抗精神病薬・リスペリドン服用を服用してみて

抗精神病薬・リスペリドン

ぼくは去年、精神の病気を患ってから病院で治療を続けてきました。今までいろんな薬を処方されては服用してきています。そんな薬の中でも頓服として利用してしているリスペリドンという薬について書きます。

いつ服用するのか

今はだいぶマシになったんですけど、ちょっとした刺激で一気に気持ちが落ちたり、爆発したりすることが時々あります。そんな時に押さえきれないような感情を押さえるために服用するんです。

服用した後は、まず体の怠さがやってきます。そして徐々に思考力が低下していくことが感じられるんですよ。たぶんこの思考力の低下がコントロールできない感情を抑える役割をしているんでしょうね。

多量の服用には注意が必要

ぼくの場合、多めに服用(医者に認められている範囲内)した時には体のだるさ、頭の重さなどが感じられるようになるんです。そしてちゃんと歩くのも困難に。やっぱり薬の服用は難しいです。

みなさんは分かっていると思いますけど一応言っておきますね。この記事はリスペリドンの服用した時、ぼくが感じたことです。薬の服用は医者の指示に従うことが大切ですからね。