これが言いたい

好きな人が自殺した。もっと寄り添っていたら……

投稿日:2017年12月5日 更新日:

スポンサー

おことわりと訂正

以下の内容は記事を公開した2017年12月5日時点の内容をそのままにしています。

翌日12月6日に奇跡的に息を吹き返しました。本当に嬉しいですが、死亡の知らせを聞いた時のショックと後悔についてはそのまま残しておいた方がいいと考えこのまま掲載することにしました。

さっき、つきあっている人が自殺しました。

こんなにも大切な人を失うことが辛いとは。

人間ってこんなにもあっけなく死んでしまうんだ。
今まで生きてきた20数年。

長い年月をかけて築き上げてきた一人の人間が、これほどまでに一瞬で消えてしまうなんて。
まだ実感が持てません。

悲しさもあるけど、心にぽっかりと穴が空いたよう。
あと数日すればもっと実感が湧いてきて違った感情が現れてくるかもしれません。
でも、今はまだわかりません。

今、こうやって文章を書いている理由のはたった一つ。

とにかくぼくが一番感じていること、というか後悔していることを一つだけお話ししたいのです。
特に遠いところに大切な人がいる人にむけて。

とにかく寄り添うこと

あの人は精神に病気を持っている人でした。
躁鬱病。

ある時にはハイになって、またある時には鬱になる。

鬱になると自暴自棄気味になって、目に見えるものすべてをネガティブに感じてしまうそうです。
実際にそうでした。

ぼくもかつては精神の病気を患って通院していた経験があるので、少しくらいは置かれた状況については理解していたつもり。

自暴自棄になって、一歩間違えたら大事故になってしまうような状況になったこともあります。
そしてすべてが嫌になって、自分なんて価値のない人間なんだ。消えてしまいたい。

ずっとこんなことばかりを考えていた時期がありました。

こんな状況から少しだけ回復して、過去の自分の振り返ることができた時に思ったんです。

「人生に絶望している人に言葉で語ることはしない。自分が生きている様を見せることが一番だ」

と。
自分の態度で、「人生ってそんなに悪いもんじゃないんだよ」と示そう。

でも、今に思うとそれも間違っていたんだなと感じています。

一番大切なことはそばにいることだった。

別に言葉をかけなくても、自分の姿勢を見せなくてもいい。
そばにいることが一番だったんだ。

自暴自棄になっている時には言葉はもちろん、相手の態度なんてものも何も見えはしないんです。

ただそばにいて、体に触れてあげることが唯一あの人を救う方法だった。

でも、ぼくはすぐにそばに行くことができなかった。
日本とカンボジア。
すぐに駆けつけるには遠すぎる。

もっとそばにいてあげられたら。
今はただそう思うばかりなのです。

もし、あなたの大切な人が遠くにいるのなら今よりも頻繁に会いに行ってあげてほしい。
もっと相手に接してやさしくしてあげてほしい。

ただそれだけ……

-これが言いたい
-, ,

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

仕事中心に生きてる人は隠居するが、人生を生きている人は隠居しない

仕事人間はリタイア後に空しい人生が待っている あるお店でコーヒーを飲んでたら隣に座ったご夫婦らしき人の会話が聞こえてきました。 女性 あの人もう仕事してないんですって。 男性 もう隠居してるんか。 隠 …

水晶浜から美原原発を望む。

人生の失敗はなんとかなるかもしれないけど、原子力事故は取り返しがつかないよ

たった80kmのところに原発があった 福井県の美浜町という場所に行って来ました。ぼくの住んでいる場所から直線距離で80kmほどの場所で車で走っても2時間ちょっとの場所です。 水晶浜から美原原発を望む。 …

ボランティア論

ボランティア論。ぼくは記憶に残るものを残せたのだろうか?

夢で出てきた女性がぼくに貸してくれた1枚のCD ある雨の日。昼寝をしていたらこんな夢をみました。今回はぼくの見た夢についてお話しします。 ぼくがこの日見た夢は、1人の人間が見知らぬ土地にボランティアと …

ブログで誰かを元気にしたい

世界のどこかにいる誰かを元気にできたらいいな。これがぼくがブログを続ける理由

ブログは誰かを元気にできるツールなんだ こんにちは、滋賀のブロガー・moriです。 今日はぼくがブログを書き続ける理由について書いてみたいと思います。 時々言われるんですよ。 友人 よくこんな文章を書 …

戦争

世の中から紛争は絶対になくならない

世界には色んな考え方の人がいる 最近はテロのニュースがほぼ毎日報道されていますよね。テロによって多くの命が奪われていることにぼく自身もとても心を痛めています。なんでこんなに憎しみの連鎖が起こってしまう …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote