メンタルヘルス

愛する人の死を乗り越えろ!悲しみを原動力に突き進め!

投稿日:2016年4月6日 更新日:

祖父を思って描いた絵
スポンサー

なぜか人の死に直面しても悲しみに押しつぶされなかった

祖父が亡くなりました。

このブログは祖父が亡くなったその日の夜に書いています。こんな時に悠長にブログなんて書いている場合じゃないかも知れないけど、今このタイミングでしか書けないことがあるからぼくはこうして記事を書くことにしたんです。

今日の滋賀は晴天。桜も満開でした。もうちょっとしたら気分転換に近くの公園に行って桜でも見ようかなって思っていた矢先、祖父の入院する病院から連絡があったんです。

危篤

ついにその時が来たか。これがぼくの正直な感想。でも僅かながらの希望も持ってなかったわけではないです。もしかしたら助かるかもってちょっとだけ思っていたのも事実。そんな何とも言えない気持ちを抱きつつ、祖母を途中で拾って病院に行きました。

運転中、ぼくと祖母の会話はたった一言だけ。その口調からはまだ希望を持っているんだなっていう感じが伝わってきました。ぼくも同じ気持ちでした。

病院に着くとすぐに祖父のいるICU(集中治療室)へ。部屋の中には何人かがベッドの上で横たわって治療を受けているのが見えます。その中に1つのベッドだけがカーテンで覆い隠されていたんです。

直感でここだなって思いました。

するとすぐに看護師さんがやって来てぼくと祖母を案内してくれたんです。その先はそのカーテンで仕切られたベッド。

カーテンを開けるとベッドに横たわった祖父とその周りで忙しそうに動く機械。ある機械はピーっていう音を出しながら赤のランプが点灯しています。ただ事じゃないのは素人にもすぐに分かりました。

お医者さんがやってきてこうおっしゃったんです。

心臓が止まっています。

ぼくはすぐに死を認識しました。でも祖母はそれをすぐには認識していないよう。だって人工呼吸器が絶え間なく空気を送り込んでいるから祖父の胸は動いているんです。それを見ているから祖母はまだ生きているって思ったんでしょうね。

でもお医者が祖母の元へ行き、心臓が動いていないという事実をもう一度告げました。

ぼくもその言葉を聞いた時に祖父の死が確定したんだって実感したんです。でも不思議と涙も出なかったし、悲しみも思っていたほどではなかったことに自分でも驚きました。

本当に辛いのは最愛の人を亡くした人を見ること

お医者さんから心臓が動いていないと聞かされた祖母は祖父の死をその瞬間認識したようです。今までと違ったオーラが出てきたよう。

急に力が抜けたというか、悲壮な感じになりました。時々ハンカチを取り出して涙をぬぐうその姿がとても痛ましく、ぼくは祖父の死よりも祖母の絶望感にショックを受けて辛かった。

祖父が入院して自由が効かない姿になっても祖母はいつも笑顔で接していました。それは祖父が生きているからだった。生きているっていうことだけで嬉しかったんだと思います。

でももうその人はこの世にはいない。とうていぼくには想像できないほどの苦痛や絶望感を今、味わっているんだろう。

ぼくにはその姿を見ることが一番辛いことです。

笑顔を取り戻させないといけないからぼくには悲しむ余裕なんかない

なんでぼくが自分で思っていたほど悲しくないのか?涙を流さないのか?

その理由をちょっとだけ考えてみたんです。そうなんです、ぼくには悲しんでいる暇なんてないからだっていうことに気づきました。

ぼくは、今最愛の人を亡くした祖母を早く笑顔にしたいんです。ぼくにはそのためにやらないといけないことがきっと山ほどある。自分が悲しんでいる場合なんかじゃないんです。

そういえば祖母を迎えに行って病院に向かう車の中で、ぼくは運転しながら祖父の死についてではなく、祖母のこれからについて考えていました。

ぼくが見つめるべきものは失ってしまったものじゃない。今あるもの、未来に全力を注ぐべきなんです。

なんかこんなことを書いていて自分でも思ったんですが、以前の自分じゃこんな考えは思いもしなかっただろうな。毎日ポジティブに考えることが習慣になって、自分の身についてきたのかな。大好きな祖父の死でもここまで前向きになれるんだもん。

最後に祖父にありがとうの気持ちを込めて絵を1枚描きました。

祖父を思って描いた絵

祖父を思って描いた絵

-メンタルヘルス
-,

執筆者:

「メンタルヘルス」のオススメ

決断するのは簡単

決断できない?優柔不断なあなたが決断できるようになる簡単な方法を教えます

毎日決断の連続だということを自覚する 自分はなんて優柔不断な人間なんだ… もっと潔く物事に対して決断できるようになりたい 決断するような場面なんてそんなにないからいつまでたっても決断できな …

no image

初対面の人と一緒に寝て改めて感じたこと。自分が思った事はやった方が良い

ずっと引きずる後悔は気持ち悪い 以前飛行機の遅延で深夜のフライトが翌朝に変更になったことがあるんです。その時に航空会社が用意してくれたホテルに全然知らない人と一緒に同じ部屋で宿泊することになりました。 …

99%の絶望と1%の希望

置かれた現状に絶望するんじゃなくて、ほんの一歩でもいいから前へ踏み出せ!

「貧しい国に生まれたから未来がない」と絶望。それって悔しすぎないか? 先日カンボジアの友人からこんなメッセージがきました。 カンボジアの友人 もうこれ以上あなたとはつき合うことは止めよう。あまりにも住 …

黒い自分の殺し方

ネガティブなもう一人の黒い自分の殺し方

黒い自分はガンのように至る所に転移して存在し続ける 以前このブログでこんなことを書きました。 “毎日自分を殺して生まれ変わる” これはネガティブ・ポジティブ関係なく自分というも …

1分行動が人生を変える

身体が重くて動かない。それでも1分でも行動するのとしないのとでは天と地ほどの差がある

1分でも行動することは何もしないことの100万倍価値がある 人間誰だって気分が乗らない時、体調が悪い時など色々とあります。 そんな時、 今日はもう無理だから何もできない って考え、何もせずにその日を終 …

moriはこんな人

カンボジアと食べることが大好き。安定した生活よりも何が起きるか分からない生活を楽しんでいます。
詳しいプロフィールはこちらから

自炊デリバリー
moriのほしいものリスト
moriのnote