これが言いたい

暇なときが多いのは惰性で生きているから。疑問をもって生きると面白いことが湧いてくる

投稿日:2016年2月10日 更新日:

スポンサー

毎日がつまらないのは惰性で生きているからです

毎日なんかつまんないとか、やることがないって言う人がいますが、本当にもったいない人生を送っているなぁって思うんですよね。

そういう事を言う人って人生を惰性で生きているんです。今、自分のまわりで起きていることを固定された見方でした見ることができない。

“これはこういうものなんだから”

そういう風に考えてたら今の生活なんてつまんないでしょうよ。

この考えを続けている人はどんな環境にいってもすぐに退屈になってしまう。だって“こういうものだから”と思う時点で思考停止しているんですからね。

だから、もったワクワクした人生を送りたいって思うんだったら、“こういうものだくら”思考を止めればいいんです。

ワクワクは頭をフルに使った状態から埋まるてくるんだから。

頭は使わないと腐る

大人になってしばらくすると自分が以前に比べて酷くバカになったって感じることありませんか?

ぼく自身非常にそういう思いが強いですね。学校で勉強していた時の方がよっぽど頭が良かった。今のこのざまはなんだってね。

その原因は頭を使ってないからなんだって気づいたんです。毎日を惰性で過ごし、ロクに自分のアタマを使っていない。そんな生活を何年も続けてきた結果が今の自分なんですね。

このまま同じ生活を続けて行ったらどうなるか?

もう分かりきったこと。ますます何も考えない人間になっちゃう。

ぼくは毎日朝から晩までテレビを観て過ごす人生なんてまっぴらごめんです。

なんでだろう?から新しい世界が見える

ぼくが始めたのは常識だと思われていること、誰も気にとめないことに対して疑問を持つことです。

たとえば最近ぼくが疑問に思ったことを書くとこんな感じです。

  • 腸管洗浄液のニフレックはなぜ吸収されないのか?
  • 下剤はどういうメカニズムでいとも簡単に下痢を起こさせるのか?
  • 普通の下剤と時間をおいて作用する下剤の違いは?
  • ボケてきたら今まであった自分の自我はどうなってしまうのか?
  • 人が死んだらお墓を作るけど、人はどんどん死んでお墓ばかり増える。将来的にそれでいいのか?

まだまだありますけど、こんな感じでいくらでも疑問は浮かんでくるんです。

そしてそれに対して答えを探し求めようとする。そうすると毎日が退屈なんて思ってられないんですよね。毎日が楽しくて仕方ない。

答えを追い求める過程で今まで知らなかった知識が自分の中に蓄積されます。

そうすると今まで見てきた世界が違った風に見えてきます。知識と言うフィルターを通して今までの世界が別世界に見えるこの感覚がたまらないんです!

快感で全身が震えます!この感覚はみんな子どもの頃に体験してるはずなんですが、大人になって忘れちゃったのかな。

あの感動をもう一度!

新しいことを始めることで毎日が楽しくて仕方なくなる

ぼくが退屈な毎日から脱却する手っ取り早いと思う方法は、何でも良いから新しい事をやってみるってこと。

なんでも良いんです。ぼくが最近始めたの新しい事は、スマホの文字入力をキーボード入力からフリック入力に変えたこと。

新しいことを始めるのはなぜ良いのか?それには2つの理由があります。

1つ目は、とにかく新鮮な気持ちになれること。2つ目は、達成感を得やすいことです。

新鮮な気持ちは退屈な気持ちを吹き飛ばす

これはすごく簡単なことで、いつもと違うことをやっているんだから、そこには非日常があります。

身近な例で言うとスマホを新しくした時なんかがそうですね。

 新しいスマホを使っているっていうだけでなんかワクワクしませんか?そう、ああいうワクワク感があるだけで、いつもと違います。退屈ですか?違いますよね。

新しいことは上達しやすい

物事ができるようになるのってすごく楽しくて、自分の自信につながります。

こういう自信になるような経験を積めば積むほど自分に対して肯定的な気持ちになるんです。

さっきも書いたフリック入力ですが、はじめは一文字入力するのにもすごく時間がかかりましたが、今ではだいぶ速くなりました。

別に人に言うほどのことじゃないですけど、上達した!っていう小さな達成感が自分に自信をつけさせるんです。

特に初めてやることは上達したと感じるのが速いのが良いですね。

たとえばアイススケートをまったくしたことのない人が、何も掴まずに滑れるようになるのはそれほど難しくないのに比べて、上達した!って言う感動は非常に大きい。

逆にある程度滑れる人が同じ位の感動を味わおうとすると結構ハードル高いんじゃないかなぁ。

まとめ

暇な人生だと思っているうちにどんどん状況は悪くなっていきます。このままじゃヤバいと思うなら、毎日を少しずつ変えていくことが大切。

常識だと思っていることにも疑問をもつ。そこから新しい世界が見えてくる。

何か小さなことからでもいいので新しくことを始める。そこから小さな成功体験を。

-これが言いたい
-, ,

執筆者:

「これが言いたい」のオススメ

ボランティア論

ボランティア論。ぼくは記憶に残るものを残せたのだろうか?

夢で出てきた女性がぼくに貸してくれた1枚のCD ある雨の日。昼寝をしていたらこんな夢をみました。今回はぼくの見た夢についてお話しします。 ぼくがこの日見た夢は、1人の人間が見知らぬ土地にボランティアと …

人にアドバイスするなら5分以内。2時間も説教するのは時間の無駄!

アドバイスは簡潔に相手に伝える。あとは相手が考えればいい 最近よくアドバイスという名目のもと、相手に延々と説教のような話をする人を目にします。 これって本当に時間の無駄です。 説教太郎 ここはこうした …

no image

質問する時には必ず自分の答えを持つべきだ!

自分なりの答えを持たない質問では絶対に成長しません 分からないことがあった時には知っている人に質問しますよね。同じことを質問するにしても下手な人と上手な人がいます。上手な人は1つの質問から得るものが多 …

大英博物館

音声ガイダンスを使わないのがまったく理解できません

音声ガイダンスを使わないで一体何を見てるの? 最近思うんですよね。博物館などで用意されている音声ガイダンスについて。借りない人がいるんですが、なんで借りないんでしょうね?音声ガイダンスはたとえ有料であ …

東京タワー

カンボジアの友人が悲しんだ出来事。無視は良くないよ。

東京で嫌な思いをした友人 ちょっと前にカンボジアから友人が来日しました。その時にちょっと嫌なことがあったんですよね。それは何かって言うと友人が日本人に話しかけた時に無視されたこと。無視はいけませんよ! …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote