no-image

あなたの発言を無価値にする魔法の言葉 “知らんけど”

時々こんなことを言う人に出会います。

○※△□・・・。知らんけど。

あることについて自分の意見なんかを立派に述べた後、最後に”知らんけど”という言葉をくっつける人。

いやぁ~本当にもったいないことしてますね。最後の一言がなければ良かったものを、“知らんけど”をつけることであなたの発言は無価値になったんですよ。

その一言で、今まで言った言葉は発言者から見捨てられたら言葉になり、どうでも良い言葉に成り下がってしまったわけですね。それまでどんなにあなたが思いを込めて語ったとしても一気に言葉に込めた熱が失われたのです。

たとえば友人から恋愛相談を受けたとしますよね。あなたは親身になって相談にのってアドバイスもしました。でも最後に”知らんけど”の一言を言ってしまうだけで今まであなたの話した内容の価値はなくなるんです。

そんな”どうでもいい言葉”を誰が真剣に受け取ろうとしますか?せっかく自分の思いを言うのだったらしっかりと言葉にあなたの思いを込めましょうよ。

ぼくは”知らんけど”ばっかり言う人の話は全然信用してません。そんな適当な話に付き合う理由がないし時間がもったいないです。 知らんかったら言うなよっ。

“知らんけど”という態度は相手にとって失礼で、そんなどうでもいい話を聞いてくれた相手の時間を奪ってもいるわけですよ。

“知らんけど”を使ってる人はお気をつけください。