メンタルヘルス

生きがいがない?とにかく体を動かせばネガティブな感情は消える

投稿日:

スポンサー

こんにちは、moriです。

今回は生きがいがないって嘆くのはやめようよというお話しをします。

ネガティブな感情は停滞から生まれる

生きがいが見つけられない

そんなネガティブな感情を生み出すのは「停滞」です。
全く前進しているのを感じられなければ、そりゃあ気持ちも落ち込んできます。

ぼくは時々ネガティブ思考の底なし沼に落ちてしまうことがあるんですが、そういう時って決まって頭の中が停滞しているんですよね。

前に進まないといけないとはわかってるけど進めない。
そんな自分がもどかしい。
一体自分は何がしたいのかわからなくなってくる。

そんな感じで前に進めないことへのイライラが、自分の中にあるネガティブな気持ちを大きくしていくんです。

生きがいを見つけたかったら、まずは停滞することをやめること。
まずは一歩でも前に進むことが大事です。

ネガティブ思考の時に考えた「生きがい」なんてロクなもんじゃない

ネガティブ思考の時、無理矢理に生きがいを見つけ出すのはやめるべきです。
なぜかと言うと、生きがいというものは無理矢理見つけるものじゃないから。

生きがいっていうのは、自分が元気に活動している時に自然と出てくるもんですよね。

よく「生きがいを見つけよう」とか言うのを聞きますが、全然違いますよ。
生きがいは「無理して見つける」ものじゃなくて勝手に「これが自分にとって生きがいなんだ」と気づくものなんだから。

無理に生きがいを見つけようなんておかしな話です。
生きがいを見つけようとする前にあなたがやるべきことは、ネガティブ思考を頭から追い出すこと。

そうすれば、勝手に自分の生きがいに気づきます。

身体を動かせばネガティブな思考は消える

停滞することがネガティブ思考を生みだして、生きる気力をなくす。
ネガティブ思考な時によくあることなんですが、身体を全く使ってないことが多くないですか?

ずっと頭の中だけで悶々とネガティブな思考を巡らせる。
この悪循環を断ち切る方法は意外にも簡単なんです。

身体を思い切り動かす

たったこれだけのことなんですけど、効果てきめんです。

くだらない感情が出てくるのは、頭しか使ってないから。
身体をしっかりと動かすと、身体の方にエネルギーを使わないといけなくなります。
結果として頭にエネルギーがいかなくなるので、ネガティブな思考が出てこなくなるってわけ。

ちょっと自分の考え方が嫌だなって思ったら身体を動かす。

  • 少しだけ家の周りを散歩してみる
  • 好きなスポーツをやってみる
  • 料理を作ってみる

動き始める最初には少しエネルギーがいりますが、いざ動き出して快感を覚えると心がすっと晴れますよ。

ぼくはもっと荒療治で、無理矢理バイトを始めたら気持ちが楽になりました。

1年間の寝たきりから復活。身体を動かすことでネガティブな感情が消えた

ぼくは数年前に精神の病気を患って、1年間ほどほとんど何も手につかない時期がありました。

朝起きてから夜寝るまで、生活の場は布団の中。
ひたすら寝続けましたね。時には暴走も……

そんな状態だから、思考は超ネガティブでした。自分には生きる価値なんてないと思ってましたね。

一方で自分に価値がないというのは悲しすぎるとも思ってたんです。
だから自分の取り柄は何なんだとか、生きてる価値はなんなんだとか必死で考えてました。

無理矢理自分の生きがいを探していたんです。

必死になればなるほど焦りもひどくなって、酒を飲めば酒に飲まれてなんてことも。
人生が好転する気配なんてこれっぽっちも感じることはありませんでした。

そんな時、ネガティブの泥沼から抜け出すきっかけが訪れました。
それが身体を動かすってことだったんです。

あまり乗り気じゃなかったけど、少しだけバイトすることになったんです。

実際に働きだすと、だんだんとネガティブな感情がなくなってきたのに気づきました。
実際にはネガティブな感情がなくなったのではなくて、ネガティブ思考になる時間がなくなったのだと思ってます。

忙しいこともあって、自分の殻に閉じこもってウジウジ考える暇がなくなったんでしょうね。
身体を動かすことで疲労もたまりますが、精神の疲労と違って心地よい疲労なんです。
そうこうしていくうちに、知らない間にぼくの精神はずいぶんと回復してきました。

そして新しいことをやってみようという、ポジティブな感情もよく現れてくるように。

感情のままに新しいことを次々と始めると、だんだんと自分の中に新しい価値観が構築されていくような気分になってくるんです。
もしかしたら、こういう新しい価値観に触れていく中から「生きがい」っていうのが見つかんじゃないですか。

そんな風にぼくは考えてます。

まとめ

「生きがい」は無理をして見つけるものじゃない。前向きな気持ちで生きているなかで自然と見つかるもの。

生きがいがないと苦しんでいるのならば、身体をもっともっと動かしてやればいいんです。
自分のエネルギーを心から身体に向けてやることで、ネガティブ思考は抑えられます。

身体を動かすことで、自然と出てくるポジティブな考え方。
その中からあなたの「生きがい」が見つかるのです。

-メンタルヘルス
-,

執筆者:

「メンタルヘルス」のオススメ

深いネガティブな感情から強烈なポジティブな感情が生まれる

ネガティブを爆発させたポジティブこそが最強なのだ

ネガティブこそがポジティブの源なのだ よくこういう言葉を耳にします。 もっとポジティブになれ! そんなネガティブな考え方でどうする! ポジティブな感情は人を躍進させる。これは間違いないことです。でもそ …

たまねぎセラピー

たまねぎセラピー!たまねぎを愛する人間が伝授する心が癒やされるオニオンスライスの作り方

たまねぎをスライスすることは心を癒やす「たまねぎセラピー」 こんにちは、たまねぎを愛してやまないmoriです。 ぼくは食べること、特に自炊を通して、人間がより健康に生きられることを目指して日々勉強して …

no image

何かに怒るのをやめます。猛烈に熱中できるものがあれば怒りなんて出てこない

くだらない怒りの原因は自分のコンプレックス ぼくは今までなんかいろんなことに怒って生きてきたんだなってふと感じたんです。今生きている社会であったり、ちょっと気にくわない人であったり、その他いろんなこと …

上達の仕方

その日は突然やってくる。できるようになるにはひたすらやり続けるしかない

いままでなんでできなかったのか不思議 新しいことをはじめると初めのうちはまったく上手くいかないことだらけ。簡単そうに見えるのに全然上手くできない。こんなことが続くと自分って才能がないのかなとか自分の不 …

自分を殺すことは生への執着

自分を毎日殺して生まれ変わることは生への執着なんだ!

自分を殺して新しい自分になることは生への執着である またこいつがやってきた。 定期的にぼくの心に現れてぼくの心をかき乱す存在。もう一人の黒い自分。 ぼくの心は不定期ではありますけど、躁状態と鬱状態を繰 …

moriはこんな人

カンボジアが自炊が大好き。不安定で次に何が起こるか分からない状態を楽しんでいます。好きな言葉は「安定なんてクソくらい」
詳しいプロフィールはこちらから

自炊の楽しさ伝えます!

自炊の楽しさをあなたのところへ伝えに行きます!

自炊デリバリー

ブログの中を検索する

読みたい記事のカテゴリーを選ぶ

今日もいろいろつぶやきます

moriのほしいもの

noteもやってるよ

Instagramもよろしくね