こくまろ塩ラーメン

コショウ好きにはたまらない「俺のラーメン あっぱれ屋」

こんにちは、食べることが大好きなmoriです。

いつもぼくは車で京都の南の方(城陽付近)を走っているんですが、通る度に気になって仕方ない店があるんです。
横を通る度、目に入ってくる光景は長い行列。
長い行列は店の中には収まりきれずに店の外にまで伸びています。

都会の街中ではないんです。
京都の片田舎。峠を越えたところにぽつんと建ってるラーメン屋。
こんな場所にこれほどまでの行列がなぜ?

気になって仕方がなかったので食べに行ってきました。

店の名は 俺のラーメン あっぱれ屋
俺のラーメン あっぱれ屋

歯ごたえ抜群の麺とコショウが印象的な俺のラーメン

ぼくが今回注文したのはこくまろ塩ラーメン(750円)
この店のラーメンは塩とんこつ魚介ラーメンです。

こくまろ塩ラーメン

豚骨系と言っても、天下一品のようなドロドロなスープではありません。

スープは茶色く濁っていますが、見た目より全然あっさりしています。

こくまろ塩ラーメンのスープ

魚介のいい香りもしておいしいスープです。
スープを飲んだ後、口の中に残るザラザラしたものは魚の何かかな?

鰹節で出汁をとった時、出汁の中にざらっとしたものがでます。多分同じようなものなんでしょうね。

スープもおいしいけど、一番印象に残ったのは食感。
麺、チャーシュー、メンマどれをとっても力強いという印象です。

まずは麺。
すごく太くて噛みごたえ抜群。強いコシのある麺は食べてびっくりです。
力強さを感じますね。

歯ごたえのある力強い麺

チャーシューのアクセントはコショウです。
チャーシューのまわりには粗挽き黒胡椒がたっぷりと。
黒胡椒のピリッとした辛さがうまいです。

粗挽き黒胡麻がアクセントのチャーシュー

ぼくは胡椒がめちゃくちゃ好きなので、このチャーシューはポイント高いですね!

メンマだって大きい。
シャキッとした歯ごたえのあるメンマです。

メンマも大きくて食べ応えあり

煮たまごも紹介しますね。
中の黄身は半熟、白身の部分はしっかりと塩味が利いてます。
他の具材に負けないように強めの味付け。

しっかりと味の染みこんだ煮卵

コショウオイルで味を変えて楽しむ

カウンターの上には色んな調味料が置かれているんですが、ぼくが一番興味を持ったのが「コショウオイル」。

コショウオイル。入れすぎ注意!

入れすぎ注意「コショウオイル」

これを入れると味に変化が出て、また違った味わいが楽しめます。
胡椒好きにはたまらん。

ちなみにこのコショウオイルは辛いので、入れる時には少しずつがポイント。
一気に入れると大変なことになるかも……

コショウオイルは少しずつ入れるのがコツ

売り切れごめん!あっぱれ飯(バター風味炊き込みごはん)が気になる

ラーメンと一緒にあっぱれ飯を注文しようとしたんですが、残念なことに完売。
あっぱれ飯っていうのは、バター風味炊き込みごはんなんだそう。
めちゃくちゃ美味しそうじゃないですか?

あっぱれ飯(バター風味炊き込みごはん)200円

あっぱれ飯(バター風味炊き込みごはん)

ぼくが店に入ったのは遅い時間(午後2時前)だったので、人気のあるメニューは売れちゃってたんですね。
それにしても、あっぱれ飯がどんな味なのか気になる。

行列に並ぶのが嫌なら2時がおすすめ

いつもこのラーメン屋さんの横の道を通るんですが、お昼時はいつもいっぱい。
建物を取り囲むかのように行列ができてるんです。
行列に並ぶのが大嫌いなら、このお昼時12時〜1時頃は避けるべき。

でも、閉店に近い2時頃になるとずいぶんと人は少なくなります。
ぼくが行った時は2時前くらいだったんですが、全くの待ち時間なく店に入れました。

並ぶのが嫌なら2時頃に行くのがオススメです。

でも、遅い時間に行くと限定メニュー(あっぱれ飯、つけ麺)を食べるのは無理でしょう。
限定メニューを食べたかったら開店前から並ぶつもりをしてないとダメ。

つけ麺なんて限定20食だから、本当に気合い入れて行かないとね。
ぼくには無理だわ。

俺のラーメンへのアクセス

お客さんを見てると、ほとんどの人が車やバイクで来てるようです。
そりゃあ、こんな辺鄙な場所には車かバイクがなければ行くのが大変。

ちなみに路線バスは走ってて、店の目の前にバス停もあります。
車やバイクがないならこの路線バスを使うといいです。

あと、大事なことが1つあります。
それはお店は不定休だということ。
休みの日はお店のブログで確認を!

俺のラーメン あっぱれ屋 senchanのブログ

店が閉まってるのに、それを知らずにやってきてがっかりしている人を何度か見ました。
あそこまで行って食べられないのはさすがにショックすぎます。

俺のラーメン あっぱれ屋

住所京都府城陽市奈島下小路11-34
TEL非公開
営業時間11:30~14:30
定休日日曜 祝日 第4土曜
定休日はブログで確認を!
WEBサイト俺のラーメン あっぱれ屋 senchanのブログ