桜が植えられています。夜のライトアップは本当にきれい。

木屋町の桜。川沿いにたくさんの桜が植えられています。夜のライトアップは本当にきれい。

夕方ころに木屋町にやってきて昼の桜を鑑賞。そして夕食を木屋町か先斗町で夕食をとった後にライトアップされた桜を見る。これがぼくのおすすめ。昼と夜の桜を楽しめるんです。夕食にちょっとお酒でも飲んでだら、ほろ酔い気分で桜をもっと楽しめるんじゃないかなぁ。

ちょっと贅沢をするなら四条木屋町を下がったところにあるすき焼き”かのこ”ですき焼きを食べながら桜を見るっていうのもありですよ。木屋町通り沿いの部屋からはライトアップされた桜を誰にも邪魔されずに楽しむことができるんです。最高の贅沢じゃないですか?

伝統あるすき焼き店”かのこ”のすき焼きが美味い!

ちなみに木屋町通りは三条通から四条通の間は人が多くてゆっくり見ることができない時もあるんですね。でも四条通より南側は比較的人も少ないのでゆっくりと桜を楽しみたい人にはおすすめです。