人生は宇宙だ!

カンボジア大好き!自炊大好き!そんなmoriのライフログ

*

愛する人の死を乗り越えろ!悲しみを原動力に突き進め!

      2016/04/06

  • なぜか人の死に直面しても悲しみに押しつぶされなかった

    祖父が亡くなりました。

    このブログは祖父が亡くなったその日の夜に書いています。こんな時に悠長にブログなんて書いている場合じゃないかも知れないけど、今このタイミングでしか書けないことがあるからぼくはこうして記事を書くことにしたんです。

    今日の滋賀は晴天。桜も満開でした。もうちょっとしたら気分転換に近くの公園に行って桜でも見ようかなって思っていた矢先、祖父の入院する病院から連絡があったんです。

    危篤

    ついにその時が来たか。これがぼくの正直な感想。でも僅かながらの希望も持ってなかったわけではないです。もしかしたら助かるかもってちょっとだけ思っていたのも事実。そんな何とも言えない気持ちを抱きつつ、祖母を途中で拾って病院に行きました。

    運転中、ぼくと祖母の会話はたった一言だけ。その口調からはまだ希望を持っているんだなっていう感じが伝わってきました。ぼくも同じ気持ちでした。

    病院に着くとすぐに祖父のいるICU(集中治療室)へ。部屋の中には何人かがベッドの上で横たわって治療を受けているのが見えます。その中に1つのベッドだけがカーテンで覆い隠されていたんです。

    直感でここだなって思いました。

    するとすぐに看護師さんがやって来てぼくと祖母を案内してくれたんです。その先はそのカーテンで仕切られたベッド。

    カーテンを開けるとベッドに横たわった祖父とその周りで忙しそうに動く機械。ある機械はピーっていう音を出しながら赤のランプが点灯しています。ただ事じゃないのは素人にもすぐに分かりました。

    お医者さんがやってきてこうおっしゃったんです。

    心臓が止まっています。

    ぼくはすぐに死を認識しました。でも祖母はそれをすぐには認識していないよう。だって人工呼吸器が絶え間なく空気を送り込んでいるから祖父の胸は動いているんです。それを見ているから祖母はまだ生きているって思ったんでしょうね。

    でもお医者が祖母の元へ行き、心臓が動いていないという事実をもう一度告げました。

    ぼくもその言葉を聞いた時に祖父の死が確定したんだって実感したんです。でも不思議と涙も出なかったし、悲しみも思っていたほどではなかったことに自分でも驚きました。

    本当に辛いのは最愛の人を亡くした人を見ること

    お医者さんから心臓が動いていないと聞かされた祖母は祖父の死をその瞬間認識したようです。今までと違ったオーラが出てきたよう。

    急に力が抜けたというか、悲壮な感じになりました。時々ハンカチを取り出して涙をぬぐうその姿がとても痛ましく、ぼくは祖父の死よりも祖母の絶望感にショックを受けて辛かった。

    祖父が入院して自由が効かない姿になっても祖母はいつも笑顔で接していました。それは祖父が生きているからだった。生きているっていうことだけで嬉しかったんだと思います。

    でももうその人はこの世にはいない。とうていぼくには想像できないほどの苦痛や絶望感を今、味わっているんだろう。

    ぼくにはその姿を見ることが一番辛いことです。

    笑顔を取り戻させないといけないからぼくには悲しむ余裕なんかない

    なんでぼくが自分で思っていたほど悲しくないのか?涙を流さないのか?

    その理由をちょっとだけ考えてみたんです。そうなんです、ぼくには悲しんでいる暇なんてないからだっていうことに気づきました。

    ぼくは、今最愛の人を亡くした祖母を早く笑顔にしたいんです。ぼくにはそのためにやらないといけないことがきっと山ほどある。自分が悲しんでいる場合なんかじゃないんです。

    そういえば祖母を迎えに行って病院に向かう車の中で、ぼくは運転しながら祖父の死についてではなく、祖母のこれからについて考えていました。

    ぼくが見つめるべきものは失ってしまったものじゃない。今あるもの、未来に全力を注ぐべきなんです。

    なんかこんなことを書いていて自分でも思ったんですが、以前の自分じゃこんな考えは思いもしなかっただろうな。毎日ポジティブに考えることが習慣になって、自分の身についてきたのかな。大好きな祖父の死でもここまで前向きになれるんだもん。

    最後に祖父にありがとうの気持ちを込めて絵を1枚描きました。

    祖父を思って描いた絵

    祖父を思って描いた絵

    • 0
    • 0
    • 1

     - メンタルヘルス ,

  •   関連記事

    no image
    お金だけじゃない。分かってくれる人はいる

    お金大好きカンボジア カンボジアの役人ってお金が大好き。公共事業の入札なんかでそ …

    フィラーは多用しないように注意しないと言いたいことが伝わらない。
    躁鬱と付き合ってみて

    1年以上付き合ってる躁鬱の人がいます ぼくには知り合って1年以上になる人がいるん …

    no image
    カンボジアの生活は厳しかった。日本に帰ります。でも諦めない。

    突然ですが日本に帰国することになりました。 本当はカンボジアを拠点に生活したかっ …

    no image
    不平等を嘆く暇があったら希望を見つけようとしろ

    世の中なんて不平等だらけ この歳になってやっと気づいたんだけど世の中なんて不平等 …

    生きがいがないなら体を動かせ!
    生きがいがない?とにかく体を動かせばネガティブな感情は消える

    こんにちは、moriです。 今回は生きがいがないって嘆くのはやめようよというお話 …

    心療内科に行っても心の病は治らない。本当に大切なのは心のトレーニング。

    心療内科に行けば心の病気が治るっていう幻想 世の中のほとんどの人が心療内科に行っ …

    no image
    過去は犯罪者?いいじゃない。ぼくは未来を見ていきます。

    過去をほじくり出すことに未来はない なにかニュースなどである人が話題になると、そ …

    人生の残り日数
    不安だから何も手につかない?自分にできることがないのだったら自分が一歩でも前進しろ

    何もできないからって本当に何もしないっていうのは時間の浪費にすぎない ぼくは今め …

    no image
    初対面の人と一緒に寝て改めて感じたこと。自分が思った事はやった方が良い

    ずっと引きずる後悔は気持ち悪い 以前飛行機の遅延で深夜のフライトが翌朝に変更にな …

    ネガティブな文句は自分を傷つける
    些細なことにまでいちいち文句を言う人は自分自身を傷つけているんだよ

    ネガティブな感情は一番自分自身を傷つける こんにちは。鬱病経験者のmoriです。 …