兄貴といった路上焼肉店

大家さん一家の兄貴はすごい

カンボジア人は器用な人が多い

カンボジア人って器用な人が多いです。器用に物を直したりするのを見ると本当に関心します。うちのアパートの大家さんの家族にもそんな器用な男性がいるので紹介しましょう。

何がすごいって一人で家を建てたり、いろんな電化製品を修理したりと多才なんです。

はじめて一緒に食事へ

実のこの男性、今までそんなに話したこともなかったんですね。会社に行く時にすれ違ったりしたら会釈する程度。今回はたまたま夜の予定が急になくなってしまって途方に暮れていたところこの男性が現れたんです。喋ってみたら意外に話も噛み合ったので一緒にご飯を食べに行くことに。

向かった先はお寺の横の歩道に夜だけ出現する焼肉店。電球がぶら下がっている薄暗い路上にはたくさんのカンボジア人が焼肉を食べながら得体の知れない酒を飲んでます。そんな中に入って焼肉を注文。焼きたての牛肉はなかなか美味しく1皿で2ドルとリーズナブル。

兄貴といった路上焼肉店

兄貴といった路上焼肉店

そんな焼肉をつまみながら彼と色々と話をしたんですが、いやあこのアパートに住んで8ヶ月も経つのに彼のこと全然知らなかったんだなと改めて感じましたね。昔は家を建てる仕事をしていたこと、電気器具の修理もその時に習得したことなど色々彼の話を聞けて良かったです。

約束がなくなったのは残念でしたが、こういう発見もあったのでよしとしますか。