カンボジア カンボジアの生活

カティン祭への参加は一日すべてを捧げる覚悟で参加してください

投稿日:2013年10月27日 更新日:

スポンサー

お寺に日用品を寄贈するカティン祭

日本ではまったく馴染みのないカティン祭というものがカンボジアにはあります。ちょうど雨期が明けるこの時期に行われるお祭りで、地元のお寺に日用品やお金を寄付するというものです。

熱心な仏教徒が多いカンボジア人はお盆やクメール正月には地元のお寺にお参りに行きます。しかしこのカティン祭に参加するカンボジア人は少ないようですね。友人のカンボジア人もたった1回しか参加したことがないとのこと。こんなカンボジア人もあまり参加しないカティン祭に幸運にも参加する機会に恵まれたので行ってきました。

最初にお断りしておきます。このカティン祭は2日間にかけて行われるので、時間がない人は誘われても断ってください!僕の場合は土日の2日間がほとんどカティン祭に消えてしまいました。

それではカティン祭の流れを見ていきましょう。

1日目・家にお坊さんを招く

家の前にテントが組み立てられ、家の中ではお坊さんを迎える準備が進みます。お坊さんが来るのに先立って司祭のようなおじさんの読経開始。読経が終わると、より広い場所へ移動してお坊さんを待ちます。

5名ほどのお坊さんがやってきて読経開始。この間は男も女も正座を横に少し崩した格好で座らないとダメなんですが、これがかなり腰に負担をかけるようで辛いです。お坊さんは読経しながら花につけた水を振りかけたり、花を振りかけたりします。日本と同じで読経は長いんですが、これが終わると1人を残して残りのお坊さんは帰っていきました。

時間を少し空けて1人のお坊さんのお話と続き、夜には道の半分を閉鎖して設置したテントでお粥を食べるのがカンボジアの定番です。

道の半分を使ってテントを設置します。

道の半分を使ってテントを設置します。

2日目・遠くのお寺でグルグル回る

朝は早朝6時半に集合。夜に続きお粥が用意されるので軽く食べてお寺に出発です。お囃子をやる人を乗せた車を先頭にマイクロバス、乗用車と参加者を乗せた車両が続きます。向かう先はプノンペンから1時間半ほどのコンポンスプー州の田舎にある寺です。

寺に到着するとお寺にお供えする日用品を広いスペースのある建物へと運ぶのですが、しきたりがあって一番年長の女性は頭の上にお供えものを載せて列の先頭に立ます。そして彼女の後に他の人々がお供えを持ち続きます。

お供え物を頭に載せて運びます。

お供え物を頭に載せて運びます。

お寺の中には、たくさんの露店があったりして完全に縁日のような状態に。おもちゃ、茹でピーナッツ、鶏の丸揚げ、椰子砂糖など種類も豊富です。椰子砂糖なんで今ここで食べないだろうと思ったりする訳ですが、売っている店は多かったですね。

お供え物を運び終わると昼食が始まる訳なんですが、まだ10時なんですね。家から持ち寄ったおかずや、露店で買ったおかずをみんなで食べます。だいたいこれが2時間近く続きます。この時にお布施として各家族の長にお金を渡すのですが、相場は大体7ドル〜10ドル渡せば大丈夫です。

ちょっと早いですがみんなで昼食をとります。

ちょっと早いですがみんなで昼食をとります。

ご飯を食べ終わって、気分的にはそろそろお開きにして帰りたくなってくるのですが、カティン祭はここからがメインイベントなのです。お供え物を運んだ建物に多くの人が集まり出します。そこにお坊さんが登場して何やら話をします。お話は長いのですがみんなの表情は真剣そのもの。お話の後は短めのお経。そしてメインイベントの始まりです。

お供え物をみんなが持って、隣にあるプレアヴィヒアと呼ばれる建物へ向かいます。カティン祭ではお供え物を持ってこのプレアヴィヒアと呼ばれる建物の周りを3周回るのが決まりです。

カティン祭

カティン祭

3周回り終えるとお供え物をもってプレアヴィヒアの中に入り、お坊さんのお話をまた聞きます。ちなみに話している内容なのですが、どこの州からはいくらお金が集まったか、何がもらえたのかといった会計報告のようなもので、プノンペンからは何と25,000ドルもの現金が寄付された模様。すごいですね。これはお寺の新しい建物の建築費や改修工事の費用に充てられるそうです。

これがカティン祭の全てです。終了時刻が午後2時。プノンペンに着いたのは4時頃とほぼ一日を使ってしまう非常に長いイベントです。

この長丁場のカティン祭でもっとも気をつけなければならない点がトイレです。このような田舎ではプノンペンでは当たり前だと思っているトイレの常識は全く通用しません。一応水洗のトイレはあったのですが、水の色が茶色でした。一体これはどこの水なのでしょう?トイレの中もあまり綺麗ではないので使用するには躊躇すると思います。そういうことからも可能な限り寺へ行く前にトイレを済ませておくことが望ましいです。またエアコンやファンもないので暑さ対策も万全にしてください。

-カンボジア, カンボジアの生活
-, ,

執筆者:

「カンボジア」のオススメ

バイクのメンテナンスは超重要

夜中にパンクしました バイクでプノンペンの街中を走っていた時、違和感を感じました。平らな道なのに車体が左右に微妙に揺れる感じがしたのです。バイクを停めてタイヤを確認したら空気が少ないような気がします。 …

クメール語も表示できるNokiaの電話

Nokiaの格安携帯電話はなんとクメール語が表示できた

Nokiaの携帯電話は意外にすごい カンボジアではどんな電話を使っていますか?最近ではiPhoneなどのスマートフォンを使っている人も多いんですが、電話とSMSしかできないとうなシンプルな電話もカンボ …

プノンペン

2013年カンボジアでの再スタート

カンボジアで迎える3度目の正月 はやいものでもう年末、今日は大晦日です。カンボジアはクメール正月に盛大にお祝いをするので一般的な正月は1日しかお休みではありません。そんなカンボジアで過ごす正月もこれが …

カンボジアでおつりをきれいにもらうのは諦めた方がいい

日本的な支払い方は通用しないカンボジア お買い物に行ったとしましょう。もしあなたが6ドルの物を買ったとしますよね。もし6ドルちょうど持っていなかった場合どういう風に払いますか? ぼくだったら11ドル払 …

プノンペンにあるとある学校

カンボジアに学校を作るだけだったら作らない方がマシ

カンボジアに学校を作るのはいいけど… なんか日本人に限ったことじゃないんですけどカンボジアっていうと学校建設をイメージする人が多いみたいですね。カンボジアを実際に歩いて見ると日本人によって …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊の楽しさ伝えます!

自炊の楽しさをあなたのところへ伝えに行きます!

自炊デリバリー

ブログの中を検索する

読みたい記事のカテゴリーを選ぶ

今日もいろいろつぶやきます

moriのほしいもの

noteもやってるよ

Instagramもよろしくね