これまで出会った素敵な人たち

元気すぎる女性(通称おかん)と1年ぶりの再開

投稿日:2014年2月25日 更新日:

カンボジアを発つおかんとAさん
スポンサー

1年ぶりの再開

以前ぼくがカンボジアでボランティアをしていた頃、同じボランティアとしてカンボジアで活動した大分年上の女性がいました。その彼女(通称おかん)がカンボジアでのボランティア活動を終了したのが去年の6月、そして今年の2月に再びカンボジアへやって来たという知らせを聞き迷わず彼女の元へ行きました。

こんな風に年を取りたいと思わせる女性

おかんは福岡出身のとても活動的な女性、年齢をみじんも感じさせない姿を見てはぼくもこういう風に年を取りたいと思わせる魅力的な人です。そして一緒にやってきた男性は日本人より日本が上手なニュージーランド人、Aさん。高校生で日本語検定1級を取得し、漢字検定も1級を持っているという驚くほど日本語に長けた人なのです。ダジャレも往年の日本人アイドルも熟知しているこの人には外国人という感じは全くなく、日本のおじさんと話しているかのような錯覚をも覚えます。

そんな素敵な2人とはカンボジア滞在2、3週間の間にお世話になりまくりました。素敵なお土産も頂き、一緒に夕食も食べ、挙げ句の果てにはそのままホテルで寝てしまうということもしばしば。こういう人たちと1年に1回だけだけどカンボジアで会えるって幸せだと感じましたね。

任期が終わっても続く関係

おかんの目的はちゃんと聞いてなかったんですが、ウナロム寺(リバーサイドにある大きなお寺)にある広島ハウスに通うことだったはず。おかんはボランティア時代から本来の職務である大学図書館での仕事の他にこの広島ハウスでの日本語教育をライフワークとしていたんです。

そしてボランティア活動が終わった今もこうしてカンボジアへやって来てカンボジアの人たちに日本語を教えたりしている、本当に好きじゃないとここまでできませんよね。そういう意味でこのカンボジアで生きがいになるようなことを見つけたおかんは本当に凄いと尊敬するわけです。

ボランティアでカンボジアにいる時だけではなく、その後も続く活動を。カンボジアに関わる人だけでなく、すべての人に良い活動を継続していくことの大切さを知ってもらえたらと思います。

大学図書館のスタッフとの昼食

大学図書館のスタッフとの昼食

ウナロム寺のお坊さんと

ウナロム寺のお坊さんと

-これまで出会った素敵な人たち
-, , ,

執筆者:

「これまで出会った素敵な人たち」のオススメ

安い、美味い、ボリューム満点の居酒屋きみや

日本を愛してやまないマカオ人に会ったよ。旅行者とのコミュニケーションが楽しすぎ。

ぼくは旅行者と話をするのが好き 最近よく旅行に来られた人と話をする機会があるんです。たまたま入った店のちょうど隣にいた人がそうだったっていう感じで本当に偶然の出会いです。 旅行者の人と話す最大の楽しみ …

2017年、ぼくはOMIYA!に出会って前向きに生きていけるようになりました

2017年から始めたお土産情報サイト「OMIYA!」のお土産ライター。これまで惰性で生きてきた人生に大きな変化をもたらしてくれました。ぼくの人生に起きた大きな変化を紹介します。そしてOMIYA!に携わる全員への感謝の気持ちを述べたいです。

兄貴といった路上焼肉店

大家さん一家の兄貴はすごい

カンボジア人は器用な人が多い カンボジア人って器用な人が多いです。器用に物を直したりするのを見ると本当に関心します。うちのアパートの大家さんの家族にもそんな器用な男性がいるので紹介しましょう。 何がす …

よしととひうたのお二人。左がよしとさん、右がひうたさん

新感覚紙芝居のよしととひうたさんに会ってきました〜後編

よしととひうたさんのお話、前編はこちら。 カンボジアには新婚旅行できました よしとさん、実は新婚旅行でアンコールワットに行かれたのでカンボジアは初めてではないとのこと。でも今回公演を行ったクラチェとい …

no image

強く前進し続ける姿勢に感動。ポジティブ思考に満ちあふれるMiwaさんから学んだ4つのこと

ぼくの人生を変えた人 人生では色んな人たちとの出会いがあります。親しくなって今でもずっとお付き合いしている人、もう付き合いをやめてしまった人、ほんの一瞬すれ違っただけのような人、いろいろです。 こんな …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote